« エビスwithロブション×2 | トップページ | 「セーラー服と機関銃 卒業」:環奈ちゃんに華はあるけれど・・・ »

2016年3月18日 (金)

「ロブスター」:自由過ぎる不条理

354905_002
映画『ロブスター』は、怪作『籠の中の乙女』のギリシャ人監督(ヨルゴス・ランティモス)による新作。今度も相当ヘンです。いや、最上級にヘンです。ヘンなもの好きの大江戸にとっても気になるところでしたが、うーん、ヘンだけどメチャクチャ過ぎると言うか、押さえるところ押さえてないというか、面白味は薄いですねえ。

354905_005

前半はいいんですよ。「ザ・奇想SF」ってところで。ぶっ飛んだ不条理な設定で、「いいぞ、もっとやれ。」って感じ。まあその各種設定をきっちり説明してはくれないので、観る方としては「たぶんこういうことなんだろう」と想像しながら進んでいくしかないのです。ただ「?」マークが頭の中に残ることもあり、なんだかもどかしいのです。

354905_001
そして中盤以降は「自由」すぎて、もうナンダカワカラナイ状態に突入していきます。ほとんど不条理な夢にも似た展開。観ていて置いてけぼりになっては、周回遅れで追っかけた感じです。 ラストはなぜか『春琴抄』的な世界だし。 結局、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』『えびボクサー』に並ぶ「エビ映画」とならなかったのが、かえすがえすも残念です。

354905_007

意外に充実したキャストなのでびっくりしたのですが、前情報なしで観たのでコリン・ファレルに最後まで気づきませんでした。なんか(ブラッド・ピット+そこらのおっさん)÷2 かと思っていたら、いやーコリンさん、あの「濃い」テイストを完全に消し去っていましたね。だらしなくデブってたし。オーラ=ゼロだし。

新宿シネマカリテで観たのですが、シネカリ名物の水槽には当然のごとくロブスター・・・かと思いきや、伊勢海老が入っていたのでありました! 上映期間が終わったら、スタッフがゆでて食べちゃうのかなあ・・・。ちょっと気になります。

|

« エビスwithロブション×2 | トップページ | 「セーラー服と機関銃 卒業」:環奈ちゃんに華はあるけれど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64523830

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロブスター」:自由過ぎる不条理:

» ロブスター〜排除社会 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アイルランド=イギリス=ギリシャ=フランス=オランダ=アメリカ。原題:The Lobster。ヨルゴス・ランティモス監督。コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジェシカ ... [続きを読む]

受信: 2016年3月19日 (土) 08時10分

» 『ロブスター』 設定は抜群におもしろいのだけれど…… [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 ギリシャ映画『籠の中の乙女』のヨルゴス・ランティモス監督の初の英語作品。  コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジョン・C・ライリーという豪華な顔ぶれを見ると、この監督の作品がいかに期待されているかがわかる。私は観ていないのだけれど『籠の中の乙女』は評判がいいらしい。  ルール1 45日以内にパートナーを見つけること  ルール2 独身は罪...... [続きを読む]

受信: 2016年3月19日 (土) 09時32分

» ロブスター [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アイルランド&英&ギリシャ&仏&オランダ&米  コメディ&SF&ロマンス  監督:ヨルゴス・ランティモス  出演:コリン・ファレル      レイチェル・ワイズ      ... [続きを読む]

受信: 2016年3月19日 (土) 22時44分

» ロブスター [象のロケット]
妻から別れを告げられたデヴィッドは、あるホテルへ連行される。 そこに収容されている他の独身者と45日以内にカップルにならなければ、予め選んでおいた動物に変身させられてしまうのだ。 だが脱走した独身者を一人捕まえると、一日だけその期限が延ばされる。 一方、森の中では、脱走した独身者たちがコミュニティを作っていた。 ここでは逆に、恋愛やセックスは認められない。 街では警察が独身者を厳しく取り締まっていた…。 ブラック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2016年3月20日 (日) 12時24分

» ロブスター/The Lobster [我想一個人映画美的女人blog]
第68回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。 カンヌ映画祭で評価された風変わりな映画、基本合わないわたし。(ハネケ作品は例外) 今回は設定に惹かれて観たけど、わたしはやっぱりいまいちだった。 カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリ受賞の「籠の中の乙女」...... [続きを読む]

受信: 2016年3月23日 (水) 10時24分

» [映画『ロブスター』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・かなりの期待をして観に行きました。 少子化の歯止めかは分かりませんが、結婚至上主義社会の物語。 いい歳してパートナーを見つけない大人は、動物にさせられます。 不条理劇なので、世界観の説明はあいまいで、冷たい性格の主人公に共感できないままに話は進...... [続きを読む]

受信: 2016年3月29日 (火) 09時26分

» 近視/転換~『ロブスター』 [真紅のthinkingdays]
 THE LOBSTER  妻に去られ、独り身となったデヴィッド(コリン・ファレル)は、あるホテルに 移送される。そこでは45日以内にカップルになれなければ、事前に希望した 動物に 「転換」 されてしまうのだった。デヴィッドの希望は 「ロブスター」。  超奇妙奇天烈作 『籠の中の乙女』 の監督の新作で、カンヌ映画祭審査 員賞受賞作。と聞けば気になって...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 21時44分

» 「ロブスター」 [ここなつ映画レビュー]
そこでは、45日以内にカップルになる相手を見つけられないと、動物に変えられてしまう。妻の心変わりで独り身になったデビッド(コリン・ファレル)は、そのホテルに滞在する事を決意する。一匹の犬を連れて。その犬は、前にこのホテルのプログラムで45日以内に相手を見つけられなかった為、犬にされてしまった実の兄であったのだが。ホテルの支配人に彼は聞かれる。もし何もなく45日が過ぎてしまったら、貴方が身を変えたい動物は何?デビッドは答える。「ロブスター」。何故ロブスター?「長生きだ。百年以上生きる。一生生殖能力があ... [続きを読む]

受信: 2016年4月15日 (金) 13時01分

« エビスwithロブション×2 | トップページ | 「セーラー服と機関銃 卒業」:環奈ちゃんに華はあるけれど・・・ »