« キリン杯、1勝1敗(でも準優勝w) | トップページ | 「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作 »

2016年6月 8日 (水)

「団地」:THE EXTREME 怪作

355088_001
映画『団地』は、驚くべき怪作ですね。阪本順治監督の映画を知っている人が観たら、あっけに取られてひっくり返ってしまいそうです。そして「阪本監督、頭がおかしくなったんじゃないか??」と思ってしまうような作品です。

355088_002

変でも何でも面白ければ、結構小生の好みなんですけど、この作品は合いませんでした。まあ大江戸の場合、阪本作品で面白いと思ったのって『魂萌え!』ぐらいなので、よっぽど相性が悪いのでしょうね。なにしろつまらなくて呆れていた『大鹿村騒動記』が「キネ旬」2位になって、ぶっとんだのが小生ですから。

355088_006
ネタは最初から想像できるように作ってありますが、本当にそのような「まさか」の展開になるので、あっけにとられます。いわゆる「四畳半SF」にがっぷり取り組んでおりますが、ぎくしゃくと異物感たっぷり。ヘンテコな笑いの要素も、あまり笑えなかったなあ。 終盤に主要登場人物2人+2人が大声で話し続ける場面などは、「もう勘弁してくれ」って感じに虚しかったです。撮影現場の光景を想像すると、さらに虚しくって・・・。

355088_007

(以降ネタバレあり) でも『キネマ旬報』見ても、映画サイトをみても、本作の評判が良いんですよねー。またしても、です。阪本順治の支持され具合に、こっちにしてみれば、「えーー??」って気持ちです。もしかして、良い評価を書いた人って、みんな地球に潜入している宇宙人だったりして。

|

« キリン杯、1勝1敗(でも準優勝w) | トップページ | 「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作 »

コメント

何を隠そう、私も宇宙人です(笑)。

えー「大鹿村騒動記」ダメでしたか。これ私は原田芳雄の遺作という事もあって、大好きなんですが。
“阪本ワールド”にどっぷり嵌まってしまっているのかも知れませんです。

投稿: Kei | 2016年6月19日 (日) 01時26分

Keiさん、コメントどうも。
うーん、宇宙人多いですねー。てことは、むしろ小生の方が宇宙人だったりして(笑)。
まあ、映画の好まは人それぞれってことで。

投稿: 大江戸時夫 | 2016年6月19日 (日) 21時01分

「好ま」じゃないよー。「好み」だよー。
てへぺろ😜

投稿: 大江戸時夫 | 2016年6月19日 (日) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/65918043

この記事へのトラックバック一覧です: 「団地」:THE EXTREME 怪作:

» 「団地」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本 配給:キノフィルムズ 監督:阪本順治 脚本:阪本順治 製作総指揮:木下直哉プロデューサー:武部由実子、菅野和佳奈 撮影:大塚亮 2000年度「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門ベ... [続きを読む]

受信: 2016年6月19日 (日) 01時12分

» 団地 [映画的・絵画的・音楽的]
 『団地』を新宿シネマカリテで見ました。 (1)阪本順治監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、浜村淳の朝のラジオ放送が流れている中で、主人公のヒナ子(藤山直美)が、団地3階の部屋のガラス戸を開け、ハタキをかけたり掃除機を動か...... [続きを読む]

受信: 2016年6月21日 (火) 06時16分

» 団地 [映画好きパパの鑑賞日記]
 ベテラン監督による、なんともけったいな作品。途中からのあまりの暴走ぶりに、賛否両論あるでしょうが、僕は好きな作品です。  作品情報 2015年日本映画 監督:阪本順治 出演:藤山直美、岸部一徳、斎藤工 上映時間:103分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:TO…... [続きを読む]

受信: 2016年6月24日 (金) 08時12分

« キリン杯、1勝1敗(でも準優勝w) | トップページ | 「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作 »