« 2015洋画トップテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞 2015外国映画部門投票 »

2016年1月19日 (火)

2015邦画トップテン

大江戸時夫の2015年度映画トップテン。昨日の「洋画編」に引き続きまして、本日は「邦画編」です。

1.私たちのハァハァ(松居大悟)   2.ハッピーアワー(濱口竜介)   3.日本のいちばん長い日(原田眞人)   4.バクマン。(大根仁)   5.きみはいい子(呉美保)   6.海街diary(是枝裕和)   7.あん(河瀬直美)   8.ラブ&ピース(園子温)   9.この国の空(荒井晴彦)   10.ピース・オブ・ケイク(田口トモロヲ)  次点.駈込み女と駆出し男(原田眞人)

<その他の記憶すべき作品>  岸辺の旅   さよなら歌舞伎町   ローリング   ソロモンの偽証 前篇 事件   バケモノの子   恋人たち   ジヌよさらば ~かむろば村へ~   脳内ポイズンベリー   イニシエーション・ラブ   起終点駅 ターミナル   

監督賞:松居大悟(私たちのハァハァ)   脚本賞:はたのこうぼう(ハッピーアワー)   撮影賞:柴主高秀(駈込み女と駆出し男)   主演女優賞:樹木希林(あん)  主演男優賞:渋谷すばる(味園ユニバース)   助演女優賞:満島ひかり(駈込み女と駆出し男)、夏帆(海街diary)   助演男優賞:本木雅弘(日本のいちばん長い日)、吉岡秀隆(グラスホッパー)   新人賞:広瀬すず(海街diary)

昨年に引き続き中堅どころの監督が良い作品を作った感じですが、そんな中1位、2位の新進監督が果敢に新たな映画表現に挑戦して成功を収めたのが印象に残りました。一方、もうベテランと言ってもいい原田眞人ですが、近年の円熟味を増した作品の完成度は(映画のすべてのパートが最高レベル)凄いものがあるのに、あちらのイーストウッドに較べると過小評価されておりますねえ。 そして『あん』の希林さんは、史上最高級の女優演技を見せてくれました。吉岡秀隆らしからぬヤバイ殺気にも驚きました。    

*洋画編はこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-03ba.html

|

« 2015洋画トップテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞 2015外国映画部門投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/63542320

この記事へのトラックバック一覧です: 2015邦画トップテン:

« 2015洋画トップテン | トップページ | 日本インターネット映画大賞 2015外国映画部門投票 »