« 渋谷にて:マック赤坂やらラグビーボールやらラテやら | トップページ | サッカー日本代表、予定通りアフガンに完勝 »

2016年3月23日 (水)

「家族はつらいよ」:笑いのツボがはずれてて

351640_001
映画『家族はつらいよ』は、山田洋次監督の『東京家族』の人物設定を借りたコメディ。珍しい創作パターンです。確かにこの8人(+風吹ジュンや小林稔二)の個性のばらつき具合はなかなか良くって、同メンバーでもう1作と思った気持ちは理解できます。でも、その仕上がりはねえ・・・。 横尾忠則によるタイトルデザインのように、狙ってハズしちゃったような気が・・・。

351640_004

コメディって、年取った人が作ると、なんか笑いのツボがずれちゃって、古めかしく感じられたり、イタくなったりしちゃうんですよねー。それはまあ一般論ですが、さしもの山田洋次と言えども寄る年波には勝てなかったような気がいたします。この程度でいいんですかい?って感じ。老いも若きもやたらと滑ったり転んだりして、それで笑いを取ろうってのはどうなんでしょ?  まあそれでも、この時代にこんなトラディショナルな松竹喜劇映画が観られるってだけでも、貴重と言えるのかも知れませんね。

351640_003

それはそうと『東京家族』の老父=笠智衆を離れて、本作の橋爪功さんは随分と性格変わっちゃいましたねえ。あの枯れて淡々とした良い父親から、日本オトコの悪い面のカリカチュアみたいに変貌してしまいました。他のメンバーは、そこまで変わらないんんですけどね。

妻夫木聡の古風な好青年、こういう人を見られるってのが、山田洋次作品ならでは。こういう人を見て「ケッ」って思う人もいるかも知れませんが、大江戸は好きですね、こういう人。

351640_002
それを言ったら、蒼井優の役だって同じことですね。山田洋次以外の人がこんなキャラクターを描いたら、リアルじゃないと非難ごうごうでしょう。でもスクリーンでこういう人を観るのって、良いではありませんか。大江戸は良いと思います。真面目ないい人、バンザイ。

結末はなんだか腰砕けで、うやむやに甘い感じです。そこは残念ですね。 あと、作中に『東京家族』のポスターが壁に貼ってあるシーンがありましたが、それはないでしょ。本作の登場人物とポスターの人物の顔がもろに同じなんですから。ほかにも『男はつらいよ』や『東京物語』へのオマージュというか言及がトゥー・マッチでした。山田監督にストップをかける人がいないってことが、不幸なんでしょうね。たぶん。

|

« 渋谷にて:マック赤坂やらラグビーボールやらラテやら | トップページ | サッカー日本代表、予定通りアフガンに完勝 »

コメント

大江戸時夫さん、こんにちは。「六月の菖蒲」のayameと言います。
貴ブログ、拝読いたしました。

山田監督をして「寄る年波には勝てなかった」と評するあたり、辛口ですね。確かに、おっしゃる意味は分かりますし、スベるネタが満載とのご批評もうなずけます。

私はこういうコメディーはあまり見ないのですが、それはそれで笑えました。

ただ、この作品、前作『東京家族』やオマージュとしての『東京物語』とともに、ある種の”オムニバス”作品とみることもでき、そこに通底する日本の家族像の変遷などがモチーフとなっているようで、興味深いと思いました。

拙ブログにもトラックバックをいただき、ありがとうございました。

投稿: ayame | 2016年3月29日 (火) 09時14分

ayameさん、コメントありがとうございます。
確かに「東京物語」との比較において、時代と日本の家族との考察-変わったものと変わらないもの-になっていますね。
山田洋次に関しては、「小さいおうち」までは感じなかった、「あれ?」と思うようなセンスのズレが、「母と暮せば」のエンドタイトルあたりに出て来て、うーむと思っていたところなので、よけい気になったのかも知れませんです。

投稿: 大江戸時夫 | 2016年3月29日 (火) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64609205

