« 「シング・ストリート 未来へのうた」:ボーイズ&バンド映画の新たな古典 | トップページ | 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) »

2016年7月26日 (火)

「ファインディング・ドリー」:小生は『ニモ』の方が好き

355316_001
映画『ファインディング・ドリー』は、夏にぴったりの海と水族館の魚介ムービー。2D字幕版で観ました。なにしろ大江戸はピクサー作品中で『ファインディング・ニモ』が一番好き(ついでに水族館好き)なので、楽しみにしておりました。確かに技術的な素晴らしさは言うまでもなく、むしろどこまでも精巧にできるところを、あえてアニメ表現としてどの線にに留めておくかってことを繊細に選んでいるような印象を受けました。

355316_004

前作は父子の確執と愛情をメインに描いておりましたが、本作で大きくクロースアップされているのはハンディキャップとか欠損とかに関して。ドリーは幼少期からの過度の健忘症、ニモは右のひれがかなり小さく、タコのハンクは足が7本しかない。水鳥のベッキーも、知能に問題があるような・・・。

355316_002

それでもみんなで助け合えば、自分もそれを受け容れて出来ることを行えば、何かを成し遂げられるという、今日的かつディズニー的な教訓も、嫌味なく描かれております。

タコとかジンベイザメとかシロイルカとかアシカとか、キャラクターがいちいち魅力的なのも期待通り。特にタコのハンクの変身忍者っぷりがいいですねえ。

355316_005
でもちょっと長過ぎないですかねえ・・・と思ったら、そんなこともなく1時間43分でした(『ニモ』より3分長いだけ)。うーん、ちょっと後半ダレたんじゃないかなあ。『ニモ』のシンプルな冒険物語の方が好きな大江戸なのでした。 

併映短編は『ひな鳥の冒険』(Piper)。砂粒一つの表現に至るまでの見事さと、簡潔なストーリーの中の感情や喜びやセンス・オブ・ワンダーに圧倒される秀作短編でした。

|

« 「シング・ストリート 未来へのうた」:ボーイズ&バンド映画の新たな古典 | トップページ | 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66684690

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファインディング・ドリー」:小生は『ニモ』の方が好き:

» ファインディング・ドリー [象のロケット]
心配性のカクレクマノミ≪マーリン≫が、息子≪ニモ≫を救出するため、陽気な忘れんぼうのナンヨウハギ≪ドリー≫と共に奇跡の冒険をしてから1年。 みんなはグレート・バリア・リーフのサンゴ礁で幸せに暮らしていた。 ある日、ドリーは自分にも家族がいたことを思い出すが、生まれ故郷がどこなのかがサッパリわからない! ドリーはマーリンとニモに助けを求め、家族を探す旅に出る…。 冒険ファンタジー・CGアニメ第2弾。... [続きを読む]

受信: 2016年7月26日 (火) 09時24分

» 『ファインディング・ドリー』('16初鑑賞68・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。 2D・吹き替え版。 [続きを読む]

受信: 2016年7月26日 (火) 11時57分

» ファインディング・ドリー・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
みんな、どこかが欠けている。 ディズニー・ピクサーの追求する多様性の世界、再び。 13年前に大ヒットした「ファインディング・ニモ」の1年後を描く続編で、世界観・キャラクターはほぼ共通。 今回は、カクレクマノミのマーリン、ニモ親子の親友である、ナンヨウハギのドリーが主人公となり、彼女の記憶の中の両親を探してオーストラリアから遥かカリフォルニアへと、三匹が大冒険の旅に出る。 監督・脚...... [続きを読む]

受信: 2016年7月26日 (火) 23時50分

» ファインディング・ドリー [Akira's VOICE]
なにこれスギョいよ! 最高でギョざいますよ!   [続きを読む]

受信: 2016年7月30日 (土) 12時20分

» ファインディング・ドリー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ファインディング・ドリー』(吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判がいいので映画館に出かけてみました。夏休みに入ったこともあり、映画館はちびっこたちでごった返していました。  本作(注1)の冒頭は、ナンヨウハギのドリーが登場して、「ハーイ、あたしドリー。何でも忘れちゃう忘れん坊なの」(注2)と言います。  次いで、ドリーの両親が登場して、「みんなでお友達のフリをして遊びましょう」と言い、ドリーのパパが「隠れるから探して」と言ったのに対し、ドリーが「はい、パパ」と答えると、パ... [続きを読む]

受信: 2016年8月 2日 (火) 06時19分

» ファインディング・ドリー(日本語吹替版)  監督/アンドリュー・スタントン [西京極 紫の館]
【声の出演】  室井 滋 (ドリー)  木梨 憲武(マーリン)  上川 隆也(ハンク)  中村 アン(ディスティニー) 【ストーリー】 カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハギのドリーは、すぐに何でも忘れてしまう。ある日、子供のころの思い出がよみがえり、...... [続きを読む]

受信: 2016年8月 2日 (火) 21時11分

« 「シング・ストリート 未来へのうた」:ボーイズ&バンド映画の新たな古典 | トップページ | 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?) »