« 「少女椿」:ライトでポップな当世風 | トップページ | かっぱえびせん限定版コレクション »

2016年6月22日 (水)

「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」:エンタテインメントの方には振りません

355429_001
映画『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』は、ナチスの親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを裁く1961年の裁判をTV放映した男たちの実話をもとにした作品。そう、『ハンナ・アーレント』で、題材になったあの裁判です。極めてまじめです。それは、映画作りの姿勢においてもまじめということで、エンタテインメントの方には振りません。そうなるのを、良しとしない感じです。

355429_006

前半はイスラエルでの裁判までの準備、後半は裁判のTV中継をめぐるあれこれです。TVプロデューサーと、彼が起用した監督を中心に物語は進みます。 それほど圧倒的なドラマがあるわけではなく、生真面目に淡々とファクト(事実)とファクター(要素)を積み重ねていきます。エンタテインメントの方には振りません。

355429_003
裁判の場面になると、アイヒマンの実際のTV放映映像やホロコーストの記録映像が、かなりの量使われます。それを見られるという意味において、貴重な映画です。裁判の「撮り方」に関して、プロデューサーと監督の意見が対立するところが、本作随一のドラマティック・シーンです。あとは、ドラマ的な演出を良しとしない覚悟が見て取れます。エンタテインメントの方には振りません。

355429_004

この裁判中継の監督が、決して感情を表さないアイヒマンに「なぜだ?なぜだ!」となるのですが、ここだけはちょっとしつこい感じ。『ハンナ・アーレント』でも描かれた「悪の凡庸さ」を知っている我々にしてみれば、「だってあいつは官僚で、上の命令を下に流しただけだと思ってるんだから、つまり自分の罪を認識していないんだから、あんなもんでしょうよ」と思うのですが、彼はそこがどうしてもわからないのでしょうね。

というわけで、本作の予習には『ハンナ・アーレント』やら「悪の凡庸さ」に関する何らかの知識が必要なのに、本作にはそこが欠落しているので、観る者にとっては少々不親切だと思うのです。

|

« 「少女椿」:ライトでポップな当世風 | トップページ | かっぱえびせん限定版コレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66159351

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」:エンタテインメントの方には振りません:

» アイヒマン・ショー / 歴史を映した男たち [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス  ドラマ  監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ  出演:マーティン・フリーマン      アンソニー・ラパリア      レベッカ・フロント       ... [続きを読む]

受信: 2016年6月22日 (水) 23時44分

» 『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: ポール・アンドリュー・ウィリアムス キャスト: マーティン・フリーマン、… [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 00時17分

» 「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち 」 [ここなつ映画レビュー]
マスコミ魂を描いた秀作。たまたまであるが、「スポットライトー世紀のスクープー」を観た次の鑑賞作品がこちらであった。どちらも真実を暴くドキュメンタリーの制作過程を追ったものであり、その制作過程で発信者がどのように仕事を行い、苦悩するかの様が描かれている。「スポットライト〜」が新聞社のペンでの闘いであるならば、こちらは映像を通しての闘いである。だが、違いはその表現手法にあるだけではない。アイヒマンの裁判風景を中継で放映するチームの中に一人の演出家がおり、その彼が、単に実録として裁判を粛々と流すのではなく... [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 14時08分

« 「少女椿」:ライトでポップな当世風 | トップページ | かっぱえびせん限定版コレクション »