« 「ヒメアノ~ル」:全編が不穏な衝撃作 | トップページ | 「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な »

2016年6月 3日 (金)

日本、3戦連続の大量得点勝ち!

復活したサッカー・キリンカップ(その間は「キリン・チャレンジ・カップ」でした)の日本vs.ブルガリア@豊田スタジアムをTV観戦。アナウンサー氏は「日本は準決勝に進出」的な言い方をしてましたが、これ4チームが2戦ずつ戦うので、確かに初戦が準決勝扱いなんですけど・・・。へんなの。

結果は日本が7-2(前半4-0)の圧勝。今年に入ってからの代表戦は、3月のアフガニスタン戦が5-0、シリア戦も5-0、そして今日が7-2と、3試合で17-2というオドロキのスコア。サッカーのスコアではありませんね。「決定力不足」なんて、いつの話だ?って感じです。

気持ちの良いゴールが続きました。個人の技とチームの連係がどちらも素晴らしい、ビューティフル・ゴールの数々。ハリルホジッチも終始余裕の表情でした。そりゃー、こういう試合やってくれたら、監督は78364悩み無用ですもんね。 まあ2失点はいただけなかったけど、3点目かと思わせたPKは横っ飛びの川島が見事に止めましたから。今日の川島は、ちょっと反応が鈍いシーンもあっただけに(腕一本で掻き出したシーンもありましたが)、あのシュート・ストップで、監督の信頼を大きく引き寄せましたよね。

清竹のクォリティの高さ、香川のキレキレの動き(あの反転からのシュート!)、酒井宏樹の攻守にわたる積極性、吉田麻也驚きの2得点、宇佐美の必至の守りによる貢献(+1得点)、ジャガー浅野の速さと積極性、そして喜びのアモーレ愛梨・・・と、見るべきポイントの多い試合でした。PKを与えた原口のプレイはダメだったなあ(あの場所であのプレイは意味ないっす)。

ブルガリアも時差ボケだったかもしれませんが、まあ基本的に日本にとっては「相性の良い」チームだったってことでしょう。がっちり守られたら、相変わらず苦戦することと思います。でも前半などは、「これが見たかった」って感じにワンタッチパスが続き、攻めも守りも見事に連動していました。ハリル・ジャパンが完成してきたのでしょうか? まあ、親善試合なので、これで判断はできませんけどね。先週のトゥーロン国際大会におけるU-23代表の、あまりのパスの回らなさ、ミスの多さに目が慣れていたので、よけいうまく見えたのかも知れません。

来週火曜は、ハリルホジッチ監督の故郷ボスニア・ヘルツェゴビナが決勝の相手となるので、楽しみですよね。

|

« 「ヒメアノ~ル」:全編が不穏な衝撃作 | トップページ | 「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65829866

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、3戦連続の大量得点勝ち!:

» 田野岡大和くん無事保護の件を前振りに、6月3日のプロ野球とサッカー日本代表戦 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。【速報】北海道の不明男児見つかる 話もでき無事(北海道新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/gmlQbj213x #Yahooニュース 思うところは色々あれど無事でよかったですね。 atnbsp;06/03 09:42ssasachan / スーパーサウ…... [続きを読む]

受信: 2016年6月 4日 (土) 07時56分

« 「ヒメアノ~ル」:全編が不穏な衝撃作 | トップページ | 「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な »