« 「FOUJITA」:映像の強度はすごいけど・・・ | トップページ | 「美術館を手玉にとった男」:アートとは? クラフトとは? »

2015年12月11日 (金)

「恋人たち」:リアルな重い球

352726_001
映画『恋人たち』は、橋口亮輔監督7年ぶりの力作。映画から滲み出す覚悟や、映画としての強度が、ハンパないです。プロの役者たちを使いながらも、メインの3人が知らない顔ってことで、そのリアルな市井感が息苦しい程に迫って来るのです(あのおばちゃんの、いろんな意味での見苦しさも凄かったなあ)。

352726_008

現代日本の病が集約されたような映画でもあります。人生のハンディキャップを背負っているような人々の、あえぎやうめきが聞こえそうな物語。それでも時折挟み込まれるユーモアに救われる思いがします。

352726_017

橋口監督の(映画的)筆致は、あくまでも骨太です。普通、顔の知られていない役者を中心にすると、映画が痩せて貧相になってしまったりするものですが、本作のゴツゴツしたダイナミズムは、野球に例えれば「ストレートの重い球」です。観る者のキャッチーミットにズシリと響きます。

352726_014

(以降ややネタバレあり) 終始重く苦しい物語だったので、ラストの「空気の変化」=一条の光というか、ほの見える希望にはほっとしました。それでこそ映画の厚みが増し、作品の格が上がるというものです。

それにしてもどうして『恋人たち』というタイトルなのでしょうか? 残念ながら小生は、いくら考えても答えを見出せませんでした。

|

« 「FOUJITA」:映像の強度はすごいけど・・・ | トップページ | 「美術館を手玉にとった男」:アートとは? クラフトとは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62922963

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋人たち」:リアルな重い球:

» 恋人たち〜空虚の中心で、愛を叫ぶ [佐藤秀の徒然幻視録]
本当は超過激にヤバい日本の寓話 公式サイト。橋口亮輔監督、篠原篤、成嶋瞳子、池田良、安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、大津尋葵、山中聡、光石研、リリー・フランキー。 ... [続きを読む]

受信: 2015年12月12日 (土) 00時32分

» 恋人たち [映画的・絵画的・音楽的]
『恋人たち』をテアトル新宿で見ました。 (1)7年前に見た橋口亮輔監督の『ぐるりのこと』が大層素晴らしかったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、風呂に入っているアツシ(篠原篤)が、独り言を喋っています。 「あいつから婚姻届書くように言わ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月12日 (土) 05時52分

» 誰かの青空~『恋人たち』 [真紅のthinkingdays]
 妻を通り魔に殺された橋梁検査員のアツシ(篠原篤)は、民事裁判を起こして 犯人を訴えることだけを心の支えに生きていた。夫と姑の三人で暮らし、味気な い毎日を送っている主婦の瞳子(成嶋瞳子)は、パート先で出逢った男(光石研) に心ときめく。弁護士の四ノ宮(池田良)は、学生時代からの友人(山中聡)を 思い続けていた。  (大好きな)橋口亮輔監督、7年ぶりの長編。年齢や生活環境の...... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 12時51分

« 「FOUJITA」:映像の強度はすごいけど・・・ | トップページ | 「美術館を手玉にとった男」:アートとは? クラフトとは? »