« 「教授のおかしな妄想殺人」:落語のような味わい | トップページ | 「ヴィクトリア」:全編1カットの衝撃 »

2016年6月14日 (火)

「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念

353460_002
映画『殿、利息でござる!』は、広告のトーンや予告編の感じからして『超高速!参勤交代』のようなコメディなのかと思っていたら(阿部サダヲ主演だし)、意外と真っ当なドラマなのでした。でも正直小生はコメディに期待しておりました。

353460_003

まあ多少のくすぐりはあるのですが、基本的にはマジメなお話。そもそも阿部サダヲが主役ってわけでもないじゃん! だけどビリング(クレジットの序列)は阿部が瑛太や妻夫木聡を差し置いてトップ。阿部って、そこまで人気ありましたっけねえ(阿部寛でもないのに)?

353460_004
そもそも映画の中で聞いてるだけだと、なんでこんな大金をかき集めた上で殿様に貸し付けて利子だけもらう方法が名案なのかが、今一つよくわかりませんでした。素人目には、そんな金があるんならそれ自体を生かせばいいじゃんと思ったのですが・・・。まあ、それだと商店主たちも拠出しないってことなんでしょうかねえ。

353460_005

まあ、「ちょっといい話」なのですが、それ以上のものではありませんし、中村義洋演出は相変わらず切れ味がよろしくないのです。クライマックスもそう盛り上がるわけではありませんし。

山﨑努さんはさすがに良い味。一方で、ポーカーフェイスの松田龍平は、幅の無い一本調子で、意外とつまらなかったです。 そして、羽生くんを出演させようとした人は、なかなかの商売人だよなあと思いました。

|

« 「教授のおかしな妄想殺人」:落語のような味わい | トップページ | 「ヴィクトリア」:全編1カットの衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66023924

この記事へのトラックバック一覧です: 「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念:

» 殿、利息でござる! [映画的・絵画的・音楽的]
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次いで...... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 05時24分

» 殿、利息でござる! [佐藤秀の徒然幻視録]
借金をなくさなければ、日本は滅びるpart2 公式サイト。磯田道史原作、中村義洋監督。阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西 ... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 09時37分

» 映画『殿、利息でござる!』★“無私”のドタバタに笑い心打たれる [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168121/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ 原作:磯田道史「無私の日本人 」 ・大和町のHPです→ コチラ 殿様にお金を貸して利息を取る! ――そもそも、すごい発想です。 ^^; 村人が、貸すお金..... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 18時49分

» 殿、利息でござる! [象のロケット]
今から250年前の江戸時代。 金欠の仙台藩は百姓や町人へ重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策があると打ち明けられる。 それは藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、逆転の発想! 水面下で千両(現在の3億円)もの大金を集める、前代未聞の頭脳戦が始まった…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2016年6月16日 (木) 19時36分

» 殿、利息でござる!★★★★ [パピとママ映画のblog]
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売る...... [続きを読む]

受信: 2016年6月17日 (金) 10時52分

» 殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ポスターではちょんまげが銭になった阿部サダヲが、鋭い眼光で睨みつけているが、これは庶民の財テクの話ではない。 藩から押し付けられた労...... [続きを読む]

受信: 2016年6月18日 (土) 19時27分

« 「教授のおかしな妄想殺人」:落語のような味わい | トップページ | 「ヴィクトリア」:全編1カットの衝撃 »