« 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル | トップページ | 「海よりもまだ深く」:円熟の人間喜劇 »

2016年6月11日 (土)

「64 ロクヨン 後編」:健闘の後編

354943_001
前編を観てから心待ちにしていた映画『64 ロクヨン 後編』を、さっそく公開初日に観ました。最近の前・後編分割作品が、ほとんど後編で失速していることを考えれば、大いに健闘しています。面白いと思いますし、前編同様その熱量に圧倒される場面も多々あります。でも、あの前編を受けて、発展させて、見事に締めくくる作業が100%できたかというと、ちょっと足りないんじゃないかなあ。いい線まで言ってるだけに、残念です。特に「原作とラストを変えた」とか聞くと、(原作は未読ですが)そうしない方が良かったんじゃないの?などと思えてしまうのです。

354943_006
そうなると、やっぱり長くても1本の映画にした方が良かったんじゃないの?との思いも頭をもたげて来て、どうにもスッキリしないのであります。2009年の『沈まぬ太陽』は3時間22分あっても、途中休憩入りの1本で上映してくれたものでしたけどねえ(あの作品も、「組織内で辛い立場に立たされた男の、苦闘の物語でした)。

354943_002

役者陣では、佐藤浩市が前半ほどには目立たなく、ますますもって群像劇の様相を呈しておりますが、三浦友和が良かったですね。あの押し出しというか、企業の役員みたいな貫録って、今の日本映画界においては貴重です。滝藤賢一もほんの2-3年の間に、日本映画界に欠かすことのできないポジションを獲得しましたね。  でも小生が一番印象に残ったのは、(後編は回想場面と写真でしか登場しませんが)、永瀬正敏の亡妻役の小橋めぐみさんの美しさと佇まいなんですけど。

354943_003
なんだかんだ言いましたが、この時代に本作のような堂々たる大人向けの骨太シリアス・エンタテインメントを作った方々には、敬意を表したいと思います。パチパチ。 願わくはヒットして、同様の企画を考えている人を勇気づけ、後押しする力となりますように。

|

« 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル | トップページ | 「海よりもまだ深く」:円熟の人間喜劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65970268

この記事へのトラックバック一覧です: 「64 ロクヨン 後編」:健闘の後編:

» 劇場鑑賞「64 -ロクヨン- 後編」 [日々“是”精進! ver.F]
ロクヨン事件の終焉… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606110000/ 映画「64-ロクヨンー前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2500円(税込、送料無料) ... [続きを読む]

受信: 2016年6月12日 (日) 05時13分

» 64−ロクヨン−後編 [佐藤秀の徒然幻視録]
公私混同は都知事だけじゃない 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、柄本佑、窪田正孝、小澤征悦、金井勇太、椎名桔平、滝 ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月13日 (月) 21時16分

» 64 ロクヨン 後編 [象のロケット]
時効が1年後に迫る「ロクヨン」の捜査員を激励するため、警察庁長官が県警を視察し、被害者の雨宮宅を慰問することになった。 その交渉役として三上は10数年ぶりに雨宮家を訪れるが、被害者の父・雨宮からは長官の訪問を断られてしまう。 そんな時、県内で「ロクヨン」そっくりの少女誘拐事件が発生。 報道協定をめぐり、広報室はまた記者クラブと揉めることに…。 ミステリー後編。... [続きを読む]

受信: 2016年6月13日 (月) 21時26分

» 64ーロクヨンー後編 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
昭和64年に起こった誘拐事件には警察の隠蔽体質があったことがわかっている。それを解明しながら、平成14年の模倣した事件も解決するのを期待していた。できれば最新の技術を使って綿密な捜査を貫く人間が出てきて、警察の闇を白日の元にさらしてほしかった。... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 22時42分

» 「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやってくれたというかんじ。... [続きを読む]

受信: 2016年6月16日 (木) 22時17分

» 64 ロクヨン 後編 [映画的・絵画的・音楽的]
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしきる中で公衆電話ボックス(注1)に入って電話をかけようとする雨合羽の男の姿が映し出さ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月17日 (金) 06時52分

» 『64 -ロクヨン- 後編』('16初鑑賞57・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2016年6月17日 (金) 23時16分

» 『64-ロクヨン- 後編』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: 瀬々敬久 キャスト: 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、三浦友和、永瀬正… [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 06時14分

» 64-ロクヨン-後編 [to Heart]
上映時間 119分 原作 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊) 脚本 瀬々敬久/久松真一 監督 瀬々敬久 音楽 村松崇継 主題歌 小田和正『風は止んだ』 出演 佐藤浩市/綾野剛/夏川結衣/緒形直人/榮倉奈々/窪田正孝/坂口健太郎/筒井道隆/小澤征悦/金井勇太/柄本佑/忍成修吾/...... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 09時19分

» 64 ロクヨン 後編 [勝手に映画評]
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。 って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容だった...... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 14時14分

» 『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村トオル、三浦友和、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆鶴田真... [続きを読む]

受信: 2016年6月20日 (月) 06時24分

» 64-ロクヨン-後編 [我想一個人映画美的女人blog]
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫るロクヨン捜査の真相と、 現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末とは   前編レビュー64前編   平成14年12月。時効まであと1年と迫った...... [続きを読む]

受信: 2016年6月22日 (水) 09時02分

» 「64 ロクヨン」前編・後編 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/TBS=コブラピクチャーズ他 配給:東宝 監督:瀬々敬久 原作:横山秀夫 脚本:久松真一、瀬々敬久 脚本協力:井土紀州エグゼクティブプロデューサー:平野 隆企画:越智貞夫 2012年... [続きを読む]

受信: 2016年6月24日 (金) 02時05分

» 「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯人追跡で娘の無念を晴らした父親の執念 [オールマイティにコメンテート]
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ... [続きを読む]

受信: 2016年7月 1日 (金) 00時20分

« 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル | トップページ | 「海よりもまだ深く」:円熟の人間喜劇 »