« 「怒り」:高密度重量級力作 | トップページ | 「スーサイド・スクワッド」:ハーレイ以外は腹八分目 »

2016年9月19日 (月)

「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」:進撃しない巨人

356582_003
映画『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は、スピルバーグ久々のファンタジー。と言うよりむしろ意外にも「初の児童文学映画化」なのでは?(まあ、’91年の『フック』が児童文学的題材ではありますが、これは40歳になったピーターパンを描くオリジナル作品)

心優しい異人(巨人)と女の子の交流・・・まさにスピルバーグですね。でもなんか違うんですよねー、全盛期とは(悲しいけれど)。

356582_004

スピルバーグ、今でも『ブリッジ・オブ・スパイ』みたいな作品なら、技の違いを見せつけて十分に良い仕事ができるのですが、ファンタジーやジュヴナイルになっちゃうとねー。もう長いこと、その分野では鳴かず飛ばずです(そもそもあんまり作ってないし)。そういう意味でも今回の挑戦は嬉しいのですけど・・・。

 

356582_002
巨人のキャラクターは悪くないし、マーク・ライランス!が巨人だってのも、なかなかに味わいがありました。でも最終的には冴えないやつなんです。 彼が夜の街に隠れる場面や、国土を駆け抜けジャンプする場面などは、見事な腕の冴えとイマジネーションを見せた演出だと思うのですが、最終的には作品全体がどうにもかったるいんですよねー。それは原作のせいなのでしょうか? それとも69歳になったスピルバーグの年齢的なものなのでしょうか?

356582_001

ただ英国女王の宮殿に関わるパートだけは、やけに面白かったです。オーセンティックなコメディのツボがわかっていらっしゃるって感じで。 それにしてもヨーロッパの王宮だからこそ成り立つわけですよね、これ。日本の建物だったら、天井が低くて巨人が入れません。オナラを描いても下品にならないあたりも、さすがスピルバーグって気がいたしました。

|

« 「怒り」:高密度重量級力作 | トップページ | 「スーサイド・スクワッド」:ハーレイ以外は腹八分目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67569860

この記事へのトラックバック一覧です: 「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」:進撃しない巨人:

» 『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』と『E.T.』と『崖の上のポニョ』の共通点 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  さすがはスピルバーグだ。無駄のないショット、無駄のない展開、滑らかなカメラワークに身を任せれば充実のうちに二時間が過ぎている。映画鑑賞時のこの安心感は、スティーヴン・スピルバーグ監督ならではだ。  そして、スピルバーグ監督らしい心優しさに溢れた映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』を観ながら、スピルバーグも今年、2016年で70歳になるのだなぁと...... [続きを読む]

受信: 2016年9月19日 (月) 21時27分

» BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [象のロケット]
イギリス・ロンドン。 児童養護施設に暮らす10歳の少女ソフィーは、真夜中に窓から入ってきた“巨大な手”に持ち上げられ、「巨人の国」へ連れて行かれてしまう。 ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに「夢」を届ける、やさしい巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。 しかし、ソフィーは凶暴な巨人たちから狙われることに…。 ファンタジー・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2016年9月22日 (木) 09時21分

» BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [映画好きパパの鑑賞日記]
 スピルバーグ監督のディズニー作品なのに、どちらも中途半端というか、20年前ならともかく、ディズニーアニメの傑作が数々出ている今の時代にこういう古風な作品が出てくる意味というのがさっぱり分からりませんでした。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:スティ…... [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 06時30分

» BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [とりあえず、コメントです]
ロアルド・ダール原作の児童文学をスティーヴン・スピルバーグ監督が映像化したファンタジーです。 予告編を観て、この巨人と少女のめぐり合いの行方が気になっていました。 不器用だけど心優しい巨人と気丈だけど寂しがりな少女の友情は大きな事件を解決へと導いていきました。 ... [続きを読む]

受信: 2016年9月29日 (木) 23時48分

« 「怒り」:高密度重量級力作 | トップページ | 「スーサイド・スクワッド」:ハーレイ以外は腹八分目 »