« 渋谷のマックからの、時代はジャパン | トップページ | 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」:チーム対抗コスプレ戦 »

2016年5月 5日 (木)

「追憶の森」:妻はキイロ、娘はフユ

355273_001
映画『追憶の森』は原題が“The Sea of Trees”。樹海ですね。舞台は青木ケ原樹海です。やたらと過去を振り返る回想シーンの多い映画なので、「追憶」とつけたのも納得ではあります。主要登場人物は3人(マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ)なので、役者としてはたっぷり芝居を見せられる映画です。

355273_004

ここ数年の好調を持続して、マシュー・マコノヒーの演技が見事です。抑制が効いて、しかもじわりと感情を滲ませて・・・うまいです。

彼とナオミ・ワッツの夫婦ゲンカ場面の息詰まる冷戦ぶりといい、そこからの仲直り?ぶりといい、かなりリアルに迫って来ました。さすがです。

355273_003

(以降ネタバレあり) 終盤に至るや、物語は神秘主義的なファンタジー・ワールドへと移行します。そっちへシフトした当初は、「へ?」と思ったのですが、最後まで観てみれば「まあ、これはこれで」と一応納得できる話だと思いました。あのキイロとフユという変な名前(まあフユは変じゃないのですが)の謎が解ける結末など、あまりにも無理矢理なんですけど、ちょびっとだけ感動できました。

355273_002

それにしても「キイロ」って・・・。せめて「きい」だったら、北乃きい という実例もあったのに。ちなみにきいちゃんの芸名は「黄色」のイメージがあるからついたのだそうです。 てか、そもそも「ミドリ」にしとけば極めて自然だったのにねえ(なぜ指摘しなかったのか、日本人スタッフ)。

|

« 渋谷のマックからの、時代はジャパン | トップページ | 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」:チーム対抗コスプレ戦 »

コメント

名前が日本人としてありきたりなハルとかナツ、アキ、ミドリじゃまずいでしょう。却って神秘性が伝わらないのでは。キイロとフユじゃないとダメなんです。

投稿: 佐藤秀 | 2016年5月 5日 (木) 23時27分

うーん、あえて珍しい、あるいはほとんど無いような名前にしたということですか。
いずれにせよ、アメリカ人にしてみれば私のような引っ掛かりは何も無いわけですもんね。

佐藤秀さんのブログ、いつもいつもの深読み、裏目読み、卓見に感心しながら楽しませていただいております。今後ともよろしくどうぞ。

投稿: 大江戸時夫 | 2016年5月 6日 (金) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65333431

この記事へのトラックバック一覧です: 「追憶の森」:妻はキイロ、娘はフユ:

» 追憶の森〜記憶のカケラを実体化する男? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Sea of Trees。ガス・ヴァン・サント監督。マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ、ジェームズ・サイトウ、玄理。アメリカ人のアーサー(マシュー・マコノ ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 23時17分

» 追憶の森 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(11) せっかく映画の日で安いんだからってことで本作をチョイス! [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 23時53分

» 映画『追憶の森』★彷徨った魂の森に咲いた花を見つけたとき [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167775/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督:ガス・ヴァン・サント ・マシュー・マコノヒー (=アーサー) ・渡辺謙(=タクミ) 自殺目的のアメリカ人が、青木ヶ原の樹海に入るも 出口を探す日本人と出逢って、死ぬのをやめる―― ..... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 01時41分

» 「追憶の森」 [ここなつ映画レビュー]
もうなかなかの年月を生きてきて、色んな事を経験して、本を読んで映画を観て、自分の知らない世界の事も垣間見たような気になって、社会生活ではその場その場でのお作法も学んで、物事を大人として客観的に見たり俯瞰で見たりする訓練を経て、想定内やいつか来た道だと思う事が増え、斜に構えたり、冷静を装ったり、時には多勢に無勢でやり過ごしたり、強く何かを願う事が稀になってきたり、まあいいかと諦める事が増えたり、そんなやさぐれた私にでさえ、心に染み渡る大人の童話だった。スピリチュアルな作品は、…スピリチュアルなものを信... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 12時40分

» 追憶の森 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『ミルク』などのガス・ヴァン・サント監督が、「The Black List 2013」(製作前の優秀脚本)に選出された脚本を映画化。死に場所を求めて青木ヶ原樹海にやって来たアメリカ人男性が、自殺を思いとどまり樹海からの脱出を試みる日本人男性と出会ったことで、人生を見つめ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 18時40分

» 追憶の森 [象のロケット]
富士山の北西に広がる青木ヶ原樹海の森。 この地を訪れたアメリカ人男性アーサーの目的は、永遠の眠りにつくことだった。 死の準備を始めた彼の前に、怪我をした日本人男性タクミが現れる。 見かねたアーサーは、薬にふらつきながらもタクミを森の出口へ案内しようとするが、方向感覚を失った二人は森をさまようことに…。 ドラマティック・ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 00時43分

» 追憶の森 [映画好きパパの鑑賞日記]
 富士のふもと青木ケ原樹海を舞台に、マシュー・マコノヒー、渡辺謙の演技合戦が見られます。ただ、抑制されすぎているうえ、映画での死生観が、ちょっと自分にはよく分からなかったかな。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:マシュー…... [続きを読む]

受信: 2016年5月 9日 (月) 06時51分

» 青木ヶ原樹海~『追憶の森』 [真紅のthinkingdays]
 THE SEA OF TREES  アメリカから片道切符で日本にやってきたアーサー(マシュー・マコノヒー) は、富士山麓の青木ヶ原樹海にやってくる。そこで彼は、満身創痍で道に迷 い、助けを求めるナカムラ・タクミと名乗る男(渡辺謙)と出逢い、森の出口を 探して行動を共にするのだが・・・。  カンヌ映画祭で悪評が立ち、本国アメリカでは公開日...... [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 21時21分

» 『追憶の森』('16初鑑賞47・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月5日(木・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 11:55の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2016年5月13日 (金) 20時31分

» 追憶の森/THE SEA OF TREES [我想一個人映画美的女人blog]
今やアカデミー俳優と呼ばれるようになったマコ様こと、 マシュー・マコノヒー日本を代表する国際派俳優、渡辺謙ガス・ヴァン・サント監督作品。 (「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「エレファント」「ミルク」「誘う女」...... [続きを読む]

受信: 2016年5月17日 (火) 15時11分

» 死の森で出会った人は・・・ [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「追憶の森」を鑑賞しました。 アメリカ人男性アーサーは自殺を決意し青木ヶ原樹海を訪れるが森の奥深くでけがを負った日本人男性タクミと出会う アーサーと同じく死のうと来たが考え直し 出口を求めてさまよっていた アーサーは放っておけず一緒...... [続きを読む]

受信: 2016年5月19日 (木) 21時03分

« 渋谷のマックからの、時代はジャパン | トップページ | 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」:チーム対抗コスプレ戦 »