« 「葛城事件」:家族と言う地獄 | トップページ | 今日の点取占い252 »

2016年7月12日 (火)

「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・

355109_002
映画『ブルックリン』は、アカデミー作品賞にもノミネートされていたので気になっていたドラマ。確かに今日び珍しいほど、ドラマドラマした正統派ドラマです。ただ、それほど出来が良いこともなく、期待を下回ったことも事実です。まあ、主演のシアーシャ・ローナンが全然好みじゃないってこともあるんでしょうけど・・・。

序盤の、客船が嵐に遭っ355109_007て全員船酔い状態の中でロックアウトされてトイレが使えないという大ピンチの描写が切羽詰まって凄まじく、げんなりしちゃうほど印象に残りました。この船での教訓や入国時の教えを、数年後の彼女が別の女の子に伝えるというラストは、なかなか気が利いておりました。

355109_003

衣装は1950年代の再現に留まらず、色彩設計がかなりカラフルで結構です。特に主人公がアイルランド出身だというアイデンティティを、グリーンの多用で表しておりました(グリーンはアイルランドのシンボル・カラー)。それ以外にも、アイルランドとブルックリンの対比だとか、男女カップルのバランスの取り方だとか、この衣装デザイナーさん(オディール・ディックス=ミロー)いい仕事してます。

355109_001
無い物ねだりですが、もう少しブルックリンの街の「広い画」を見たかったです。まあ予算の関係も大きいのでしょうが、ブルックリン・パートが室内ばかり多かったのは残念でした(コニー・アイランドの場面は除く)。

主人公がラストの後の日々を幸せに過ごしたのかも気になりますよね。意地悪かも知れませんが、小生はどうもうまくいかなかったような気がしてならないのでありました。それを言っちゃあおしまいですが。

|

« 「葛城事件」:家族と言う地獄 | トップページ | 今日の点取占い252 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66477655

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・:

» ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
二つの人生は、生きられない。 1950年代初頭、アイルランドから遥か大西洋の彼方、ニューヨーク、ブルックリン区に移民する少女エイリシュの成長物語。 彼女は二つの祖国、二つの愛の間で揺れ動きながら、蕾から美しく開花してゆく。 物語はごくシンプルで、内容的には予告で見せていることが全てだ。 妹の未来を案じる姉の計らいで、アメリカに渡ったエイリシュは、幾つもの試練を乗り越え、愛の幸せと...... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 23時39分

» ブルックリン〜内向性と外向性 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アイルランド=イギリス=カナダ。原題:Brooklyn。コルム・トビーン原作、ジョン・クローリー監督。シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 23時47分

» 【映画】アイルランド移民の心を描く『ブルックリン』 [アリスのさすらい映画館]
ブルックリン(2015)アイルランド/イギリス/カナダ 監督:ジョン・クローリー 脚本:ニック・ホービィ 出演:シアーシャ・ローナン/ドーナル・グリーソン/エモリー・コーエン/ジム・ブロードベント/ジュリー・ウォルターズ 日本公開:2016/7 【あらす...... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 23時52分

» ブルックリン [映画好きパパの鑑賞日記]
 20世紀半ばのニューヨークを舞台に、アイルランド移民の若い女性の青春を描いた佳作。前半は丁寧に心情をすくっていたのだけど、後半は若干はしょりすぎの感じもありました。    作品情報 2015年アイルランド・イギリス・カナダ映画 監督:ジョン・クローリー 出演…... [続きを読む]

受信: 2016年7月13日 (水) 06時46分

» ブルックリン [象のロケット]
1950年代。 アイルランドの小さな町に住む女性エイリシュは、姉の勧めで渡米し、ニューヨークの高級デパートで働くことに。 一時はホームシックに陥ったものの、トニーという恋人ができたり、大学で学んだりするうちに、洗練されたニューヨーカーになっていく。 ある時、アイルランドに帰郷した彼女は、トニーとは正反対のタイプの男性ジムと再会する…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2016年7月13日 (水) 15時39分

» ブルックリン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品(注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、1950年代前半のアイルランドのとある街。朝のまだ暗い内。  主人公のエイリシュ(シアーシャ・ロー...... [続きを読む]

受信: 2016年7月19日 (火) 21時07分

» 「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~??? [続きを読む]

受信: 2016年7月20日 (水) 22時04分

» ブルックリン [あーうぃ だにぇっと]
ブルックリン@神楽座 [続きを読む]

受信: 2016年7月21日 (木) 07時41分

» ブルックリン [とりあえず、コメントです]
アカデミー賞で話題になったシアーシャ・ローナン主演の青春ドラマです。 シアーシャ・ローナンは好きな女優さんなので、公開を楽しみにしていました。 アイルランドの小さな田舎町からブルックリンに出てきた主人公の姿はキラキラと輝いて見えました。 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月27日 (水) 00時14分

» ブルックリン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は? [続きを読む]

受信: 2016年8月 6日 (土) 21時30分

« 「葛城事件」:家族と言う地獄 | トップページ | 今日の点取占い252 »