« 「団地」:THE EXTREME 怪作 | トップページ | 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル »

2016年6月 9日 (木)

「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作

355570_001
映画『ヘイル、シーザー!』は、コーエン兄弟が“やっちまった”失敗作。映画好きな人が、映画への愛を題材に、映画や映画館が題材の映画を作ると、結構な確率で失敗する--その見本みたいな映画になってしまいました(その点、トリュフォーは偉かったなあ)。映画館でも、終映後に明らかに期待外れだったという白けた空気が観客から漂っておりました。コーエン兄弟としては、『レディ・キラーズ』に並ぶ“やっちまった”作品でしょう。

355570_005

ハリウッド黄金時代の映画へのオマージュなんでしょうけれど、今観ると、「で?」って感じ。水中レビューや水兵ダンスや史劇や西部劇や探偵ものの中の1場面だけ再現してくれても、特段の感興は湧きませんよねえ。

355570_003

出演スターたちも(ジョシュ・ブローリン以外は)ちょこっとずつの登場で、まあ「顔見世興行」ですね。こういう贅沢ができる監督が、この世に3人(4人だけど)います。ウディ・アレンとスコセッシとコーエン兄弟です。今回は、スカーレット・ヨハンソン、レイフ・ファインズあたりが良くって、誘拐されたジョージ・クルーニーは、ちょっと情けな過ぎて精彩を欠きました(こんなクルーニー、見たくない)。

355570_004
『シリアスマン』『トゥルーグリット』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』と、近作は大江戸好みだったコーエン兄弟ですが、3年ぶりのこの新作は、ちょっと擁護できませんねえ。趣味に走り過ぎると、ろくなことは無いようで・・・。

|

« 「団地」:THE EXTREME 怪作 | トップページ | 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65934859

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作:

» ヘイル、シーザー!〜モンローみたいなスカちゃん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Hail, Caesar!(カエサル万歳!)。ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ ... [続きを読む]

受信: 2016年6月 9日 (木) 23時51分

» ヘイル、シーザー!/HAIL, CAESAR! [我想一個人映画美的女人blog]
イーサンコーエン&ジョエルコーエン監督最新作 コーエン兄弟のは、わたしの中でも作品ごとでかなり好みに分かれる。 これまで数多く観てきたけどその中でも、めちゃつまんないと思うのもあれば好きなのも。 「赤ちゃん泥棒」「未来は今」「ビッグリボウスキ」「ノ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月10日 (金) 23時16分

» ヘイル、シーザー! [象のロケット]
1950年代のハリウッド。 超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、世界的大スターで主演俳優のウィットロックが誘拐されてしまう。 事件解決を任されたのは、スタジオのあらゆるトラブルを解決する“何でも屋”エディ・マニックス。 彼は密かに身代金の準備をするが、スクープ屋の耳に入ったのか、既に事件は周囲に知られていた。 そんな中、ウィットロックは海辺のとある“家”で目を覚ます…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2016年6月12日 (日) 07時33分

» ヘイル、シーザー! [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【HAIL, CAESAR!】 2016/05/13公開 アメリカ 106分監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン出演:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月13日 (月) 16時30分

» ヘイル、シーザー! [映画的・絵画的・音楽的]
『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白をして...... [続きを読む]

受信: 2016年6月16日 (木) 05時39分

» ヘイル、シーザー!・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
虚構の街の狂想曲。 ケネス・アンガーの著書「ハリウッド・バビロン」を思わせる、コーエン兄弟のメタ的ハリウッド論。
 舞台は1950年代、ジョッシュ・ブローリンが好演するエディ・マニックスは、キャピトル映画制作部のエライ人だが、MGMのスタジオ・エグゼクティブだった同姓同名の人がモデル。 スーパーマン役で知られる、ジョージ・リーヴスの自殺の真相をモチーフとした「ハリウッドランド」で、...... [続きを読む]

受信: 2016年6月18日 (土) 19時21分

» コーエン流 50sハリウッド [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。 1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中 主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動いて...... [続きを読む]

受信: 2016年6月30日 (木) 07時48分

» 「ヘイル、シーザー!」 [ここなつ映画レビュー]
もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょうどいい作品。つまり、可もなく不可もなく、という娯楽作品である。しかし、しかーし!本当は深〜いのかもしれない。当時のアメリカでは(って正確にいつの時代設定だかは知らないけど)赤狩りの嵐が吹き荒れ、その影響がハリウッドにまで及んでいる頃だった筈だから。「何で... [続きを読む]

受信: 2016年6月30日 (木) 12時13分

» ヘイル、シーザー!★★★・5 [パピとママ映画のblog]
オスカー常連のジョエル&イーサン・コーエン兄弟によるサスペンスコメディー。ハリウッド黄金期を舞台に、超大作映画の撮影中に誘拐された大スターを奪還すべく、スタジオに雇われた何でも屋による捜査を描く。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、チャニング・テ...... [続きを読む]

受信: 2016年7月 7日 (木) 17時44分

« 「団地」:THE EXTREME 怪作 | トップページ | 「高台家の人々」:いろいろと赤面レベル »