« 遠藤航レッズ移籍の悲報 | トップページ | 「友だちのパパが好き」:意あって力足らず »

2015年12月24日 (木)

キャッツ・オン・ザ・スクリーン

Img_20151220_191728_convert_2015122
ここ1-2年で、映画やテレビやCMに登場する動物って、それまでの犬優勢状態から一変して、猫の天下になりましたねえ。ペットの人気も猫が犬を逆転して優勢と聞いておりますし、まさに「時代は今、ネコ」なのですねえ。

今年の映画にも『猫侍 南の島へ行く』や『先生と迷い猫』や『4/猫 ねこぶんのよん』などがありましたが、まだマイナー系。 

でも来年の公開作はメジャーに躍り出ますよ。最近映画館でチラシをもらってきた作品だけでも、風間俊介主演『猫なんかよんでもこない。』、松坂桃李・宮﨑あおい主演『世界から猫が消えたなら』、国産アニメ『ルドルフとイッパイアッテナ』があり、猫ブームはまだまだ収まらない様子です。

まあ小生も犬よりはだんぜん猫派なので、嬉しく思っておりますにゃー(って、猫ひろしか??)。

|

« 遠藤航レッズ移籍の悲報 | トップページ | 「友だちのパパが好き」:意あって力足らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/63134310

この記事へのトラックバック一覧です: キャッツ・オン・ザ・スクリーン:

« 遠藤航レッズ移籍の悲報 | トップページ | 「友だちのパパが好き」:意あって力足らず »