« 「人生の約束」:富山のご当地スペシャルドラマ | トップページ | 「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」:薄味のドキュメンタリー »

2016年1月12日 (火)

「マイ・ファニー・レディ」:アレン的な練達のコメディ

350551_001
懐かしやピーター・ボグダノヴィッチ監督作品『マイ・ファニー・レディ』を観ました。 いやー、やけにウディ・アレンみたいです。オープニング・タイトルにかぶせて、ジャズのスタンダード・ナンバーが流れるあたりからして、アレンです。ま、(黒字に白文字のみの)アレンとは違ってカラフル&キュートなタイトルバックでしたけど。

350551_004

複数の登場上人物たちが織り成す人間模様が生み出すユーモア。ピンチやパニックが生み出す笑い。ここらも実にアレンですねえ。往年のボグダノヴィッチとは、語り口が違うようです。そういった意味ではむしろビリー・ワイルダー調と申せましょうか。いずれにせよ「語り口」が巧くて、安定感抜群。練達の演出です。

350551_006
キャストだって、アレン作品出演者のオーウェン・ウィルソン(『ミッドナイト・イン・パリ』)以外の人たちもアレン映画的な顔に見えますよね。 イモージェン・プーツが魅力的。華があります。本作をステップに伸びていくことでしょう。アレン作品に出ることだってあり得るのでは?

350551_009

今日こういうオールド・ハリウッド的コメディって、貴重です。笑わせてもらいましたし、十分に楽しませてもらいました。テーマなんてありゃしません。純然たるエンタテインメントですから、それでいいんです。93分というコンパクトさも作品の柄に合っていて、大変結構です。

|

« 「人生の約束」:富山のご当地スペシャルドラマ | トップページ | 「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」:薄味のドキュメンタリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/63440848

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・ファニー・レディ」:アレン的な練達のコメディ:

» マイ・ファニー・レディ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3.5点】(11) 元コールガールがハリウッド女優の地位を勝ち取った訳とは [続きを読む]

受信: 2016年1月12日 (火) 23時33分

» 『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『マイ・ファニー・レディ』SHE'S FUNNY THAT WAY 監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ出演 : オーウェン・ウィルソンジェニファー・アニストンイモージェ [続きを読む]

受信: 2016年1月14日 (木) 13時34分

» マイ・ファニー・レディ [映画三昧、活字中毒]
■ YEBISU GARDEN CINEMAにて鑑賞マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY 2014年/アメリカ/93分 監督: ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン/イモージェン・プーツ/キャスリン・ハーン/ウィル・フォーテ/リス・エヴァンス 公式サイト 公開: 2015年12月19日 NY5番街のバーで、若手人気女優のイザベラ・...... [続きを読む]

受信: 2016年1月14日 (木) 20時38分

» マイ・ファニー・レディ/SHES FUNNY THAT WAY [我想一個人映画美的女人blog]
片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために...... [続きを読む]

受信: 2016年1月15日 (金) 22時10分

» 『マイ・ファニー・レディ』 [My Pace, My Self]
12月、仕事が忙しくて絶対観なくちゃ!な作品が少なめで静かにしておりました 仕事量は例年変わらないはずなのに連日映画館へ行っていた札幌時代の自分のバイタリティが今は信じられない(笑) そんなわけで高崎駅前方面で予定があった昨日シネマテークたかさきで『マイ・ファニー・レディ』を鑑賞 予備知識は全くなかったんだけど、『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソンが絡んでいてオーウェン・ウィルソンとリス・エヴァンスが出ているなら面白いだろうなぁという思いからチョイス ... [続きを読む]

受信: 2016年1月17日 (日) 22時32分

» 「マイ・ファニー・レディ」 [ここなつ映画レビュー]
ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかったり、斜に構えた部分がなかったり、という点では、アレンのそれとは全然違う。ストレートに。ドタバタはあくまでドタバタに。ニヤリやクスリではなくて爆笑できるのが気持ちいい。今や映画界での若手スターのイジー(=イザベラ)(イモージェン・プーツ)が、雑誌の取材に答える形でそのデビュー当時の過去を物語る。いかにして... [続きを読む]

受信: 2016年1月29日 (金) 12時50分

» マイ・ファニー・レディ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男たち女たちが織りなす、複雑に絡まり合った愛憎の行方をユ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月31日 (日) 11時48分

« 「人生の約束」:富山のご当地スペシャルドラマ | トップページ | 「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」:薄味のドキュメンタリー »