« 「ジャングル・ブック」:天地創造的CGの凄さ | トップページ | 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:本年有数の上質作品 »

2016年8月15日 (月)

「ターザン:REBORN」:生身のマーヴェル・ヒーロー?

356057_001

映画『ターザン:REBORN』を『ジャングル・ブック』の後にすぐ「はしご」で観たのですが、いやー、かぶるかぶる。ジャングル、動物たち、動物に育てられた主人公、動物と意思疎通のできる主人公、水牛の群れの疾走、密林の中の高速アクション、etc. しばらくたったら、印象も映像もみんなごっちゃになってしまいそうです。

356057_003

さらに、つる植物を渡り飛んでの高速滑空ビュイーン!なんて、かなり『スパイダーマン』ではありませんか。 更には(いくら木製とはいえ)汽車の壁面ぶっ壊しちゃうなんて、どんだけ力が強いんでしょう。 そう、「生身のマーヴェル・ヒーロー」って感じですね。

356057_006

ターザン役アレキサンダー・スカルスガルドの「見せる筋肉」(特に6パックス)が凄いっす。これに較べると往年のターザン役者ジョニー・ワイズミュラーの筋肉なんて、いったい何なんでしょうと思わざるを得ません(オリンピックで金メダルを獲得した水泳選手なのに)。でも、アレキサンダーがアップになるたびに、親父さん(ステラン・スカルスガルド)が二重写しになって困りました。

356057_007
ジェーン役は売り出し中のマーゴット・ロビー。来月公開の『スーサイド・スクワッド』(ハーレイ・クイン役)の予習として、本作の彼女を観ておいて良かったです。

一応(オマージュ的にではありますが)、あの「ア~アアー!」の雄叫びめいたものが聴けました。あれがなくっちゃ「ターザン」じゃないって思う小生みたいな人が結構いますもんねえ。え、いない??

|

« 「ジャングル・ブック」:天地創造的CGの凄さ | トップページ | 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:本年有数の上質作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67012002

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターザン:REBORN」:生身のマーヴェル・ヒーロー?:

» 映画:ターザン:REBORN The Legend of Tarzan  今夏、蘇った伝説のヒーローの活躍を目撃せよ! [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
主人公が「ジャングルで独りで育った系」の物語がこの夏、ほぼ同時期に公開される。 それは「ターザン」と「ジャングル・ブック」 「ターザン」      全米公開 7/ 1 日本 7/30 「ジャングル・ブック」 全米公開 4/15 日本 8/11 当ブログ的には個々の...... [続きを読む]

受信: 2016年8月16日 (火) 00時28分

» 映画『ターザン:REBORN』★もっと見たい!イケメン肉体派の勇姿と腹筋美☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/169475/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演:アレクサンダー・スカルスガルド (ステラン・スカルスガルドの息子) 悪玉!:クリストフ・ヴァルツ 妻ジェーン★マーゴット・ロビー ターザンの付添?:サミュエル・ L ・ジャクソン ・ターザンのこと→ コチ..... [続きを読む]

受信: 2016年8月16日 (火) 23時01分

» ターザン:REBORN [象のロケット]
1800年代のイギリス・ロンドン。 愛する妻ジェーンと暮らす5代目グレイストーク伯爵ジョン・クレイトン3世は、今や政府の要人。 彼がコンゴのジャングルで動物たちに育てられた伝説の男“ターザン”であることは、誰もが知る有名な話だった。 外交目的で妻と故郷コンゴを訪問した彼を待っていたのは、巧妙に仕掛けられた罠。 彼はターザンとして、再びジャングルへ戻ることに…。 アクション・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2016年8月17日 (水) 22時55分

» ターザン:REBORN [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★【3点】(10) ゴリラの完璧CGに思わず『猿の惑星 ジェネシス』を思い出すが [続きを読む]

受信: 2016年8月20日 (土) 15時08分

» 映画感想『ターザン REBORN』(試写会) 2016年... [見取り八段・実0段]
レヴェナントではクマこえ~~だったのがこっちではゴリラこえ~のジャングル体験。でもいつの間にか気分はもう動物たちの味方。早く死んで下さいと願うのは人間ばかりという、鬼畜... [続きを読む]

受信: 2016年8月23日 (火) 02時52分

« 「ジャングル・ブック」:天地創造的CGの凄さ | トップページ | 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:本年有数の上質作品 »