« 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) | トップページ | 夏の柴又逍遥 »

2016年7月28日 (木)

「セトウツミ」:類例のない会話映画

355581_001
映画『セトウツミ』は、若手演技派の双璧=池松壮亮と菅田将暉による芝居合戦(ま、双璧とは言っても、他にも同格の人は大勢いるのですが・・・染谷将太とか神木隆之介とか)。ゆるゆるでグダグダのオフビートなおかしさ。日本のジム・ジャームッシュ(初期の)でしょうか?

355581_004

二人のボソボソとした会話が、そこはかとなく、じわじわと おかしいのです。一抹のペーソスもはらみながら、決してウエットになることはありません。関西弁だからこそ成り立つ世界って気もいたします。

355581_002

「喋るだけの青春」ってコピーが示す通りの映画ですし、そういった意味で類例のない映画です(まあ原作漫画が類例のないタイプだってわけですけど)。

小生はマイルドヤンキーな菅田より、クールなインテリ池松の方がいいなあ。池松君もいつもながらのボソボソと抑揚355581_005のないしゃべり方なのですが、この役にはちょうどフィットしていました。

ピエロの扮装のバルーンアーティストに扮した宇野祥平は、最初誰かな?と思いましたが、見てるうちに「あ、宇野祥平の顔だ」とわかりましたよ。ふふふ。

「セトウツミ」って瀬戸と内海・・・、あ、「瀬戸内海」だったんですね。これ書いてて、初めて気がつきました(遅い?)。

|

« 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) | トップページ | 夏の柴又逍遥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66700559

この記事へのトラックバック一覧です: 「セトウツミ」:類例のない会話映画:

» セトウツミ〜ウツセミの徒 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。此元和津也原作、大森立嗣監督。池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ、鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、奥村勲、笠久美、牧口元美、宇野祥平。2人合わせて瀬戸内海なので海 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月27日 (水) 22時59分

» セトウツミ [映画的・絵画的・音楽的]
『セトウツミ』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)評判の若手俳優の2人が出演する作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、運河を走る船から見られる景色が次々と映し出された後(注2)、暗転して、整備された河川敷に設けられて...... [続きを読む]

受信: 2016年7月28日 (木) 05時22分

« 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) | トップページ | 夏の柴又逍遥 »