« 湘南、鹿島に完敗し、最下位続く | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」:海より深い親の愛 »

2016年4月17日 (日)

「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で

355360_004
映画『ルーム』は、タイミング的によく公開が問題にならずセーフだったなあって気がする「監禁」モチーフの作品(もちろん大江戸は、こういう時期でも決して公開を問題視したりなどしません)。でもタッチはあくまでも繊細でソフト。そしてもちろんテーマは監禁ってわけではありません。

355360_005

序盤、部屋の中で徐々に状況をわからせていく構成が巧みです。台詞や行動の端々から、観る者はだんだんとこの母子の置かれた状況を認識できるように作られているのです。

中盤にはスリリングかつ感情を揺さぶる展開があり、この映画のクライマックスとなっています。クライマックスが、意外なほど早い段階で来てしまうのです。 中でも、あの初めて生で見る青空と少年の表情!

355360_006

そして第3のパートは、さまざまな葛藤が詰まっています。人間、世界、家族、親子、順応、怒り、憎しみ、愛・・・。それらを乗り越えて、まず子どもが、そして母が、暗闇から光りある世界に戻って来るのです。 ただ映画的には地味な、ゆったりしたパートなので、どうも1本の映画を通してのバランスが良くありません。中盤までの高得点が、最終的には少し下がってしまうというか・・・。決して悪くはないのですが、難しいものです。

355360_001
100人中100人が、この母子の演技には感銘を受けるのではないでしょうか。特に5歳の息子役ジェイコブ・トレンブレイ君の絶妙の演技には、圧倒されます。学芸会にならず、過剰にならず、でもしっかり伝えるべきものを伝え、観る者を揺さぶる演技。末恐ろしい天才です(でもハリウッドの天才子役って、だいたいしょーもない道をたどってしまうのでねえ・・・。そうならないように!)

|

« 湘南、鹿島に完敗し、最下位続く | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」:海より深い親の愛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65029938

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で:

» ルーム〜卵の殻を破る時 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アイルランド=カナダ。原題:Room。エマ・ドナヒュー原作・脚本、レニー・アブラハムソン監督。ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショ ... [続きを読む]

受信: 2016年4月18日 (月) 08時56分

» ルーム [象のロケット]
若い母親と幼い息子ジャックが暮らしているのは天窓が一つあるだけの狭い<部屋>。 二人はそこで、歯磨きや入浴をし、ストレッチや駆けっこをして遊ぶ。 簡単な料理や、ケーキだって作れる。 この部屋が二人の世界すべてだった。 しかし母親は、5歳になったジャックに外の世界を見せようと決意する…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年4月18日 (月) 17時15分

» ルーム [映画的・絵画的・音楽的]
 『ルーム』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作は、本年のアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主演のブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ベッドに寝ている5歳のジャック...... [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 07時17分

» [映画『ルーム』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
「ルーム」本予告 ☆・・・傑作ですね。 時節がら、そのようなテレビでの宣伝をされていないけど。 17歳で誘拐された少女が七年間の監禁生活の中で子供を宿し、その子が五歳になり物心がつく、その時点で《監禁「ルーム」》からの脱出を決意し、そして、その...... [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 07時37分

» ルーム [Akira's VOICE]
決別から始まる希望の人生。   [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 10時38分

» ルーム [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【ROOM】 2016/04/08公開 アメリカ 118分監督:レニー・アブラハムソン出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー はじめまして、【世界】。 STORY:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の...... [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 12時53分

» 映画「ルーム」 [FREE TIME]
映画「ルーム」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年4月21日 (木) 22時12分

» ルーム [とりあえず、コメントです]
エマ・ドナヒューの小説「部屋」をブリー・ラーソン主演で映画化した作品です。 ブリー・ラーソンは『ショート・ターム』を観た時に印象的だった上に、今回のアカデミー賞で受賞していたので どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 本当に厳しい状況を強いられた主人公と彼女の心の支えとなっていく5歳の息子との絆に 胸が震えるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2016年4月23日 (土) 19時39分

» ルーム ROOM・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「部屋」から「世界」へ。 17歳の時に誘拐された少女が、7年間の監禁生活の間に生まれ育った息子と共に決死の脱出を試み、奇跡的に生還を果たす。 実にサスペンスフルな展開だが、本当のドラマはその後に始まる。 小さな「部屋」しか知らず、未知なる「世界」に戸惑う息子と、世間の好奇の目にさらされながら、奪われた人生を取り戻そうとする母。 偽りの世界から、本当の世界に足を踏み入れた母子は、新...... [続きを読む]

受信: 2016年4月23日 (土) 22時56分

» ハロー、世界。~『ルーム』 [真紅のthinkingdays]
 ROOM  ボクは今日、5歳になった。天国から天窓を通って、この部屋で毎日毎日泣 いていたママのところにやってきた日から、5年が経ったんだ。もうボクは大き いから、何でも知っているし、何でもできるんだ・・・。  17歳で誘拐され、納屋に監禁されているジョイ(ブリー・ラーソン)は、一人 でジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)を産み、狭い 「部屋」 の中で...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 2日 (月) 13時07分

» ルーム ROOM・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「部屋」から「世界」へ。 17歳の時に誘拐された少女が、7年間の監禁生活の間に生まれ育った息子と共に決死の脱出を試み、奇跡的に生還を果たす。 実にサスペンスフルな展開だが、本当のドラマはその後に始まる。 小さな「部屋」しか知らず、未知なる「世界」に戸惑う息子と、世間の好奇の目にさらされながら、奪われた人生を取り戻そうとする母。 偽りの世界から、本当の世界に足を踏み入れた母子は、新...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 2日 (月) 14時12分

» 「ルーム」 [ここなつ映画レビュー]
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだろう。実際に7割方その思いで鑑賞していた。ジャックの目線で観る時にも、自分が育てた幼子の姿になぞらえて感情移入したと言っていいだろう。自分自身の遠い記憶の幼子時代よりも、むしろ。しかし、最も胸を突いたセリフは、ジョイの実母が発した「人生を壊されたのは自... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 16時25分

» 『ルーム』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: レニー・アブラハムソン キャスト: ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレン… [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 01時19分

» その部屋を出たあとの・・・ [笑う社会人の生活]
9日のことですが、 映画「ルーム」を鑑賞しました。 施錠された狭い部屋に暮らす5歳のジャックと母親ジョイはオールド・ニックによって7年間も監禁 そこで生まれ育った息子にとって この部屋こそが世界の全て ある日ジョイはこの部屋しか知らない息子に外の世界を教え...... [続きを読む]

受信: 2016年5月13日 (金) 01時33分

» ルーム ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月15日 (日) 15時32分

« 湘南、鹿島に完敗し、最下位続く | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」:海より深い親の愛 »