« 競歩、荒井選手の銅メダル! | トップページ | 「ニュースの真相」:勇気を!(Courage!) »

2016年8月21日 (日)

「イレブン・ミニッツ」:時間のキュビスム

356042_002_2
映画『イレブン・ミニッツ』は、イエジー・スコリモフスキ監督78歳の新作。かなりアグレッシヴに実験しておりまして、新しいです。若々しいです。30代の監督みたいなタッチです。そして、えらく面白いです。

356042_005
さまざまな登場人物たちの午後5時から5時11分を、行きつ戻りつ重層的に描きます。まあ実際は5時前から描かれている部分もありますので、厳密な11ミニッツではありませんが、とにかく「時間のキュビスム」とでも呼ぶべきこだわりと実験精神が、広く普遍的な意味での「人生」と、その偶然性をあぶり出していきます。その手さばきが実にスリリングなのです。

356042_006進行するに連れ、画面には不穏な、只事ではない空気が流れます。特に「音」が不安を掻き立てていきます。絶対この後でとんでもない事が起きると、観てる誰もが思うのです。何しろ広告にも「観客誰もが想像し得ない前代未聞、驚愕のラスト・シーン」とか書いてありますし。

(以降ネタバレあり) 大江戸は「飛行機がビルに激突するとか、街なかに墜落する」とか、あるいは「空に宇宙人の円盤か何かが現れて、どえらい事が起きる(阪本順治の『団地』みたいに)」とかを考えたのですが、さすがにそこまで突飛ではありませんでした。

356042_004

でもやはり見たことのないラストではありましたし、ブービートラップ的に連鎖する悲劇(カタストロフィ)が、ある種の開放感(カタルシス)を伴っているという戦慄すべき事実。そして、それらが膨大なモニター画像の海に飲み込まれていくという現代的寓意性。我々も、世界と偶然と自分の関係を否が応でも考えざるを得なくなるのです。

これまで観たことのないような映画ですし、そういう新しいクリエイティヴィティに出逢うことは、映画ファンにとっていつでも刺激的な喜びなのです。

|

« 競歩、荒井選手の銅メダル! | トップページ | 「ニュースの真相」:勇気を!(Courage!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67117710

この記事へのトラックバック一覧です: 「イレブン・ミニッツ」:時間のキュビスム:

» イレブン・ミニッツ [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 ポーランド&アイルランド  ドラマ&サスペンス  監督:イエジー・スコリモフスキ  出演:リチャード・ドーマー      ヴォイチェフ・メツファルドフスキ      パ ... [続きを読む]

受信: 2016年8月22日 (月) 12時35分

» イレブン・ミニッツ〜「11」は不吉の番号 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:11 minut。ポーランド=アイルランド。イエジー・スコリモフスキ監督。リチャード・ドーマー、ヴォイチェフ・メツファルドフスキ、パウリナ・ハプコ、アンジェイ・ ... [続きを読む]

受信: 2016年8月23日 (火) 21時50分

» イレブン・ミニッツ [象のロケット]
離婚問題でもめている女好きの映画監督、セクシー女優と結婚したばかりの嫉妬深い男、刑務所を出所したばかりのホットドッグ屋の主人、バイク便の仕事中に情事にふけるジャンキー、ポルノ映画を見る登山家の男女、勇敢な女性救命救急医、映画撮影現場に居合わせた老画家、強盗をしくじった少年、元彼から犬を返してもらったパンクヘアの女性。 時を同じくして、彼らの人生は突如変貌する…。 リアルタイム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2016年8月24日 (水) 10時16分

» イレブン・ミニッツ ★★★ [パピとママ映画のblog]
『ムーンライティング』などで知られ、カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキが放つ群像サスペンス。大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯...... [続きを読む]

受信: 2016年8月31日 (水) 20時19分

» 【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』 [アリスのさすらい映画館]
イレブン・ミニッツ(2015) ポーランド/アイルランド 原題:11Munites 監督/脚本:イエジー・スコリモフスキ 出演:リチャード・ドーマー /パウリナ・ハプコ /ヴォイチェフ・メツファルドフスキ/アンジェイ・ヒラ/ダヴィッド・オグロドニック/アガタ・ブゼク/...... [続きを読む]

受信: 2016年9月 1日 (木) 00時17分

» イレブン・ミニッツ  [映画好きパパの鑑賞日記]
 ポーランドの巨匠、スコリモフスキ監督のある意味実験的なサスペンス。午後5時からの11分間、多彩な登場人物のさまざまな動きと、その一気に収束する様子を描いているのですが、ラストのカタルシスが今イチだったかも。  作品情報 2016年ポーランド、アイルランド映…... [続きを読む]

受信: 2016年9月 2日 (金) 17時40分

» イレブン・ミニッツ [映画的・絵画的・音楽的]
 『イレブン・ミニッツ』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)評判が良さそうなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はワルシャワでしょう(注2)。  最初の方では、警察から戻った夫・ヘルマン(ヴォイチェフ・メツファルドフスキ)が妻で...... [続きを読む]

受信: 2016年9月 2日 (金) 18時34分

« 競歩、荒井選手の銅メダル! | トップページ | 「ニュースの真相」:勇気を!(Courage!) »