« 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う | トップページ | 変化球のポテトチップスなど »

2016年7月20日 (水)

「嫌な女」:松竹マークが良く似合うけど・・

353773_007
映画『嫌な女』は、黒木瞳の第1回監督作品。トーンはベタ過ぎるほど松竹映画。黒木が撮るんならもっと東宝風のものを想像していただけに(宝塚出身ですしね)、そのギャップに戸惑いました。だって、どうにもこうにも垢抜けなくって・・・。

353773_005

そう、昨日紹介した『日本で一番悪い奴ら』が’70年代の東映映画みたいだとしたら、こっちは’70年代の松竹映画そのものです。構図も芝居も編集も音楽も、みんな松竹映画らしさに満ち満ちているのです。

353773_006

ちょっと困っちゃったのは、肝心の主役二人が魅力的に見えないこと。吉田羊はいくらなんでも、抑えて抑えて地味すぎて、芝居の見せ場がありませんでした(1ヶ所を除いては)。対する木村佳乃は、「私、私・・・」と騒々しいだけのひどいキャラクターで、イタくて参りました。女優監督なればこそ、彼女たちをいつも以上に輝かせて欲しかったのですが、全くそうはなりませんでした。でも久々に見た永島瑛子だけは、かなりの儲け役でもあり、ただ一人魅力を放っていました(黒木監督とはどういう関係だったのでしょう?)。

353773_001
敵対していた二人(吉田、木村)がなんだかんだで仲良くなっちゃうあたりに説得力がないのが致命的です。無理があります。 この映画に先立ってNHKのBSプレミアムで放送されたドラマ版では、吉田の役を黒木瞳が、木村の役を鈴木保奈美が演じたそうですが、そっちの方が良かったのでは・・・と思っちゃいました。本作の方は、そんな出来だったのです。エンディングの竹内まりやがもったいないような・・・。

|

« 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う | トップページ | 変化球のポテトチップスなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66604866

この記事へのトラックバック一覧です: 「嫌な女」:松竹マークが良く似合うけど・・:

» 嫌な女 [映画好きパパの鑑賞日記]
 黒木瞳初監督作品ということで、導入の子供時代のシーンはアップテンポなBGMもあいまり、期待を抱かせたけど、どんどん尻すぼみ。全体的に印象的なショットが少なく、優等生的な絵作りだったからかもしれません。  作品情報 2016年日本映画 監督:黒木瞳 出演:吉田…... [続きを読む]

受信: 2016年7月20日 (水) 23時21分

» 嫌な女 [象のロケット]
石田徹子はストレートで司法試験に合格し、弁護士になった才媛。 29歳で結婚し、人も羨む幸せな人生…の筈が、仕事も結婚生活も実は上手くいっていない。 そんなある日、徹子の同い年の従妹で、婚約破棄で慰謝料を請求された女性・小谷夏子が訪ねてくる。 夏子は男をその気にさせる天才だった。 徹子は生来の詐欺師の夏子に振り回されることに…。... [続きを読む]

受信: 2016年7月21日 (木) 12時19分

« 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う | トップページ | 変化球のポテトチップスなど »