« 「人生を面白くする 本物の教養」by出口治明 | トップページ | 第50回青梅マラソンをなんとか完走 »

2016年2月20日 (土)

「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど

354600_001
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の魅力で物語を語っていく手腕において、オールド・ハリウッド的な良作。そして圧倒的に「二人の女優の映画」となっております。

354600_002

衣装や美術の力を得て、時代再現が素晴らしいです。そう、トッド・ヘインズ監督の『エデンより彼方に』がそうだったように。でも映像や色彩設計はあの作品のようにポップ&キッチュではなく、落ち着いた美しさです。でもやはり、この絵作りに惚れ惚れします。映像に格調とコクがあるのです。いわゆる上質な「映画らしい映画」だと思うんですよね。

354600_003
ルーニー・マーラがとってもラヴリーなのですが、各種チェック柄に彩られた彼女の服装も実にキュート。時として色柄過剰でダサくなっているあたりも含めて、いい感じです。

一方のケイト・ブランシェットは、堂々の貫録。でも一目惚れするほど魅力的なのかというと、それはどうなんでしょ? まあ、人の好みは色々ですから・・・。

でもこの二人の恋愛の発展に、意外とコクが無かったのも事実。徐々に心の距離が近づいて行ったり、ドキリとしたり、燃え上がったりの描写が割と通り一遍で、そここそが映画の勝負どころとすれば、ちょっと物足りない結果となっております。まあ、小生のベスト・フィルムがワイラーの『噂の二人』なので、この手の作品には点が厳しいのかも知れないのですけどね。354600_006

(以降ネタバレあり) ラストのケイト・ブランシェットの目の演技は神技。あの目の表情の中に、数秒のうちの微妙な変化に、これから待ち受ける地獄を承知しながらも全てを受容しようとする覚悟が見られるのです。あれはこの名女優としても、生涯のベスト・ショットなのではないかなあ。

|

« 「人生を面白くする 本物の教養」by出口治明 | トップページ | 第50回青梅マラソンをなんとか完走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64060494

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど:

» キャロル〜←クリスマス [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ... [続きを読む]

受信: 2016年2月20日 (土) 23時07分

» ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイスミスが、1952年に発表した事実上の長編デビュー作「The price of solt」を「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド...... [続きを読む]

受信: 2016年2月20日 (土) 23時33分

» 『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195... [続きを読む]

受信: 2016年2月21日 (日) 05時24分

» 映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 ! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな...... [続きを読む]

受信: 2016年2月21日 (日) 06時32分

» キャロル [象のロケット]
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキャロルの屋敷に招待され、心を通わせていくが…。 ラブ・ストーリー。 ≪このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。 あなたが私を変えた。≫... [続きを読む]

受信: 2016年2月22日 (月) 10時24分

» キャロル [映画的・絵画的・音楽的]
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 1日 (火) 21時05分

» 私の天使~『キャロル』 [真紅のthinkingdays]
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作はパ トリシア・ハイスミス、監督は 『アイム・ノット・ゼア』 ...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 21時10分

« 「人生を面白くする 本物の教養」by出口治明 | トップページ | 第50回青梅マラソンをなんとか完走 »