« 「あまくない砂糖の話」:ヘルシー食品の欺瞞に挑む | トップページ | 「蜜のあわれ」:鈴木清順版が観たかった »

2016年4月 2日 (土)

「エヴェレスト 神々の山嶺」:映画になっていないような・・・

354205_004
映画『エヴェレスト 神々の山嶺』は、うーん、映画として成り立っているんですかね、これ? それぞれのシーンはそれなりに力が入っているし、一応のストーリーはあるのですけれど、いかんせん物語がとってつけたようで、全く迫って来ません。逆に言えば、物語なんかなくても似たようなものって感じ。全編がプロモーション・ビデオ的で、ストーリーが生きることがないのです。パッと見は映画になってるんですけど、実のところかなりスカスカな映像ショーになっています。平山秀行監督だというのに・・・。

354205_003

役者だって悪くないんですよ。でも、力入れ過ぎです。阿部寛にしても岡田准一にしても、「ぬぉおおおおおー!」「ぐぉおおおーー!」「ふぁいとおおおー!」「いっぱぁああーつ!」って感じで、血管切れそうです。ただでさえ濃い人たちなのに。 おかげで尾野真千子なんか、影が薄い薄い。ほとんど出てる意味がないような・・・。

354205_005

山登りに何の興味もない大江戸にしてみれば、まったく意味の分からない世界です。なぜこんな危険なことしなくちゃいけないのか? 理解の遥か先ですね。そもそもヒゲが凍るほど寒いなんて、まっぴら御免です。くわばらくわばら。

354205_002

そもそもが、登山の訓練などほとんどしていない岡田が、なんであんなに登れちゃうのか? そんな根本からして謎すぎます。

角川映画の40周年記念作って、『セーラー服と機関銃 ~卒業~』にしても本作にしても、かなり滑っちゃってますよねえ。まあ春樹さんは本屋というよりは映画屋だったんだけど、歴彦さんは映画屋じゃなくて本屋なんでしょうねえ、やっぱり。

|

« 「あまくない砂糖の話」:ヘルシー食品の欺瞞に挑む | トップページ | 「蜜のあわれ」:鈴木清順版が観たかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/64779729

この記事へのトラックバック一覧です: 「エヴェレスト 神々の山嶺」:映画になっていないような・・・:

» 『エヴェレスト 神々の山嶺』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: 平山秀幸 キャスト: 岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕… [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 04時23分

» エヴェレスト 神々の山嶺〜主演は阿部寛 [佐藤秀の徒然幻視録]
ここに俺がいるからだ 公式サイト。夢枕獏原作、平山秀幸監督。阿部寛、岡田准一、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、風間俊介、甲本雅裕、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇 ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 09時21分

» エヴェレスト 神々の山嶺 [映画的・絵画的・音楽的]
 『エヴェレスト 神々の山嶺』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、エヴェレストの威容が映し出された後、一人の男がもう一人の男の写真を撮っているところが描かれ、ナレーションがかぶさ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 09時37分

» 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』★試練と愛と―最高峰に挑んだ男たち [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165592/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・写真家(深町):岡田准一 ・登山家(羽生):阿部寛 映画『 エべレスト3D 』では、観光登山での登りやすい工夫を知りましたが 攻める登山家:羽生は違う。 エヴェレスト山頂を目指すだけで..... [続きを読む]

受信: 2016年4月 3日 (日) 19時19分

» エヴェレスト 神々の山嶺 [象のロケット]
1993年ネパール、カトマンドゥ。 カメラマンの深町誠は、エヴェレスト初登頂の記録を塗り替えるかもしれない可能性を秘めたカメラを骨董屋で見つけた。 そのカメラの行方を追ううちにたどり着いたのは、数年前に消息を絶った孤高の天才クライマー羽生丈二。 帰国後、羽生の過去を調べ始めた深町は、彼が前人未踏の登攀を計画していることをつかむ…。 山岳ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年4月 5日 (火) 16時50分

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「エヴェレスト 神々の山嶺」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 第11回平成10年度柴田錬三郎賞を受賞した夢枕獏原作の小説を、「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督、岡田准一×阿部寛主演で映画化。 「ビジネスジャンプ」に連載されていたコミック版は、随分前に読了済。ストーリー面等、原作小説との大小の差異は存じ上げないが、それにし... [続きを読む]

受信: 2016年4月12日 (火) 20時48分

« 「あまくない砂糖の話」:ヘルシー食品の欺瞞に挑む | トップページ | 「蜜のあわれ」:鈴木清順版が観たかった »