« ハーゲンダッツの期間限定品+α | トップページ | 「女が眠る時」:ちょっと気取り過ぎでは? »

2016年3月13日 (日)

「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・

354960_002
映画『ヘイトフル・エイト』は、タランティーノらしさたっぷりの西部劇。だけど、序盤はほぼ馬車の内外、それ以降は洋品店(ってことだけど、キャンディ程度しか置いてなくて、全然洋品店じゃないじゃん!)だけで展開される「密室ドラマ」なので、かなり舞台劇的な雰囲気です。

(以降ネタバレあり) それにしても宣伝では犯人探しの本格密室ミステリーみたいに言ってますけど、そうじゃないじゃん! ま、あくまでも饒舌であくまでもヴァイオレントなタランティーノ映画なのですけど(168分という“長さ”も含めて)。

354960_003
そもそも「エイト」って何?(まあタランティーノの8作目だそうですが) 9人いるじゃん! まるで「名古屋グランパスエイト」という正式チーム名のようです。サッカーなのにエイトって・・・(まあ名古屋市の市章が丸に八の字だし、末広がりだしっていうんでエイトがついてるそうですが)。あ、関係ない?

354960_004

相変わらずアクの強い悪人たちがあーだこーだくっちゃべるし、冗談みたいに血がドバっと出たり、頭が吹っ飛んだりしてますし、突然時間が前に戻るし・・・と、タランティーノ節炸裂です。ファンにとってはたまらないのでしょうけれど、特に思い入れのない大江戸にとっては、ちょっと長過ぎる168分なのでありました(まあタラの多くの作品で感じることなのですけど)。

354960_001

冒頭に流れるエンニオ・モリコーネの大仰で「いかにも」なスコアが、もうタランティーノ大喜びだったことでしょうってぐらいドンピシャ。モリコーネって、まだ生きてたんですねっていうか、しっかり現役だったんですね(今、87歳ですと)。しかもこの作品でアカデミー作曲賞受賞! まあ功労賞的色合いが濃いとは思いますが・・・。

|

« ハーゲンダッツの期間限定品+α | トップページ | 「女が眠る時」:ちょっと気取り過ぎでは? »

コメント

うっわあ~~~ ニガー ニガー ニガー ニガー・・・
サミュ次郎(→サミュエル・ジャクソン)に 黒人侮蔑連発~~(これじゃ映倫にひっかかるよ~)

いつものごとく タラ夫(→クエンティン・タランティーノ)お得意の ダラダラトーク演出で のばしまくり~(映画館だったら かったるくて いねむりするよぉ~)

北部VS南部の 元兵役経験ということで 元南部将軍ジジイことブル彦(→ブルース・ダーン)と サミュ次郎は元北部少佐だが ブル彦は根っからの ニガー嫌い!!!

な・な・な・なんと ブル彦の息子の死の経緯を サミュ次郎が・・・サミュ次郎が・・・・とんでもない えげつない内容をはなしてんじゃん(とても・・・とても・・・倫理上 書けません・・・)

そっから 次々とひともんちゃくあって ひとり、ふたり 減ってゆく(まさに ”そして だれもいなくなった”じゃな)

さてはタラ夫 アガサ・クリスティの隠れファンだね(隠れキリシタンみたいに!)

タラ夫の もうひとつのお得意演出方 「時間軸シャッフル」
おはこやなぁ~タラ夫(この手法は 誰にもマネできねえぜといわんばかり!)

そこで タネ明かしが 時間軸を 事件発生したのその日の早朝にもどして 見る者に伝える(大きなマジックショーほど タネは意外と身近に あるもんやなぁ~)

最後に ジェニ恵(→ジェニファージェイソンリー)
顔 きったねえ~(汚れざんまいだ~)

賞金稼ぎのカトリン(→カート・ラッセル)に 肘鉄くらうわ 頭を銃のグリップで殴られるわ シチュー ぶっかけられるわ カトリンの吐血を顔面に まるでAV撮影で男優のザーメンを顔射されたみたいに もろ浴びするわ まさに 汚れの女王や(さすが 名優ビッグモローの娘・・・汚れ役が板について輝いて見えるわ~)

アカデミー賞助演女優賞に ノミネートされたのに受賞されなくて残念・・・・

これだけ 体張って 汚れ役に徹したんだから受賞させろよな~

投稿: zebra | 2016年10月16日 (日) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64435487

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・:

» ヘイトフル・エイト [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Hateful Eight。クエンティン・タランティーノ監督。サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミ ... [続きを読む]

