« 今日の点取占い250 | トップページ | 日本、3戦連続の大量得点勝ち! »

2016年6月 2日 (木)

「ヒメアノ~ル」:全編が不穏な衝撃作

354629_001
映画『ヒメアノ~ル』、いやー、いろんな意味で凄かったです! 素晴らしい衝撃作です。ジェイストームなのに、よくこれにGoを出しましたね、ってGO森田を出してるわけですけど・・・。

『純喫茶磯部』も『さんかく』も大好きだったんですけど、吉田恵輔監督、遂に決定打を放ちましたね。予備知識少なく観たのですが、ノックアウトされました。

354629_005

原作マンガについては知りませんでしたが、とにかく99分の映画として見事。ほぼ半分過ぎた所で出るタイトル(『山河ノスタルジア』同様に50分ぐらい経ってから出ました)を境に、前半/後半のトーンが違って来ますし、どちらも嫌な感じであり、どちらも惹き込むのです。とにかく全編が不穏で、一時も目を離せません。そして怖いです。次にどんなヤバイことが起きるのだろうというこの怖さは、園子温の『冷たい熱帯魚』に通じるものがありますね。

354629_004
その怖さの中心にいる狂気が森田剛なのです。善悪の尺度など意味をなさない、映画史上稀に見る過激な怪物です。演技的には彼自身も評価すべきでしょうが、それよりも彼を取り巻く人々の濃さが凄いです。 濱田岳は変わらぬいつもの濱田岳(でも存在自体が特殊に強い)。ムロツヨシはイッちゃってる怖さをかなりの不気味レベルで表現しておりました。そして駒木根隆介(ホテルで働く和草役)って、なんなんすか?この(素人にも近いように見える)マジヤバ感。

で、最強なのが佐津川愛美! 今までも数々の「曲者(くせもの)」を演じてきた彼女ですが、今回は基本的にえら354629_003く可愛くて、曲者揃いのこの映画の中で、意外にもストレートな役です。でも女子がまとう演技性を、演技の中に絶妙のバランスで表現しており、そこがスリリングかつハートに響く不可思議なゆらぎとなっていて、それはそれは見事な女優演技なのです。

数ある暴力シーン、殺人シーンの数々がかなり生々しく、さすがはR-15指定なのですけど、それもこの作品の魅力には違いありません。耐性の無い無い人が見たら、トラウマになりそうです(森田ファンの女性は大丈夫なのでしょうか?)。でも、その過激さや不穏さこそが、本作の悪魔的な魅力となっているのです。

|

« 今日の点取占い250 | トップページ | 日本、3戦連続の大量得点勝ち! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65812962

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒメアノ~ル」:全編が不穏な衝撃作:

» ヒメアノ〜ル〜凶暴と弛緩 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。古谷実原作、吉田恵輔監督。森田剛、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと、濱田岳。タイトルは小型のトカゲ、ヒメトカゲのことで強者の餌食に ... [続きを読む]

受信: 2016年6月 2日 (木) 23時23分

» ヒメアノ〜ル [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2016/05/28公開 日本 R15+ 99分監督:吉田恵輔出演:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ めんどくさいから殺していい? STORY:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 3日 (金) 16時38分

» ヒメアノ〜ル ★★★★ [パピとママ映画のblog]
過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇を描く。監督は、『さんかく』『銀の匙 Silver Spoon』な...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 3日 (金) 19時50分

» ヒメアノ〜ル [象のロケット]
地方出身の25歳の青年・岡田は現在、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている。 ある日、カフェ店員のユカに恋をした職場の先輩・安藤から恋のキューピット役を頼まれた岡田は、ユカが働く店を訪れる。 岡田はそのカフェで元同級生・森田と偶然再会するが、森田は高校時代とは別人のような雰囲気を漂わせていた。 ユカが森田のストーカー行為に悩まされていると知った岡田と安藤は、彼女を守り抜くと宣言する…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2016年6月 4日 (土) 07時49分

» 「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。... [続きを読む]

受信: 2016年6月 4日 (土) 23時37分

» ヒメアノ〜ル  監督/吉田 恵輔 [西京極 紫の館]
【出演】  森田 剛  濱田 岳  佐津川 愛美  ムロツヨシ 【ストーリー】 普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田と再会。...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 6日 (月) 23時19分

» ヒメアノ〜ル・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
平凡な奴が、一番怖い。 日本映画史に類を見ない大怪作だ。 
ダメ人間たちの恋愛模様と、その裏で進行するおぞましい犯罪の物語はごく単純、でも簡単には語れない。 原作は古谷実の同名コミック。 「ヒメアノ~ル」って何だろうと思ったら、“小さなトカゲ”のことだとか。 古谷実は「ヒミズ」もモグラの名前だったし、主人公を動物に暗喩するのが好きなのかもしれない。
 「銀の匙 Silver ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月 7日 (火) 21時42分

» ヒメアノ~ル [映画好きパパの鑑賞日記]
 前半はラブコメ、後半は緊迫した暴力映画となる問題作。森田剛がアイドルとは思えない、狂気の連続殺人犯を演じているうえ、ラストの着地が素晴らしく、見終わった後も強い印象が残る作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:吉田恵輔 出演:森田剛、濱田岳、佐…... [続きを読む]

受信: 2016年6月14日 (火) 06時40分

» 『ヒメアノ〜ル』 [こねたみっくす]
とんでもない映画だ! あんなラストを見せられちゃ、それまでの感情を全て否定してしまいたくなってしまうではないか!コミカルラブストーリーが残忍なシーンのスパイスとなって ... [続きを読む]

受信: 2016年6月16日 (木) 23時08分

» 「ヒメアノ〜ル」 [ここなつ映画レビュー]
ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田岳とムロツヨシの力量に負う所が大きいと思うが。いかにも邦画的な。一風変わった間合いを醸し出す。だから、笑うべき所ではちゃんと笑えたし、嫌悪を感じる部分ではそこそこに嫌悪を感じたりもできた。だがしかし、中盤、いやもう後半に差し掛かった頃、ラストに向かう怒涛の盛り上がりの前の、最後の静けさが覆い被さるシーンで、作品タイトルと主な出演者のテ... [続きを読む]

受信: 2016年6月17日 (金) 12時31分

» ヒメアノ~ル [とりあえず、コメントです]
古谷実著の同名コミックを吉田恵輔監督が森田剛主演で映画化したサスペンスです。 もの凄く大変な作品とは聞いていたのですけど、根性を入れて観てみようとチャレンジしました。 その根性も砕け散るようなハードなシーンに圧倒されてしまうような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 00時38分

» ヒメアノ~ル [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒメアノ~ル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)吉田恵輔監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、岡田(濱田岳)が用具を使ってビルの窓を拭いています。  すると、先輩の安藤(ムロツヨシ)が、「岡村君、ストップ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月28日 (火) 06時14分

« 今日の点取占い250 | トップページ | 日本、3戦連続の大量得点勝ち! »