« また雑件でーす | トップページ | 「ファブリックの女王」:こんなドイヒーな人が創ったのね »

2016年5月21日 (土)

「緑はよみがえる」:静かでリアルな戦場の恐怖

352804_001
映画『緑はよみがえる』は、タイトルから受ける印象とは全く違う、渋い渋い苦渋に満ちた作品。作家の個人的思いが前編を貫く低予算作品の反戦映画ってことにおいて、塚本晋也の『野火』を連想しないわけにはいきませんでした。両作とも戦争の怖さを(違う方法で)見事に表現していることにおいても共通しています。

352804_003

序盤はあまりに静謐で、台詞もささやくようで、間合いもやけに長くて、催眠効果十分でした。しかし、雪山に一発の銃声が轟いた瞬間、スクリーンの中の空気が一気に変わりました。ぞっとするほどリアルな戦場の空気へと一変したのです。 (以降ネタバレあり) 自分の目の前で人が撃たれて死んだという生々しい感覚と、次は自分かもという恐怖。『野火』の対極にあるミニマムな描写と音響で、戦争の恐ろしさ、残酷さを表現して見事です。

352804_002
みんなが身を潜めている塹壕が爆撃される場面の恐怖も、これまでのどんな映画でも味わったことの無い種類のもの。砲撃の爆発音がリアルにリアルに迫って、しかもそれがだんだんと近づいてくる絶望的な恐怖感。待ってるしかない怖さ。いやー、これは凄いです。『プライベート・ライアン』とは180度違うやり方で、戦場の迫真の恐怖を味あわせてくれるのです(何回「恐怖」という言葉を使ったかな)。

また、自然の造形美を代表するようなカラマツの木が爆撃で炎に包まれる場面は、美しいものを全て壊してしまう戦争、神の作りし人間をも破壊し尽してしまう戦争の悪を示しているようでした。352804_005

こんな戦争映画(反戦映画)って、これまでありませんでしたね。鎮魂歌のような、祈りのような映画。しかも「敵」は最後まで見えません。それが暗示することもありそうですね。

76分という短さも、無駄が無くて素晴らしいです。1-0の勝利を最も美しいとするイタリアのサッカーみたいで・・・。

|

« また雑件でーす | トップページ | 「ファブリックの女王」:こんなドイヒーな人が創ったのね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65607873

この記事へのトラックバック一覧です: 「緑はよみがえる」:静かでリアルな戦場の恐怖:

» 『緑はよみがえる』 緑なき白銀の世界 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『木靴の樹』のエルマンノ・オルミ監督の最新作。  この『緑はよみがえる』に合わせて『木靴の樹』のほうも全国で順次再映されているとのこと。  1917年のイタリア。白銀の雪に埋もれるような塹壕でイタリア軍兵士たちはオーストリア軍と対峙している。敵の姿は見えないが遠くから砲弾の音は聞こえる。司令部からは現地を知らない無茶の命令が届き、塹壕のなかの兵士たちは困惑するのだが……。 ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月22日 (日) 14時02分

« また雑件でーす | トップページ | 「ファブリックの女王」:こんなドイヒーな人が創ったのね »