« 「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど | トップページ | プレミアム・チェルシー・チョコクロ »

2016年2月21日 (日)

第50回青梅マラソンをなんとか完走

1456058692772

今年の青梅マラソンは第50回!の記念大会。昨年は翌週に東京マラソンに出場するために欠場した(仲間の応援には行きました)大江戸ですが、一昨年は大雪のてめ大会自体が中止でした。なので、今年は3年ぶりの出場となります。30kmレースを走りました。

 

Img_20160221_185246

30kmのスターターは瀬古利彦さん(赤い服)。その横には、高橋尚子さん(ピンクの服)。号砲を鳴らした後も、全ランナーが通り過ぎるまで、このお立ち台の上からマイクでランナーに声援を送っているのですが、瀬古さん、オヤジ感満載のセクハラまぶしの発言を続けてました。やれやれ。

1456058638223

その後、Qちゃんはたぶん最後尾からランナーに声援を送りながらずーっと走ってきたみたいで、小生は10kmあたりの地点で後ろから抜かれてびっくりしました。よく目立つピンクのウェアである上に、大きな声でみんなに声援を送りながら走り続けているのです。すごいなあ。ちょっとボケてますけど、真ん中へんのピンクの人が高橋さんです。

さてさて小生の走りはと言えば、昨年の東京マラソン出場時に、途中で右のハムストリングス(腿裏筋肉)を故障してひどい目に遭ったので、今日はそうならないように「あ、ちょっとヤバそう」と思ったらスローダウンして、難を逃れるようにしておりました。

なので、終始抑えたペースの走り。無理をしなかったので、筋肉も関節も最後まで大丈夫でした。それでもやっぱり苦しいんですよねー、アップダウンの連続する山間の30km。30キロって長いなー、つらいなー・・・と思い続けて、走っておりました。

1456058600545
おまけに折角準備した甘ーいジェル(後半へばった時に飲むやつ)をウェストポーチに入れ忘れ、アミノ酸の顆粒スティックも2本あったのに1本しか入れておかず、スタート前に気づいた時には軽くショック。後半戦では、沿道の方々から飴、氷砂糖、チョコ、バナナ、カステラ、そば!といろんなものをいただいて、空腹をしのぎました。こんなにいろいろもらったのは初めてです。

1456058588214
記録としてはグロスタイムで2時間22分台。スタート地点まで8分以上かかっているので、ネットタイムとしては2時間14-5分あたりでしょうか。前回出場時はネット2時間58分台だったのですが、まあしょうがありませんね。その代り前回は完走後気持ちが悪くなって顔面蒼白状態で2時間ぐらい横になっていたのですが、今回はすぐ飲んだり食べたりできたので、めでたしめでたしです。

そうそう、ゴール地点ではまた高橋Qちゃんが、みんなを出迎えて笑顔で声援を送っておりました。結構長い時間立っているのでしょうね。すごいな、この人。

1456058578682
完走プレゼントはスポーツタオル。これ、Hotmanのでした。

出場者へのプレゼントは恒例のTシャツですが、今まではアシックスだったのに今回はプーマ。「50」の「0」が「OHME」の「O」になっているって寸法です。

1456058566303

こんなのもくれました。ゼッケンをTシャツに留めるためのピン。おうめくんに加えて、プーマ、ヤマト運輸、グリーンDAKARA(サントリー)の絵柄です。

1456058572711
そしてお土産に買った「へそまんじゅう」。これ白いまんじゅうと茶色のまんじゅうが入っていて、おいしいんですよー。おすすめです。

あー、それにしても疲れたなあ。レースに出るためには練習量が足りていない、だからしんどいってのはわかっちゃいるんですが、一方ではこれ以上ハードに練習もしたくないし。難しいところではあります。

|

« 「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど | トップページ | プレミアム・チェルシー・チョコクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64060575

この記事へのトラックバック一覧です: 第50回青梅マラソンをなんとか完走:

« 「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど | トップページ | プレミアム・チェルシー・チョコクロ »