« 「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で | トップページ | 「モヒカン故郷に帰る」:ちょっと冗長なオフビート・コメディ »

2016年4月18日 (月)

「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」:海より深い親の愛

354523_002
映画『クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』は、一昨年の上出来作『ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』に次ぐ高橋渉監督作品。やはり大人の心情やペーソス部分は、なかなかしみるものがありました。でも、あそこまで届かなかった作品でもありました。あ、劇団ひとりが共同脚本で参加していたりします。

354523_007

まあ、もともと夢の世界のようなアニメ世界の住人であるしんちゃんたちなので、改めて「夢の世界」と言われても、はぁ、そうなんですかって感じ。特段イメージの飛翔もないし・・・。ただ、子供向けアニメなのに「悪夢」を大きく扱っているあたりは、大胆不敵ですね。

354523_011

一方で、リアルな親の心情に寄り添う部分は見事に感動させます。恥ずかしいぐらいの台詞でも、こんな『しんちゃん』の中なのでむしろセーフっていうところを、上手に利用しているのです。ストレートに親の愛は海よりも深しと唱えています。

354523_010

今回の色物ネタとしては、「とにかく明るい安村」が登場。こちらは特に面白くなかったのですが、突如出てきた「大和田獏」ネタは結構笑えました(子ども、わかんねーよ)。

1時間37分なのに、2時間ぐらいに感じられました。うーん、ちょっとテンポ悪かったですねえ。

|

« 「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で | トップページ | 「モヒカン故郷に帰る」:ちょっと冗長なオフビート・コメディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65048978

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」:海より深い親の愛:

» 映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [象のロケット]
夜、しんのすけ、母みさえ、父ひろし、妹ひまわり、それぞれが見ていた幸せな夢は、突然、悪夢に変わってしまう。 そんな時、サキという少女が転校してきた。 しんのすけ、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんらと共に、カスカベ防衛隊の仲間になったサキだったが、彼女にはある秘密があった…。 人気アニメ劇場版第24弾。... [続きを読む]

受信: 2016年4月19日 (火) 02時18分

» 「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/シンエイ動画=テレビ朝日 配給:東宝 監督:高橋 渉原作:臼井儀人脚本:劇団ひとり、高橋 渉 アニメ「クレヨンしんちゃん」の長編劇場版24作目。夢の世界を舞台に、しんのすけたちが冒険... [続きを読む]

受信: 2016年4月24日 (日) 20時37分

« 「ルーム」:繊細かつソフトで、子役が天才で | トップページ | 「モヒカン故郷に帰る」:ちょっと冗長なオフビート・コメディ »