« 湘南、ようやくホーム初勝利!! | トップページ | 今日の点取占い250 »

2016年5月30日 (月)

「ディストラクション・ベイビーズ」:時代を写した問題作ですが・・・

355276_001
映画『ディストラクション・ベイビーズ』は、なかなかの問題作として位置づけられるでしょう。主人公の理由なき暴力、理由なき自己破壊。彼の存在に、そして彼をめぐる人々に、現代が匂います。でも小生は、ちょっとあきれちゃった口ですけどね。

355276_006

とにかくキャスティングが成功してます。主人公は、今の日本では柳楽優弥意外に考えらえません。この得体の知れない、言葉なんか通用しそうにない、リアルなヤバさ。 ああ、『誰も知らない』のシュッとした少年が、なんでこんな怪人になってしまったのでしょうか?と思いますよね。

355276_003

菅田将暉はいつもながらのチャラい役、を飛び越えてむしろ「ゲスの極み男」。本人とどこまで近いんだか遠いんだかわかりませんが、こういうアタマ悪いサイテー男の役やらせたら日本映画史上ナンバーワン役者でしょう。 (以降ネタバレあり)ブチ切れた小松菜奈の怒りがこいつに向かった時、正直「いいぞ!やっちまえ!」って思いましたもん。この時の小松菜奈の逆上演技は、振り切ってて見事でした。

355276_004
ただ、本作において肝心の「殴り」に今一つ迫力がないような気がしたのは、小生だけでしょうか?引きの絵が多いからかなあ。 殴る音も「カツン」とか「カポン」とかって感じで(それがリアルなのかも知れませんが)、 普通映画やTVで用いる効果音の方が重厚で迫力があるのです。

何一つまとめないラストを含め、既成の映画的常識をできるだけ破壊(ディストラクション)しようとしているのでしょうけれど、うーん、それが作品のパワーを「カルト」止まりにしている気もいたしました。 たとえば『青春の殺人者』の地点にまでは、遠く及ばないと思うのです。

|

« 湘南、ようやくホーム初勝利!! | トップページ | 今日の点取占い250 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65761463

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディストラクション・ベイビーズ」:時代を写した問題作ですが・・・:

» 『ディストラクション・ベイビーズ』 共感はできないけれど、目を離すこともできない [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督はこの作品がメジャーデビュー作となる真利子哲也。  暴力的な衝動がモチーフになっているところからも推測されるように、タイトルは村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』を意識しているようだ。そして、“ディストラクション”とはDistraction(気晴らし、動揺)とDestruction(破壊)という似た発音の言葉から発想されたものだとか。  泰良(柳楽優弥)は最初から最後ま...... [続きを読む]

受信: 2016年5月31日 (火) 00時29分

» 破壊の申し子~『ディストラクション・ベイビーズ』 [真紅のthinkingdays]
 松山市西部の港町・三津浜。そこでケンカに明け暮れていた泰良(柳楽優弥) は、ある日突然姿を消す。弟の将太(村上虹郎)は兄を探して、松山の繁華街へ と向かう。  「楽しければええけん」  街を彷徨い、とり憑かれたように殴り殴られ、血を流しても、倒れても何度で も喧嘩を吹っ掛ける。そこには大義名分どころか、言葉も理由もない。ただ殴り、 ただ殴られるだけ。そんな怪物のよう...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 1日 (水) 08時06分

» ディストラクション・ベイビーズ [象のロケット]
愛媛県松山市の小さな港町・三津浜。 海沿いのプレハブ小屋で弟・将太と2人きりで暮らす少年・芦原泰良は、日々、喧嘩に明け暮れていた。 一人で松山の中心街へ出た後も、意味もなく喧嘩を仕掛けてばかりの泰良。 そんな彼に興味を持った高校生・北原裕也が、「オレとおもしろいことしようや」と声をかけ、二人の危険な遊びが始まる。 その頃、将太は松山市内で兄を捜していた…。 バイオレンス・アクション。 R-15 ≪目をそむけるな≫... [続きを読む]

受信: 2016年6月 2日 (木) 06時38分

» ディストラクション・ベイビーズ〜今様坊っちゃん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。真利子哲也監督。柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、北村匠海、岩瀬亮、三浦誠己、でんでん。舞台が愛媛県松山市だからという訳ではないけれど、夏 ... [続きを読む]

受信: 2016年6月 3日 (金) 19時32分

» 『ディストラクション・ベイビーズ』 純粋破壊衝動 [Days of Books, Films ]
Destruction Babies(viewing film) 自主映画の世界 [続きを読む]

受信: 2016年6月10日 (金) 12時25分

« 湘南、ようやくホーム初勝利!! | トップページ | 今日の点取占い250 »