« 「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」:随分と変わりました | トップページ | 「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・ »

2016年7月11日 (月)

「葛城事件」:家族と言う地獄

355380_004
映画『葛城事件』は、実にいやーな雰囲気が終始続く作品。広告コピーにもある「家族と言う地獄」ってフレーズが、ものの見事に当てはまる震撼すべき作品です。これ見てると、本当に家族って一番たちの悪い地獄に化すものなんだよなあと思えて来て、戦慄します。

355380_002

この三浦友和の父親のイタさが全ての元凶となっているあたりを解き明かしていく、一つひとつの描写の積み重ねが、本作のキモです。この人の弱さとか見栄とか自分以外全部ゴミってところとか・・・。でも今でも昔でも、こういうモンスターって存在するんですよね。その存在が周囲の人々を蝕んでいくあたり、説得力がある怖さです。長男(新井浩文)の悲劇なんて、まさにこの父親の「見栄」が遺伝したから起こったものですもん。

355380_006

三浦友和の父親は狂気を表に出さないのですが、その一方で母親(南果歩)も、次男も、長男も、明らかに「壊れて」行くのです。そして死刑反対活動家の田中麗奈の無意識の偽善と予想外のぶっ壊れ方も、ぞくっとする凄味があります。いやー、赤堀雅秋監督、底意地が悪いです。

355380_003

最初から最後まで家族がそれぞれいろんなものを食べています。でも、それがコンビニのナポリタンだったり弁当だったりカップラーメンだったり・・・と、ことごとく手作りの料理ではありません。描写もまずそうです。わかりやすく、家族の基礎である食事と言う行為が崩壊しています。 そして、差し入れの甘い菓子を拒否し、最期の時に炭酸飲料の刺激を所望する次男。そこにも、大切な何かが壊れた救いの無さが表出していて、暗澹たる気分になるのです。

|

« 「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」:随分と変わりました | トップページ | 「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/66461728

この記事へのトラックバック一覧です: 「葛城事件」:家族と言う地獄:

» 葛城事件 [映画的・絵画的・音楽的]
 『葛城事件』を新宿バルト9で見ました。 (1)評判が大層良いので見てみることにしました。  本作(注1)の冒頭では、主人公の葛城清(三浦友和)が、「バラが咲いた」を口ずさみながら、家の壁に「人殺し」などと大書されたイタズラ書きをペンキを塗って消しています。 ...... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 05時50分

» 葛城事件〜希望と絶望と滑稽と [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。赤堀雅秋監督。三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈。附属池田小事件などの無差別殺傷事件を混ぜ合わせてベースにしているが、本作のキモは無差別殺人鬼 ... [続きを読む]

受信: 2016年7月12日 (火) 07時26分

» 『葛城事件』 映画@見取り八段 [映画@見取り八段]
監督: 赤堀雅秋 キャスト: 三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈、内… [続きを読む]

受信: 2016年7月13日 (水) 01時05分

» 葛城事件 [象のロケット]
郊外の住宅地。 葛城家の外壁には、「人殺し」「死刑」などの落書きがあふれている。 この家の主で金物屋を営む葛城清は、美しい妻との間に2人の息子が生まれた後、念願のマイホームを建て、この地で理想の家庭を築くはずだった。 しかし優秀な長男・保は会社からリストラされたことを誰にも言い出せず、堪え性のない次男・稔はアルバイトが長続きしない。 ある日、ずっと自己主張せず過ごしていた妻・伸子が、稔を連れて家出してしまう…。 ヒューマンドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2016年7月13日 (水) 09時07分

» 葛城事件 [あーうぃ だにぇっと]
葛城事件@ユーロスペース [続きを読む]

受信: 2016年7月21日 (木) 07時46分

« 「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」:随分と変わりました | トップページ | 「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・ »