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族はつらいよ」:笑いのツボがはずれてて:

» 家族はつらいよ〜「憲」が平和を守る? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山田洋次監督。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、中嶋朋子、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、笹野高史、木場勝己、 ... [続きを読む]

受信: 2016年3月23日 (水) 23時36分

» 『家族はつらいよ』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: 山田洋次 キャスト: 橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林… [続きを読む]

受信: 2016年3月23日 (水) 23時46分

» 家族はつらいよ [映画的・絵画的・音楽的]
 『家族はつらいよ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)山田洋次監督作品ということで映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、平田家。  電話が鳴って、飼い犬のトトが廊下をうろつき、長男・幸之助(西村雅彦)の嫁・史枝(夏川結衣)が電話に出ます。  「平田...... [続きを読む]

受信: 2016年3月24日 (木) 05時28分

» 家族はつらいよ [象のロケット]
結婚50年を迎えようとする夫婦。 たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと夫が欲しいものを聞いてみると、妻の答えはなんと…「離婚届」! 一家に突然降りかかる、まさかの“熟年離婚”騒動に、子供たちは大慌て。 さらに、離婚騒動を解決しようと開かれた家族会議では、全員の不満があちらこちらから噴出!  一家の運命やいかに…!? ヒューマンドラマ。 ≪妻よ、笑顔を下さい。 夫よ、離婚を下さい。≫... [続きを読む]

受信: 2016年3月24日 (木) 10時32分

» 映画『家族はつらいよ』★靴下だけでなく老妻の心も裏返らないように^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166267/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ことの起こりは、老夫婦の離婚問題。 (「お父さんがストレスなの」――には、 わが両親のゴタゴタも、思い浮かぶ …… (汗)) 深刻で重大な家族問題ですが、 深刻で、リアルだからか、つい失笑してしまう …^^; ..... [続きを読む]

受信: 2016年3月24日 (木) 17時19分

» 「家族はつらいよ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016・年日本 配給:松竹 監督:山田洋次 脚本:山田洋次、平松恵美子 音楽:久石譲タイトルデザイン:横尾忠則 名匠・山田洋次監督による、久しぶりのコメディ作品。山田監督の「東京家族」で一家を演じた... [続きを読む]

受信: 2016年3月27日 (日) 01時32分

» 家族はつらいよ [映画好きパパの鑑賞日記]
 山田洋次監督久々の喜劇。わざとなのか、それとも感性なのかわかりませんが、非常に古くさく感じられる一方、年をとったせいか、懐かしさも感じました。まあ、豪華キャストによる肩の凝らない喜劇です。  作品情報 2015年日本映画 監督:山田洋次 出演:橋爪功、吉…... [続きを読む]

受信: 2016年3月27日 (日) 06時55分

» 映画『家族はつらいよ』を観た。 [六日の菖蒲]
先日、山田洋次監督の映画『東京家族』(2013年)がテレビ放映されたのを見て、なかなか良くできた映画だと思った。 瀬戸内海のとある小島に住む高齢の周吉夫婦(橋爪功、吉行和子)が、東京で暮らす子供たちに会いに来る物語だ。だが、実際に訪れてみると、子どもとはい…... [続きを読む]

受信: 2016年3月27日 (日) 11時23分

» ショートレビュー「家族はつらいよ・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
東京家族の裏側で。 2013年に発表された「東京家族」は、小津安二郎の歴史的な名作「東京物語」を極めて忠実にリメイクした作品だが、そのテーマは対照的なものだった。 オリジナルに対して、リメイクは人間たちが優しい。 小津は、高度成長期前夜の1953年を背景に、家族という日本社会の基盤をなすミニマムなコミュニティの喪失を描き、その先にある伝統的な共同体意識の解体を予見して見せた。 対...... [続きを読む]

受信: 2016年3月31日 (木) 00時26分

« 渋谷にて:マック赤坂やらラグビーボールやらラテやら | トップページ | サッカー日本代表、予定通りアフガンに完勝 »