« 「ノック・ノック」:心の中は血しぶきだらけ | トップページ | U-23代表、南アに大勝 »

2016年6月28日 (火)

「二重生活」:なんか不快な尾行映画

355346_006
映画『二重生活』は、一番短く言っちゃえば「尾行映画」。尾行のスリルやハラハラと覗き見的ドキドキ感があります。とはいうものの、決して楽しい作品ではありません。いや、むしろ不快な作品です。その不快さのかなりの部分は、主人公の門脇麦から漂っているのですが・・・(この人には昔っから、イラッと来るようなオーラを感じるのです)。彼女が長谷川博己にとっちめられる場面では、「そうだ! ざまーみろ!」と思いましたもん。 ま、デート・ムービーにはなりませんよね。

355346_001

今年は小池真理子原作小説としては『無伴奏』も映画化されました。あれもかなり変な作品でしたが、こっちもそこそこ変ですよ。登場人物の解せない行動とか、怪しい管理人さんの仕掛けた防犯カメラのモノクロ映像の異様にホラーな感じ(貞子でも出て来そうです)とか。管理人さんに扮したのが誰かと思ったら、お久しぶり烏丸せつこだったので、結構驚きました。なかなかの存在感でした。 そして西田尚美さんは、いい感じにお綺麗で結構でした。リリー・フランキーさんと並んで歩くあたり、住宅のCMでの深津絵里さんとリリーさんとの夫婦役に雰囲気が似ておりました。

355346_002_2

それにしても教授、学生にこんな事やらせちゃまずいでしょ。軽犯罪になったりしないのでしょうか?ならなくても、道義的にはいかがなものかと思います。もちろん、やっている主人公が一番良くないことは確かでして・・・尾行がバレてちょっとビビッてからも、かなり身勝手なことばかりおっしゃいますもん(そこらが現代的なのかも知れませんが)。

355346_005

この題材で2時間6分は、長過ぎ。あと15分ぐらいは無理なく摘まめるのでは? 門脇が延々とつまんない話をしてる場面とかありますもんね(長谷川が「つまらん話だ」ととっちめますけど)。

でも東京ロケはそれなりに生き生きしてます。表参道や飯田橋あたり。何ヶ所か「ああ、あそこだ」とわかりました。 水族館シーンは八景島シーパラダイスだとエンド・クレジットに出ておりました。

|

« 「ノック・ノック」:心の中は血しぶきだらけ | トップページ | U-23代表、南アに大勝 »

コメント

トラックバック、ありがとうございます。
私も、自分のブログにも書きましたが、
門脇麦さんの自分語りの場面は、
滑稽に思えました。

彼女は子供過ぎですね。
もっと大人の女になって
出直してほしいです^^;

投稿: 青山実花 | 2016年7月 2日 (土) 07時15分

青山実花さん、コメントありがとうございます。
そうですね。彼女はすべて「自分が」「自分は」で、他者がまったく見えてないんでしょう。困ったものです。

投稿: 大江戸時夫 | 2016年7月 2日 (土) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66251568

この記事へのトラックバック一覧です: 「二重生活」:なんか不快な尾行映画:

» 二重生活 [象のロケット]
大学で哲学を学ぶ女子学生・珠は、ゲームデザイナーの恋人・卓也と同棲中。 修士論文のテーマ設定に悩んでいた彼女は、担当教授・篠原から、無作為に選んだ一人の対象を追いかけて、その人物の生活や行動を記録する「哲学的尾行」を勧められる。 近所の一軒家に妻子と暮らす編集者・石坂を対象と定めた珠は、彼の尾行にのめり込んでいく…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2016年6月29日 (水) 09時06分

» 『二重生活』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: 岸善幸 キャスト: 門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、河井青葉、篠原ゆき子… [続きを読む]

受信: 2016年6月30日 (木) 01時23分

» 「二重生活」 [のんびり。]
〔2016年/日本〕 大学院で哲学の勉強をする白石珠(門脇麦)は、 講師の篠原(リリー・フランキー)から、 修士論文のテーマに、 「哲学的尾行」をしてみたらどうか、と言われる。 ターゲットを定め、 その人間の後をつけ、 行動を全て記録する。 条件は、対象者と絶対に関わってはいけない、という事。 珠は、自宅マンションから見下ろせる位置にある 一軒家の主・石坂(長谷川博己)を尾行する事に決めるが、 絵に描いたような、幸せな家庭を築いている石坂に 実は愛人がいる事を知る。 珠には同棲して... [続きを読む]

受信: 2016年7月 2日 (土) 07時16分

» 二重生活 ★★ [パピとママ映画のblog]
『愛の渦』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』などの門脇麦を主演に迎え、小池真理子の小説を映画化したサスペンス。抑え切れない好奇心から、近所の既婚男性を尾行することにハマっていく主人公を描写する。ヒロインを取り巻く男性たちを『鈴木先生』シリーズなどの...... [続きを読む]

受信: 2016年7月 2日 (土) 12時17分

» 二重生活〜余り物の自意識の捨て場所 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。小池真理子原作、岸善幸監督。門脇麦、長谷川博己、リリー・フランキー、菅田将暉、河井青葉、篠原ゆきこ、宇野祥平、岸井ゆきの、西田尚美、烏丸せつこ。フランスの ... [続きを読む]

受信: 2016年7月 5日 (火) 22時01分

» 二重生活 [映画的・絵画的・音楽的]
 『二重生活』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)『太陽』で見た門脇麦の主演作というので、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ソフィ・カルの『本当の話』から引用された文章が映し出された後、電気のついていない部屋に入ってきた男がコートを脱いで机に向...... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 07時18分

» 二重生活 [映画好きパパの鑑賞日記]
 小池真理子の心理サスペンスをシリアスなタッチで映画化しました。演技派がそろっており、終わった後に心がひっかかる、見応えのある作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:岸善幸 出演:門脇麦、菅田将暉、長谷川博己 上映時間:126分 評価★★★★(五段階…... [続きを読む]

受信: 2016年7月16日 (土) 06時08分

» 二重生活  監督/岸 善幸 [西京極 紫の館]
【出演】  門脇 麦  長谷川 博己  菅田 将暉  リリー・フランキー 【ストーリー】 大学院に通う25歳の珠は、19歳のときに遭遇したある出来事をきっかけに長い間絶望のふちをさまよっていたが、最近ようやくその苦悩から解放された。彼女は一緒に住んでいる恋人卓也と、...... [続きを読む]

受信: 2016年7月17日 (日) 16時30分

« 「ノック・ノック」:心の中は血しぶきだらけ | トップページ | U-23代表、南アに大勝 »