受信: 2016年3月14日 (月) 00時12分

» ヘイトフル・エイト [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ミステリー&アクション&西部劇  監督:クエンティン・タランティーノ  出演:サミュエル・L・ジャクソン      カート・ラッセル      ジェニファー ... [続きを読む]

受信: 2016年3月14日 (月) 21時40分

» ヘイトフル・エイト [象のロケット]
南北戦争(1861〜65年)後のアメリカ。 重罪犯の女を連行中の賞金稼ぎが乗る駅馬車に、雪で立ち往生した元北部の騎兵隊で同じく賞金稼ぎの男と、元南部の略奪団の一味だった新任保安官が乗り込んだ。 迫り来る猛吹雪から避難するため、一行は山の上のロッジへ立ち寄るが、そこでは見知らぬメキシコ人が店番をしており、絞首刑執行人、カーボーイ、南部の元将軍という、いわくありげな3人の先客がいた…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2016年3月15日 (火) 09時34分

» ショートレビュー「ヘイトフル・エイト・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「ヘイトフル・エイト」とは誰の事か? 猛烈な吹雪で一軒の店に閉じ込められた、8人の怪しい男たちと1人の賞金首の女を巡る密室ミステリ。 なるほど、コレはタランティーノにとっての原点回帰。
 要するに西部劇版の「レザボア・ドッグス」なんだな。 登場人物全員ワケあり。 はたして誰が事件を仕掛ける黒幕で、誰が生き残るのか?という訳だ。 しかし100分しかなかった長編デビュー作に対して...... [続きを読む]

受信: 2016年3月16日 (水) 23時19分

» 「ヘイトフル・エイト」 [ここなつ映画レビュー]
クエンティン・タランティーノは近々にもう一作繋がれる面々の作品を作って、「繋がれし」三部作展開をすればいいと思う。「ジャンゴー繋がれし者ー」でもそうだったのだが、上映時間の長さに観る前は鑑賞を躊躇したものの、観終わった後には上映時間の長さを全く感じなかった。168分だったのに。とはいえ、鑑賞中はちょっと見苦しかったりテイストに合わなかった部分も本作にはあった。最も「違う」と感じたのは、奪回譚が復讐譚に見えてしまう所だ。「密室サスペンス」ということで、ネタバレしては申し訳ないので、以下は鑑賞済みの方、... [続きを読む]

受信: 2016年3月17日 (木) 17時49分

» ヘイトフル・エイト★★★★★ [パピとママ映画のblog]
クエンティン・タランティーノが放つ、ウエスタン仕立てのミステリー。男女8人が閉じ込められた、雪嵐の山小屋で起きた殺人事件の意外な真相を映し出す。ベテランのサミュエル・L・ジャクソンをはじめ、『デス・プルーフ in グラインドハウス』などのカート・ラッセル、『...... [続きを読む]

受信: 2016年3月20日 (日) 20時58分

» 「ヘイトフル・エイト」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2015年・アメリカ/ワイスタイン・カンパニー配給:ギャガ 原題:The Hateful Eight 監督:クエンティン・タランティーノ脚本:クエンティン・タランティーノ美術:種田陽平音楽:エンニオ・ [続きを読む]

受信: 2016年3月20日 (日) 22時59分

» ヘイトフル・エイト/THE HATEFUL EIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
やっときました今年のわたしの一番のお楽しみ、タランティーノ最新作 アカデミー賞にて、助演女優賞、作曲賞、撮影賞ノミネート 仕事帰りに夜中に終わる最終にて無事初日に鑑賞してきた ハイ、今回も、期待裏ぎりません 舞台は南北戦争から約10年後...... [続きを読む]

受信: 2016年3月22日 (火) 12時00分

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ヘイトフル・エイト」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 クエンティン・タランティーノ監督・脚本、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー他出演。南北戦争終結から数年後のワイオミング州、猛吹雪の中、偶然居合わせた8人による、壮絶な騙し合いを描くミステリー西部劇。 「カルト映... [続きを読む]

受信: 2016年3月28日 (月) 19時19分

» ヘイトフル・エイト [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヘイトフル・エイト』を渋谷シネクインで見てきました。 (1)タランティーノ監督の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪をいただくワイオミングの山々が聳えていて、雪雲が横に大きくなり、鳥が群れをなして飛んでいます。  雪野原...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 4日 (月) 21時51分

« ハーゲンダッツの期間限定品+α | トップページ | 「女が眠る時」:ちょっと気取り過ぎでは? »