« wearer、下北沢THREEでライブ | トップページ | 「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統 »

2016年1月24日 (日)

「ザ・ウォーク」:ぞわっとし、手に汗握る緊張感

353088_006

映画『ザ・ウォーク』は、2009年日本公開のドキュメンタリー『マン・オン・ワイヤー』でも描かれていたフランス人ワイヤー・ウォーカーのフィリップ・プティが挑んだワールドトレードセンター・ツインタワー間の綱渡りの劇映画。ええ、もちろん3Dで観ましたとも。

『マン・オン・ワイヤー』の当ブログ記事はこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post.html

353088_001
ほんのちょっとでもミスをすれば死に直結する地上411m、命綱なしの狂ったチャレンジ。そのクライマックスに至る彼の人生と、このプロジェクトの入念な準備を描いていくあたりは『マン・オン・ワイヤー』とも共通しています。いちばんの違いは、『ザ・ウォーク』にはジョセフ・ゴードン=レヴィットがいるってこと。彼が軽やかに、そして狂気をにじませながら演じたことによって、この主人公フィリップに人間の命が吹き込まれました。いろんな感情を持ち、長所も短所もある彼への感情移入が可能になり、クライマックスではあたかも自分がロープを渡っているかのような一体感と恐怖を感じるようになるのです。

353088_003_2

それにしても建設中のWTCの屋上で展開されるスリリングな準備と、その後のウォーキング場面では、高所恐怖症ではない大江戸ですらぞわっとしたり、体をねじったり、緊張で手に汗を握っていました。VFXのクォリティと、エンターテインメントに徹した演出力は、さすがゼメキスなのです。

353088_004
(以降ネタバレあり) 一度渡り終えてホッとしたのも束の間。彼はふと戻りたくなって、今来た道を戻って行くのです。ここがキチ○イというか狂気の部分です。信じられません。結果はわかっているのに、ハラハラするったらありゃしません。ましてや、ロープ上でのパフォーマンスの数々ときたら! ここまで死の淵で遊んだ男は、何を得たのでしょうか。神を見たのでしょうか。見る私たちの胸にも(あきれることを通り越して)畏敬の念が押し寄せるのです。

どうでもいいけど、フィリップの彼女アニーの顔が栗原類くんに似ていたなあ。

|

« wearer、下北沢THREEでライブ | トップページ | 「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/63625415

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ウォーク」:ぞわっとし、手に汗握る緊張感:

» ザ・ウォーク〜仰げばあの世が見える [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Walk。フィリップ・プティ原作、ロバート・ゼメキス監督。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・ ... [続きを読む]

受信: 2016年1月24日 (日) 23時37分

» 『ザ・ウォーク』 身体が自然に反応する、そんな映画 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキス監督の最新作。  今回は試写会にて一足先に鑑賞させていただいたのだが、劇場公開は本日23日から。  主役のフィリップ・プティにはフランス語の堪能なジョセフ・ゴードン=レヴィット。サーカスの団長にはベン・キングスレーが扮している。  1974年にワールド・トレード・センター(ツイ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 00時12分

» ザ・ウォーク (3D字幕) [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆) [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 00時27分

» 劇場鑑賞「ザ・ウォーク」 [日々“是”精進! ver.F]
天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お得!クロネコDM便ご選択で送料無料!>■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【...価格:5,790円(税込、送料別) フライト(Blu-ray Disc)価格:1,500円...... [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 06時49分

» ザ・ウォーク (3D字幕版) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 地上411メートル/ワイヤー幅2.2センチ STORY:1974年。フランス人の大道芸人フィリ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 10時29分

» ザ・ウォーク [象のロケット]
フランスのある町に“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団がやって来た。 その妙技に心を奪われた8歳の少年フィリップは、独学で綱渡りを体得し、その後一座の門を叩く。 しかし若さゆえの傲慢から座長パパ・ルディと対立し辞めることに。 パリで大道芸人になったフィリップは、世界一高いツインタワー・ビルがニューヨークで建設中であることを知り、その2つのビルの間を綱渡りしようと思い立つ…。 実話から生まれた物語。... [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 14時36分

