« 佐野元春35周年ライブ@東京国際フォーラム | トップページ | LS北見、世界2位の偉業達成! »

2016年3月27日 (日)

「リップヴァンウィンクルの花嫁」:まさに岩井俊二的傑作

354841_004
『リップヴァンウィンクルの花嫁』は、岩井俊二が国内で撮った長編実写映画としては、『花とアリス』以来12年ぶりなんですと! で、久々の岩井俊二は、やっぱり岩井俊二でした。篠田昇撮影監督が亡くなっても、あの独特の清潔な映像は健在でした(本作の撮影=神戸千木)。ああ、脂の乗り切った年代の岩井俊二が「かくも長き不在」だったことは、日本映画界にとって大きな損失でした。

それにしてもこれ、冒頭に東映マークが出るんですよ! そのミスマッチ(ユーロスペースで鑑賞したので、ますますもってミスマッチ!)たるや。

354841_005
上映時間3時間! でも全く飽きませんし、素敵な3時間です。まぎれもない傑作です。気持ちの良い映像を観ながら、黒木華の受難と成長を目で追っていることが、そのか弱い声を聞いていることがなぜか至福だという、近来稀な映画体験ができるのです。

354841_006

『リリィ・シュシュのすべて』『花とアリス』で蒼井優を使った岩井俊二が、空白期間を挟んで主役に据えたのが、蒼井と同系統の顔である黒木だというのが興味深いですね。実際、黒木とCoccoが楽しく交流するシーンは、あたかも『花とアリス』の蒼井と鈴木杏の大人バージョンのようでした。 でも黒木華って、昨年の3作品(『幕が上がる』『ソロモンの偽証』『母と暮せば』)といい本作といい、先生役ばっかりですね。似合うけど。

一方で、綾野剛の正体不明の影をはらんだ軽みも、見事でした。 そして、終盤に場面をかっさらう りりィ!(まさに「りりィのすべて」か? いや、岩井作品だから「シュシュ」が入るか?) 本年度助演女優賞の有力候補でしょう。

354841_001

それはそうと重要なカギとなる毒貝が、『シェル・コレクター』で目にしたばかりだったイモガイだというのは、どういう偶然なんでしょうか?

結局、迷宮をさまよった少女(というよりは、「若い女性」なのでしょうが)の成長物語になっているところが、いかにも岩井さんです。

エンドロール冒頭のイメージカットで、紙製の「角つき角隠し」みたいなものをかぶっている華さんも、なんだかわからないけどサイコーでした(あれ、「ねこかんむり」って言って、グッズも出ているみたいですね。びっくり)。

1459072756560

帰りにユーロスペースの入口上部の壁面に、大きな大きな看板が入っているのに、これまたびっくり(あのロケーションで効果あるのかしらん?)。その右下には、岩井監督、黒木さん、Coccoさんのサインが入っていました。

1459072757697

|

« 佐野元春35周年ライブ@東京国際フォーラム | トップページ | LS北見、世界2位の偉業達成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64678602

この記事へのトラックバック一覧です: 「リップヴァンウィンクルの花嫁」:まさに岩井俊二的傑作:

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [佐藤秀の徒然幻視録]
茶番劇というリアルな仮想現実 公式サイト。岩井俊二原作・監督。黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、地曵豪、毬谷友子、和田聰宏、佐生有語、夏目ナナ、金田明夫、りりィ。「リップ ... [続きを読む]

受信: 2016年3月27日 (日) 23時50分

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [象のロケット]
東京で働く派遣教員・皆川七海はSNSで知り合った鉄也と結婚することになり、自分側の招待客が少ないため、なんでも屋の男・安室に式の代理出席者の手配を依頼する。 新婚早々に鉄也の浮気が発覚するが、義母から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出されてしまう。 路頭に迷った七海に手を差し伸べたのは、安室だった。 結婚式の代理出席の次に彼から斡旋された仕事は住み込みのメイドで、何と報酬は100万円だという…。 ミステリー。 ≪この世はさ、本当は幸せだらけなんだよ≫... [続きを読む]

受信: 2016年3月28日 (月) 13時00分

» 岩井俊二監督12000字ロングインタビュー:映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』について【1/8】/2016年3月26日(土)より全国公開中 [INTRO]
実写の日本映画としては久しぶりの新作となる『リップヴァンウィンクルの花嫁』が全国公開中の岩井俊二監督に、作品への思いや映画作りに対する姿勢など創作活動に関するお話を詳しくうかがった。【Page1/8】... [続きを読む]

受信: 2016年3月31日 (木) 19時29分

» 「リップヴァンウィンクルの花嫁」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/ロックウェルアイズ 配給:東映 監督:岩井俊二 原作:岩井俊二 脚本:岩井俊二エグゼクティブプロデューサー:杉田成道プロデューサー:宮川朋之、水野昌、紀伊宗之 撮影:神戸千木 「花と... [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 23時40分

» リップヴァンウィンクルの花嫁・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
なぜ彼女は、フォークロアの住人となったのか。 残酷で切なく美しい、3時間の大力作。 異才・岩井俊二監督が、「花とアリス」以来12年ぶりに国内で発表した長編実写映画は、驚くべき密度を持った作品だ。 東京で派遣の教師をしている主人公が、厳しい現実によって人生どん底にまで追い詰められ、奇妙な便利屋の導きによって、不思議な世界へと足を踏み入れる。 人はどうしたら幸せになれるのか?幸せはど...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 9日 (土) 23時39分

» 「リップヴァンウィンクルの花嫁」SNSで知り合った先に知った依頼人に選ばれた数奇な運命を歩んだ女性が辿り着いた最後の花嫁 [オールマイティにコメンテート]
「リップヴァンウィンクルの花嫁」は非常勤教師の女性がSNSで出逢った同じ教師を仕事にする人と出逢って結婚するも、結婚相手の浮気を自らの浮気とされて離婚する事になりその時に ... [続きを読む]

受信: 2016年4月11日 (月) 23時39分

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [映画的・絵画的・音楽的]
 『リップヴァンウィンクルの花嫁』をユーロスペースで見ました。 (1)評判の高さを聞いて映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、人々が大勢道路を歩いていて、その間にいた皆川七海(黒木華)がポストの前で立ち止まって、携帯を手にしながら、もう一方の...... [続きを読む]

受信: 2016年4月15日 (金) 06時40分

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [とりあえず、コメントです]
一人の女性が出会った人生の転機を描いた岩井俊二監督の最新作です。 実はこの監督さんの作品は『花とアリス』しか観ていません。(いつも気にはなっているのですが…) 主演の黒木華さんはとても気になる女優さんなので、今度こそはと終わる前にチャレンジして来ました! ... [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 00時11分

» りりィ(・シュシュ)の子どもたち~『リップヴァンウィンクルの花嫁』 [真紅のthinkingdays]
 岩手県花巻市出身の皆川七海(黒木華)は、東京で派遣教員をしながらコン ビニでもバイトをしている内気な女性。地元出身の作家・宮沢賢治が好きな彼 女のHNは ”クラムボン”。SNSで知り合った鉄也(地曵豪)と結婚することに なったものの、親戚が少ない七海は、これもSNSで知り合った ”ランバラル”  こと、何でも屋の安室行舛(綾野剛)に代理出席を依頼するのだったが・・・。  ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月24日 (日) 19時20分

« 佐野元春35周年ライブ@東京国際フォーラム | トップページ | LS北見、世界2位の偉業達成! »