« 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 | トップページ | 湘南、磐田を破りホーム連勝! »

2016年6月17日 (金)

今クールのドラマの感想

やたらと魅かれる期待作が多くて困った今クールのTVドラマ。初回は5本を見てみたのですが、まず月9史上最低視聴率となった『ラヴソング』(フジ)は1回でやーめた、となりました。続いてクドカンさんの社会派『ゆとりですがなにか』(日テレ)は3回でやめちゃいました。で、最後まで見たのは3本。一番視聴率の高い『99.9』(TBS)は見てませんでしたー。

『重版出来!』(TBS)は一番面白かったです。毎回、苦労とやりがいの「お仕事讃歌」として、平明な気持ちの良い仕上がりになっていました。出版業界、マンガ業界、書店の裏側が興味深く描かれておりました。いつもと違うコミカルでポジティブな黒木華が新鮮でしたし、彼女の衣装が毎回ユニークで可愛かったです。能年玲奈にオファーしたけど実現に至らなかった役と聞いてからは、黒木さんが能年ちゃんんい見えました(表情とかそっくりなことも多くて)。そして、オダギリジョーの先輩編集者がカッコ良かったなあ。

『世界一難しい恋』(日テレ)は、波瑠さん目当てでしたが、彼女の魅力はまあ中ぐらいかな。お話と大野君の社長キャラは、まあバカバカしいと思いつつも、一応楽しめました。北村一輝、小池栄子、小堺一機ら脇役たちが健闘しておりました。

『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS)はさっき終わりましたが、ラストがなかなか異色。え?こんな終わり方ってアリなんですかい?? ってぐらいの変化球。こちらは中谷(美紀)さん目当てで見てましたけど、恋愛指南、婚活指南の物語がなかなか面白かったですよ。中谷さんも達者なコメディ演技で、結構でした。

世評の高い『トットテレビ』(NHK)は、見逃した回が多かった上に、小生にはどうもフィットしませんでした。確かに満島さんの黒柳さんは感じ出てましたけど・・・。

でもNHKさんに関しては、朝ドラ(『とと姉ちゃん』)と大河(『真田丸』)が安定の面白さです。

|

« 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 | トップページ | 湘南、磐田を破りホーム連勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66073509

この記事へのトラックバック一覧です: 今クールのドラマの感想:

« 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 | トップページ | 湘南、磐田を破りホーム連勝! »