« J1開幕! 湘南1-2新潟 | トップページ | 日本女子代表、豪州に敗戦でスタート »

2016年2月28日 (日)

「ザ・ブリザード」:寒さの恐怖が描かれていなくて

354700_002
映画『ザ・ブリザード』は、1952年2月にアメリカで起きた海難事故の映画化。原題は“The Fineset Hours”、つまり「最上の時」ってことですけど、なんかピンと来ませんね。

開巻しばらくは、主人公とそのガールフレンドをめぐる恋のあれこれ。まあ、ちょっとかったるいシーンです。でもそれが終354700_008わると、いきなり物語は佳境に突入しちゃいます。あっけないほどすぐに、船が真っ二つに折れてしまうのです。『ポセイドン・アドベンチャー』や『タイタニック」』のように、その時が来るまで結構長い尺が必要だと刷り込まれている身としては、その潔さに驚きました。

(以降ネタバレあり) そこからのストーリーも実にシンプル。助けを待って、助けが来て、救出成功。ただそれだけです。悪役の陰謀や妨害なんかもありません。こんなんでいいの?と、ちょっと思ってしまいました。 あと広告コピーなどで「救命艇の定員12名、救出すべき生存者32名」とかあおっておいて、「さあ、いったいどうするのか?!」と思ったら、「ただ詰め込んで乗せました」って解決なのにはズッコケました。なんだよ、それ!そりゃあ史実はそうだったんでしょうけれど・・・。

354700_005
それにしても残念なのは、寒さがきちんと描かれていないこと。2月の海ですよ。落ちたら心臓麻痺起こしかねないし、波や雨に濡れたら(特に天然素材中心の昔の衣服だし)ずっしり重くなって、びしょびしょになって、更には凍って、体温を奪われて低体温症で死んじゃいそうです。大江戸は寒いのが苦手なのですが、本作では寒さの怖さがほとんど描かれていませんでした。半袖の奴とかいるし(冬場のアメリカ人観光客のTシャツ姿かよ!)。やはり『八甲田山』ぐらいには、寒さを描いてくれないと(観るの辛いけど)。

ヒロインのミリアム役のホリデ-・グレンジャーが珍しいほど十人並354700_009_2で、下ぶくれで、春川ますみのようでした。迷惑な行動にも出るし。10年もすれば、押しも押されもしない堂々たる太っちょのおっかさんになっているに違いありません。もっとはかなげな女優さんだったら、もっとハラハラして、作品に好感が持てたろうになあと思ってしまった大江戸なのでした(エンドタイトルに出た実際のこの人の写真を見ると、まあそういう顔なんですね。別に似せなくてもいいのに)。

|

« J1開幕! 湘南1-2新潟 | トップページ | 日本女子代表、豪州に敗戦でスタート »

コメント

「押しも押されもしない堂々たる太っちょのおっかさんになっているに違いありません。」
たしかにそんな感じでした。
実物はもっとかわいいのをわざとブス撮りしているのかな?と思いました(笑)

投稿: まっつぁんこ | 2016年2月29日 (月) 07時50分

まっつぁんこさん、コメントどうも。
わざとブス撮り・・・うーん、そうですね。もしかしたら特殊メイクかCGIかも知れませんね。なんでもありですね。

投稿: 大江戸時夫 | 2016年2月29日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64194234

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ブリザード」:寒さの恐怖が描かれていなくて:

» 劇場鑑賞「ザ・ブリザード」 [日々“是”精進! ver.F]
全員陸地に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602280000/ 【映画ポスター】ザ・ブリザード (クリス・パイン) /REG 両面価格:15000円(税込、送料込) [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 06時31分

» ザ・ブリザード [あーうぃ だにぇっと]
ザ・ブリザード@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 07時44分

» 「ザ・ブリザード」 [ここなつ映画レビュー]
今年は初っ端からYear of the Commonwealth of Massachusettsだ。「ブラック・スキャンダル」「白鯨との闘い」に続いてこの「ブリザード」である。この三作だけから言うと、私の中でのマサチューセッツのイメージは、ギャングが跋扈して海に出たら遭難する怖い都市。なんのこっちゃ、である。文教都市ボストンのイメージは何処へ?「ザ・ブリザード」の展開をネタバレ全開で言うとこういうことになる。真冬の嵐(ブリザード)の日に沖に出ていたタンカーが船体が真っ二つに割れて、片方は沈没、片方... [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 19時39分

» ザ・ブリザード [象のロケット]
1952年、アメリカ。 冬の大西洋でブリザード(暴風雪)が発生し大型タンカーが遭難。 一等機関士シーバートら船員たちは、救助が来るまで何とか時間を稼ごうと、懸命の作業を続けていた。 若き沿岸警備隊隊員バーニーと3人の仲間たちは、木製の小型救助艇で救助に向かうが、途中には波が暴れ狂う最大の難所チャタム・バー(砂洲)が待ち受けていた…。 実話から生まれたサバイバル・アクション。... [続きを読む]

受信: 2016年3月 2日 (水) 15時35分

» ザ・ブリザード(3D) / The Finest Hours [勝手に映画評]
若干のネタバレがあります。 事実に基づいた作品。“沿岸警備隊史上最も不可能な救出ミッション“と言われる、1952年に起きた、タンカー・SSペンドルトン号救出劇を描いています。原題の『The Finest Hours』は、この救出劇を手放しに褒め称えていますね。 「沿岸警備隊は...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 2日 (水) 22時41分

» 映画:ザ・ブリザード The Finest Hours ド迫力巨大ウェーブ 及び タンカー真っ二つ、という真実に驚愕(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まず驚きは、発生する事故が =「タンカー真っ二つ! 」ということ。 そんなこと、ありうるのか!?! とは言いつつ、物語はあくまでも「事実」の映画化。 なので、「ありえない」気分にならせないような伏線がいろいろ張ってある。 まずは元々一度割れた船で、...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 4日 (金) 06時51分

» ザ・ブリザード [とりあえず、コメントです]
ノンフィクション小説「SSペンドルトン号の救出劇」を原作に創り上げた作品です。 予告編で映し出された嵐の海の迫力が凄くて、とても気になっていました。 無謀とも言える救出劇の大変さと冬の嵐の強烈さに圧倒されるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 14時18分

» ザ・ブリザード3D ★★★★ [パピとママ映画のblog]
アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、SSペンドルトン号の救出劇を映画化。冬の寒さが厳しい北大西洋上で悪天候により遭難した巨大タンカーに残された生存者32人の救助に、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑む。監督は、『ラースと、その彼女』...... [続きを読む]

受信: 2016年3月20日 (日) 20時59分

« J1開幕! 湘南1-2新潟 | トップページ | 日本女子代表、豪州に敗戦でスタート »