« きゃりーぱみゅぱみゅライブ@東京国際フォーラム | トップページ | 「愛を語れば変態ですか」:黒川芽以を見る映画 »

2015年12月 7日 (月)

「さようなら」:「ウルトラQ」の『虹の卵』だったとは!

353618_001
映画『さようなら』は、なかなかにぶっとんだ、ちょっと見たことのない世界。アンドロイドを実写劇映画の中で自然に機能させる試みであり、それを通して形而上的世界を描く意欲作です。

353618_010

とにかくアンドロイド(日本語、英語、フランス語を話す)のインパクトが大きくて、目を奪われます。で、「なんか見たことある顔なんだよなー」と思ってたら、思い出しました。『オー!マイキー』のマネキンに似ているのでした。リアルな風景や家屋の中で、動きがないのに、無表情なのに、流ちょうに話すあたりの感覚が、共通しているのです。 でも原案となった平田オリザさんの舞台劇で、アンドロイドが出て来て役者と芝居した時のインパクトはこんなもんじゃなく大きかったでしょうね。

353618_004
終始、どうしようもなくホープレスな終末観に溢れています。それでも変わらぬ風や光線の美しさが描かれた映画でもあります。そして「時間」が描かれた映画。限りある人間の時間と、アンドロイドの持つ異なる時間軸。『ブレードランナー』(原作はP・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』)と2本立てにしてもらいたい作品です。

353618_006(以降ネタバレあり) 終盤の主人公が眠るように死んだ後、時の経過と共に徐々にミイラ化、そして白骨化していくさまをワンカットで見せる映像は、なんとも驚異的でした。そこに美がありましたし。グリーナウェイの『ZOO』を思ったりもしました。 深田監督としても、あえて「映画でやった必然性」を“署名”として残しておいたってところでしょうね。この前後の粛然たるシーンには滅びの美学が漂い、只ならぬものがあります。 でも、その後のラストはうまくいかなかったかなあ。観念の罠に落ちた感じでした。

ラストに出て来る「竹の花」と言えば、小生としては「ウルトラQ」の『虹の卵』を思い出すのであります。あっそうだ! あの話では竹の花+虹の卵で奇跡が起きて、車椅子のおばあちゃん(≒車椅子のアンドロイド)が立ち上がるのです。それだったか! 虹の卵とはウランカプセルのことで、まさに本作の冒頭で描かれる原発事故とつながっているではありませんか!

|

« きゃりーぱみゅぱみゅライブ@東京国際フォーラム | トップページ | 「愛を語れば変態ですか」:黒川芽以を見る映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/62840954

この記事へのトラックバック一覧です: 「さようなら」:「ウルトラQ」の『虹の卵』だったとは!:

» さようなら [象のロケット]
放射能に汚染された近未来の日本。 誰もが海外への移住を望んでいたが、政府が国民に優先順位をつけて順番に避難を進める計画的避難が行われている。 10歳の時に南アフリカから来た白人の難民女性ターニャも、彼女の恋人・敏志も在日外国人であるため、なかなか順番が巡って来ない。 身体の弱いターニャは、身の回りの世話をしてくれるアンドロイドのレオナと暮らしていた…。 アンドロイド演劇・劇場版。... [続きを読む]

受信: 2015年12月 8日 (火) 01時04分

» さようなら〜アンドロイドは反原発の夢を見るか? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。平田オリザ原作、アンドロイドアドバイザー:石黒浩、深田晃司監督。ブライアリー・ロング、新井浩文、ジェミノイドF、村田牧子、村上虹郎、木引優子、ジェローム・キ ... [続きを読む]

受信: 2015年12月 8日 (火) 07時52分

» 【TIFF_2015】『さようなら』 (2015) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督/脚本/プロデューサー: 深田晃司 原作: 平田オリザ 出演: ブライアリー・ロング 、新井浩文 、ジェミノイド F 、村田牧子 、村上虹郎 、木引優子 、ジェローム・キルシャー 、イレーヌ・ジャコブ 第28回東京国際映画祭『さようなら』 ページはこちら...... [続きを読む]

受信: 2015年12月12日 (土) 17時51分

« きゃりーぱみゅぱみゅライブ@東京国際フォーラム | トップページ | 「愛を語れば変態ですか」:黒川芽以を見る映画 »