« セブンのドーナツたち+1 | トップページ | 西新宿の韋駄天尊とお守り »

2016年2月10日 (水)

「残穢 住んではいけない部屋」:怖くない&面白くない

353459_004
映画『残穢 住んではいけない部屋』は、昨年来(もしかしたら一昨年来)好調の松竹が、久々に「やっちまった」感いっぱいの面白くもおかしくもない作品・・・って、心霊ホラーみたいなもんだから当たり前かも知れませんが、かったるくって、全くノレませんでした。 ところがネットの意見などを見てると、なかなか評判いいんですよね、この作品。うーん、解せぬ。そもそも昨秋の東京国際映画祭でコンペティション部門に選出されたってことが、全く解せません。

353459_002_2

まあ小生の場合、中村義洋がなんでこんなに売れっ子になっているのだろう?といつも訝しんでいる人間なので(そうは言っても、『ちょんまげぷりん』や『みなさん、さようなら』は好きなのですが)、基本的に相性が良くないんでしょうね。

353459_006

霊感なるものとは無縁ですし、心霊現象などもほとんど一切信じていない大江戸ですので、描かれていることに興味もわかず、全然怖くもなく・・・という感じ。張り合いが無くて申し訳ないんですが、そもそも「怖さ」を目指してないですよね、この映画? じゃあ何を目指しているのかと問われても、さっぱりわからないのですが。

353459_007
(以降少々ネタバレあり) 竹内結子さんも橋本愛さんも妙に地味すぎて魅力がなくて・・・。やっぱり美人が思いっきりコワイ目に遭わないと、ホラーとして成り立ちませんよね。本作の弱点は、なぜかメインの人たちには危害が及ばず、周辺のどうでもいい人たちばかりが死んでいくことです。

こんな調子でけなすようなことばかり言ってると、祟られたりしそうなので、ここらでやめておきましょう。←って、信じてんじゃん!

|

« セブンのドーナツたち+1 | トップページ | 西新宿の韋駄天尊とお守り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/63890019

この記事へのトラックバック一覧です: 「残穢 住んではいけない部屋」:怖くない&面白くない:

» 残穢(ざんえ)‐住んではいけない部屋‐ [佐藤秀の徒然幻視録]
リング再起動? 公式サイト。小野不由美原作、中村義洋監督。竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一。原作者 ... [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 09時05分

» 残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3.5点】(11) 雰囲気は『リング』に迫るものの、今一つインパクト不足。 [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 21時23分

» ショートレビュー「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
その穢れに、触れてはいけない。 誰もいない部屋に響く、奇妙な“音”から始まるミステリアスな怪奇譚。 ホラー作家の「私」に女子大生の久保さんから、一通の手紙が届く。 彼女の住むマンションの部屋で、誰もいないのに物音がすると言うのだ。 好奇心にかられた「私」は久保さんに協力して調査を始めるのだが、やがて現象は怪異の連鎖となって急速な広がりを見せる。 原作は小野不由美の同名小説。 ...... [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 22時45分

» 「残穢―住んではいけない部屋―」過去に起きた出来事を調べた先にみた事件に巻き込まれた人たちの過去の出来事の悲劇を知る事件簿 [オールマイティにコメンテート]
「残穢―住んではいけない部屋― 」は引っ越した部屋に何かがいるという問い合わせを受けたホラー小説家がその部屋以前の家の事を調べていくとある事件の過去に辿り着いていくスト ... [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 23時24分

» 残穢‐住んではいけない部屋‐ [Akira's VOICE]
はい、これ震えます。   [続きを読む]

受信: 2016年2月12日 (金) 10時07分

» 残穢 ざんえ ‐住んではいけない部屋‐ [我想一個人映画美的女人blog]
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を 「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が映画化。 部屋でする、着物をひきづるような音。それは、はじまりにすぎなかった。 小説家の「私」に、読者である 女子大生の久保さんから届いた...... [続きを読む]

受信: 2016年2月15日 (月) 22時26分

» 残穢―住んではいけない部屋― [映画的・絵画的・音楽的]
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)竹内結子と橋本愛が出演するというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「Mさんが未だ小学生だった時のこと。九州にあるKさんの家に泊まったことがあった。小さな家だった」と、語...... [続きを読む]

受信: 2016年2月22日 (月) 06時29分

» 「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭 [ここなつ映画レビュー]
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれる。いやー、流石。ジャパニーズ・ホラーは「わーっ‼︎」や「きゃーっ‼︎」だけじゃないのよね。監督・中村義洋、原作・小野不由美。これだけでもホラーファンには頭の中に金字塔が立つのだと思う。制作過程で、どうしたらより観客を怖がらせることができるのか?を追求... [続きを読む]

受信: 2016年2月26日 (金) 17時26分

« セブンのドーナツたち+1 | トップページ | 西新宿の韋駄天尊とお守り »