» 「ザ・ウォーク」高いよ~!恐いよ~!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の人は絶対見たらアカ~ン!!  故郷のフランスの町にやって来たサーカス団。その綱渡りの演技に魅了された少年フィリップ・プティは、自分で木と木の間にロープを張り、独学で綱渡りを始める。やがてサーカス団の門を叩いたプティは、座長のルディ(ベ... [続きを読む]

受信: 2016年1月25日 (月) 21時02分

» ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK [我想一個人映画美的女人blog]
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の 監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一...... [続きを読む]

受信: 2016年1月26日 (火) 01時35分

» いや〜もうやめて〜ってくらい体感するよ。(^_^;)〜「ザ・ウォーク」TCX3D [ペパーミントの魔術師]
この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで 高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。 いや〜すんごい迫力でした。 矢が飛んでくるシーンは思わずよけた。(爆) 冒頭のシーンからして、モノクロだの、...... [続きを読む]

受信: 2016年1月26日 (火) 02時00分

» ザ・ウォーク(3D) / The Walk [勝手に映画評]
フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。 ジョセフ・ゴードン=レビットは、フランス文学に傾倒していたことがあるためか、...... [続きを読む]

受信: 2016年1月26日 (火) 20時36分

» ザ・ウォーク [とりあえず、コメントです]
ワールド・トレード・センターの間を綱渡りで歩いたフィリップ・プティの姿を描いたドラマです。 東京国際映画祭のオープニングにもなっていたので、公開を楽しみにしていました。 とにかくリアルな映像が高さを物語っていて、よく分からないけど凄い人だなあと しみじみ思ってしまうような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2016年1月26日 (火) 22時58分

» ザ・ウォーク [Akira's VOICE]
その歩み、威風堂々。   [続きを読む]

受信: 2016年1月28日 (木) 17時54分

» 映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作で描かれる、プティの挑戦への決意から成功を関係者の証言や再現映像で見せるドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』...... [続きを読む]

受信: 2016年1月29日 (金) 19時03分

» ザ・ウォーク 3D [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
110階の超高層の綱渡りシーンは一部で、それまでの過程が丁寧に描かれており好感を持った。手のひらから汗が流れるほどだった。犯罪でもこちらは自分の命をかけて挑戦して成し遂げる芸術だと感じる。... [続きを読む]

受信: 2016年1月29日 (金) 22時15分

» 『ザ・ウォーク(THE WALK)』ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ザ・ウォーク』THE WALK監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズレーシャルロット・ルボン、他物語・1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(... [続きを読む]

受信: 2016年1月31日 (日) 18時08分

» ザ・ウォーク・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
極限の縁を歩く。 
ワイヤーの上のアーティストの、創造の夢と狂気。 
1974年8月、当時完成目前だったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーの間にワイヤーを渡し、地上411メートルで命綱なしの綱渡りを行ったフランス人、フィリップ・プティの挑戦を描く実話ベースのヒューマンドラマ。 前作「フライト」で12年ぶりに実写作品へと回帰したロバート・ゼメキス監督は、「ポーラ...... [続きを読む]

受信: 2016年2月 5日 (金) 22時14分

» ザ・ウォーク [映画的・絵画的・音楽的]
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・...... [続きを読む]

受信: 2016年2月 6日 (土) 08時48分

» 綱渡り~『ザ・ウォーク』 【2D字幕版】 [真紅のthinkingdays]
 THE WALK  1974年。パリの大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット) は、NYに地上110階、高さ411メートルのツインタワーが建設されることを知 る。ワイヤー・ウォークに魅せられていた彼は、ツインタワーにワイヤーを張 り、そこを渡ろうと決意する。しかも、命綱なしで・・・。  2008年、アカデミー長編ドキュメンタリー...... [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 16時06分

» ザ・ウォーク(ネタバレあり!) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュー…... [続きを読む]

受信: 2016年2月22日 (月) 03時18分

« wearer、下北沢THREEでライブ | トップページ | 「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統 »