« 「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 | トップページ | 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 »

2016年6月15日 (水)

「ヴィクトリア」:全編1カットの衝撃

355538_005
映画『ヴィクトリア』は、2時間19分全編を1カットで撮影した劇映画(クレジットを除くと2時間14分だそうですが)ってことで、画期的。ヒッチコックの『ロープ』はフィルムロールの切れ目をうまいことごまかしてますが、実際にはカットが切れています。ソクーロフの『エルミタージュ幻想』は現実と幻想が入り交じるセミ・ドキュメンタリー。『バードマン』はCG合成でカット割りなしに見せかけた作品。でも、こいつは一切ごまかしナシの1カット。上映時間=撮影時間なのです。フィルムからデジタルになって長時間の連続撮影が可能になり、カメラが小型化して移動が容易になり、暗所でもクリアな絵が撮れるようになったからこそ可能になった作品です。

355538_004

全編長回しの効果というのは、主人公との一体化。リアルタイムで行動を共にしているような気分になれるところ。かなりハラハラし、絶望の雲に覆われ、息苦しくなり、と感情移入してしまいました。 そもそもこのヒロインが行っちゃいけない方にばかり行ってしまうので、こちらとしては終始「やめとけ!」「行くな!」と思っておりました。だって、あんなヤバそうな4人の男たちに、よくひょこひょこと着いていっちゃうなんて! そこにリアリティがないといえばないのですが、そうしないと物語が転がっていきませんからねえ。355538_003

でも、童顔なこの女性がどうしようもなく冒険や禁を犯すことが好きな性格で、心のうちで悪いことに魅かれている人物だということが、小出しにわかってくるあたり、なかなか巧みなのです。けっこう可愛い娘なのに、あんなオッサン顔の男に惹かれてしまうあたりも、まあ世の中にはありがちなことですから。 ヴィクトリア役のライア・コスタは、全編を通しての奮闘と変化が圧巻です。

355538_002

本作を観て思うのは、「2時間あれば、何でも起きちゃう」「人生はたったの2時間で、まったく別の地点に行ってしまう」ということです。恐るべきほどに。 そしてラスト・シーンの後に関しても、あれやこれやと想像してしまいました。

それにしてもチンピラの一人が、狭いエレベーター内で平気でタバコを吸うのには驚きあきれましたね(食料品店の店内でも吸ってましたし)。ヴィクトリアも(ノン・スモーカーなのに)それを全く意に介さない風でしたし。へんなの。

|

« 「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 | トップページ | 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66039810

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴィクトリア」:全編1カットの衝撃:

» 『ヴィクトリア』 ワンカット撮影で登場人物の時間を体験する [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 140分のワンカット撮影というチャレンジングな作品。  監督は役者としても活躍しているというセバスチャン・シッパー。  ベルリンの街に来たばかりで友達もいないヴィクトリア(ライア・コスタ)は、クラブで声をかけられた男たちと仲良くなる。マンションの屋上で盗んできたビールを飲みながら下らない話で盛り上がったヴィクトリアは、夜明け前のひと時を楽しく過ごす。一度は彼らと別れるものの...... [続きを読む]

受信: 2016年6月16日 (木) 21時12分

» ヴィクトリア [象のロケット]
スペインからドイツ・ベルリンへやって来た女子留学生ヴィクトリアは、カフェでアルバイト中。 深夜、クラブで踊った後の帰り道、彼女は地元の若者4人組から声をかけられる。 ドイツ語が不慣れなヴィクトリアと彼らは、ぎこちない英語での会話ながら意気投合! 別れる間際、重大なトラブルが発生したと言う4人に頼まれ、彼女は車の運転を引き受けるのだが…。 サスペンス・スリラー。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 07時15分

» 「ヴィクトリア」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2015年・ドイツ 配給:ブロードメディア・スタジオ 原題:Victoria監督:セバスチャン・シッパー製作:セバスチャン・シッパー脚本:セバスチャン・シッパー、オリビア・ネールガード=ホルム、アイケ... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 12時10分

« 「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 | トップページ | 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」:北風から太陽への変化 »