« 日本、3戦連続の大量得点勝ち! | トップページ | 「デッドプール」:ようやくMX4Dを初体験 »

2016年6月 4日 (土)

「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な

354944_001
映画『世界から猫が消えたなら』は、うーん、ピュアな外見なのですけれど、観てみたらまさにマーケティングの産物みたいな作品でした。まあメジャーな娯楽作品ですから、それが悪いってことは全然ありませんけど、・・・でも、あまりにもクリシェの積み重ねで、薄くてコクがないんですよねー。原作は川村元気プロデューサー自身の書いたベストセラー小説。岡田惠和脚本だってのに、こうなっちゃうという悲しさ。

354944_002

(以降ネタバレあり) 脳腫瘍・・・もう、これを使って泣かせる映画作るのってやめましょうよ。法律で取り締まってほしいくらいの禁じ手です。まあ、そこにもう一技からませてはいるのですが、結局は死病映画ですもんねえ。しかも、母親の死病までからませているんですから。さらに、死神のような、メフィストのようなドッペルゲンガーを出すってのも、さんざん使われてきた手ですし・・・。

354944_016

そもそも悪魔との取り引きで何かを世界から消していくことによって、その記憶や存在が無かったことになってしまうなんて、それを繰り返して虚しい世界で行き永らえてもしょうがないことぐらい、最初の段階で気づきそうなものなのに。大江戸だったら、「映画」の段階でもうギブアップですね。世界から映画が消えたなら・・・いや、それはあり得ません。このエピソードを通じて、「映画なんて無くても困らないけど、でもそんな世界ってどうなのよ?」って訴えかけているあたりは嫌いじゃありませんけどね。

佐藤健のたたずまいは、(じれったいところも含めて)ちゃんと本作の354944_007主役にふさわしいものであり、「悪魔」との二役も含めて、過不足のない演技です。 『バンクーバーの朝日』以来映画はちょっと久々の宮﨑あおいは、やっぱり良いですねえ。『あさが来た』のはつも良かったけれど、こちらも現在の等身大のあおいちゃんで、地味に素敵です。彼女、30歳になったんですねえ(しみじみ)。

それにしても、『ファイト・クラブ』と『花とアリス』の2本立てって、どういう映画館ですか!?

|

« 日本、3戦連続の大量得点勝ち! | トップページ | 「デッドプール」:ようやくMX4Dを初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65847710

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な:

» 世界から猫が消えたなら〜DVDを巡る物語 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。川村元気原作、永井聡監督。佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子。30歳の僕(佐藤健)は郵便配達員で手紙が重要な役割を果たし、さら ... [続きを読む]

受信: 2016年6月 5日 (日) 00時27分

» 世界から猫が消えたなら [象のロケット]
30歳の郵便配達員の僕は、猫のキャベツとふたり暮らし。 脳腫瘍で余命わずかと宣告されて茫然とする僕の前に、僕と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界からひとつ、僕にとって大切な物を消すごとに、僕に一日分の命をあげると言う。 ひとつ物が消えるたびに、僕の世界は変わっていく…。 ラブ・ファンタジー。 ≪世界は愛であふれてた。≫... [続きを読む]

受信: 2016年6月 6日 (月) 15時11分

» 映画「世界から猫が消えたなら」 [FREE TIME]
映画「世界から猫が消えたなら」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年6月 9日 (木) 22時44分

« 日本、3戦連続の大量得点勝ち! | トップページ | 「デッドプール」:ようやくMX4Dを初体験 »