« 「FAKE」:嘘と真、善と悪・・・ | トップページ | 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う »

2016年7月18日 (月)

「ペレ 伝説の誕生」:ブラジルサッカー万歳!の娯楽映画

348081_004
映画『ペレ 伝説の誕生』は、意外なほど小規模な公開だったのに驚きましたが、日本ではこんなものなんでしょうかねえ。祝日の場内は、小学生の男の子と両親だとか、中学生の男の子同士だとか、そういった観客がかなり目立ちました(女性率低し)。

で、映画はそんな観客層にもフィットしそうな明瞭なサクセス・ストーリー。苦難からの成功あり、親子の愛あり、試合の興奮あり、感動ありと、サッカー好きにもそうでない人にもおすすめできる娯楽映画に仕上がってました。

348081_008
貧しい少年時代から時系列で、1958年のワールドカップ優勝までを描く正攻法です。冒頭の子供たちのリフティング遊びから、物事を効果的に見せる正確なカットを小気味良い編集でつなぎ合わせて、見る喜びを味あわせてくれます。つまり、腕のあるプロの仕事です。映画は最後までテンポ良く、飽きさせることなく進行します。

348081_001

試合の場面は正直言って「まあまあ」の描写なのですが、他のサッカー映画に較べてプレイヤーズ・レベル、ピッチ・レベルのカメラ位置が多かったですね。役者たちもサッカーの妙技を披露しなければならないわけですが、そこはさすがにブラジルというしかありません。お見事でした。

348081_002
本作はブラジル・サッカーの原点にして永遠のスピリットである「ジンガ」の喜びに満ちておりました。ヨーロッパのサッカーの方を好む大江戸ではありますが、こういうの見るとやはり、代表ってのはその国に根差した、その国ならではのサッカーで戦うべきだよなあと思わざるを得ません。イビツァ・オシムさんが日本代表監督に就任した際に掲げた「代表のサッカーの日本化を推進する」ってやつも同じことです。だから小生は今もなお、2010年W杯を闘うオシム・ジャパンを見られなかったことが残念でならないのです。

ブラジルの選手たちがW杯期間中の滞在ホテルで、リフティング遊びで「ジンガ」の活力を取り戻す素敵なシーンに、ペレ氏がカメオ出演しておりまして、場内も「おお!」ってどよめいたのでありました。

|

« 「FAKE」:嘘と真、善と悪・・・ | トップページ | 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66572524

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペレ 伝説の誕生」:ブラジルサッカー万歳!の娯楽映画:

» ペレ 伝説の誕生 [象のロケット]
1950年、自国開催のW杯決勝でブラジルは敗れてしまった。 9歳のエドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント、後に“ペレ”という愛称で呼ばれるようになる少年は、父ドンジーニョに「いつか僕がブラジルをW杯で優勝させる。」と宣言する。 サントスFCのスカウトが観戦する大会に出場したペレたちスラムの子どもたちは、裸足だったが見事なテクニックで勝ち進み、金持ちの息子ジョゼ率いるエリート集団との決勝に臨むことに…。 サッカー選手ペレの物語。... [続きを読む]

受信: 2016年7月20日 (水) 14時11分

» ペレ 伝説の誕生 [とりあえず、コメントです]
サッカー界のレジェンド、ペレがスター選手になるまでを描いた伝記ドラマです。 予告編を観て、ブラジルのスラムから希望の星となった少年の活躍を観たい!と楽しみにしていました。 1958年のワールドカップ戦には、サッカーは詳しくない私でもワクワクさせられるような展開が待ち受けていました。 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月21日 (木) 22時53分

» ペレ 伝説の誕生 [映画好きパパの鑑賞日記]
 20世紀最高の運動選手と言われたサッカーの神様ペレの若い頃を描きました。王道的なスポーツもので悪くはないけれど、サッカーシーンも含めて、想定内にまとまってしまった感じがします。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ジェフ・ジンバリスト、マイケル・ジン…... [続きを読む]

受信: 2016年7月27日 (水) 06時53分

« 「FAKE」:嘘と真、善と悪・・・ | トップページ | 「日本で一番悪い奴ら」:東映マークが良く似合う »