« 「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」:夏帆好演 | トップページ | 今日の点取占い257 »

2016年9月14日 (水)

「四月は君の嘘」:天衣無縫荒唐無稽奇想天外

355934_002
映画『四月は君の嘘』は、広瀬すずを見る映画。今の彼女をしっかり見ておくってことは、映画史的な意味合いで意義深いことであります。「吉永小百合だからとりあえず押さえておく」みたいな意味で。

その彼女を生かすって意味においては、相手役の山崎賢人の主張の無さは完璧です。「記号としての相手役」を完璧にこなしています。

355934_003

いやー、それにしてもほとんど怪作でした。まあコミックスで全11巻の長ーい物語を約2時間にまとめたのですから、ダイジェスト感やコク不足は否めませんが、そんなことではありません。失笑脱力してしまうシーンが、かなり多いのですよ。

なんと言ってもかんと言っても、主人公のすずちゃんのキャラクターがスゴ過ぎます。天真爛漫自由奔放は、まあ『ちはやふる』あたりにも共通するいつものキャラですけど、こちらの場合は天衣無縫荒唐無稽な地点までぶっとんじゃってて、口あんぐりです。

355934_005
彼女が突如橋から飛び降りる場面などはその白眉とも言えるシーンで、「えええーーー???」でした。しかも山崎賢人がそれに付き合って飛び降りるという「ええええーーーー????」なダメ押しまで付いていて・・・。これは後世まで語り継がれる奇想天外なシーンでございましょう(飛び降りた山崎のメガネがずれちゃうのも、えらくカッコ悪いし)。 欲を言えば、びしょぬれで帰る二人の様子を描くカットが見たかったです。

355934_006
そして檀れいの怪物的な鬼母ぶりが、極端すぎて大笑いでした。ホラーか?! このスパルタぶりから愛情を感じろったって(いくら後から「厳しかったそのわけは」の説明ショットを入れたとしても)無理でしょ。星一徹以上の、わけわからん厳しさでした。

結局サッカー部のワタリ君が、最初のうちこそチャラく見えたものの、一番マトモでいい奴じゃんってお話でした。ちゃんちゃん。

|

« 「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」:夏帆好演 | トップページ | 今日の点取占い257 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67496946

この記事へのトラックバック一覧です: 「四月は君の嘘」:天衣無縫荒唐無稽奇想天外:

» 四月は君の嘘〜難病の正体見たり桜花 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。新川直司原作、新城毅彦監督。広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、甲本雅裕、本田博太郎、板谷由夏、檀れい。タイトルからすれば、エイプリル・フール絡みかと ... [続きを読む]

受信: 2016年9月14日 (水) 23時41分

» 「四月は君の嘘」憧れの人と協奏曲を奏でた先にみた残された時間で伝えたかった想いを込めたヴァイオリン演奏 [オールマイティにコメンテート]
「四月は君の嘘」は新川直司原作の四月は君の嘘を実写化した作品で天才ピアニストと言われた少年が音を失ってピアノを引退していたが、ある日現れた少女のヴァイオリンの伴奏をす ... [続きを読む]

受信: 2016年9月15日 (木) 00時25分

» 映画『四月は君の嘘』★音楽と君への想いに嘘はない! [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168531/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原作・アニメは未見です。 広 瀬すず さんを見たくて鑑賞しました☆ 神童ピアニストだった青年:公生は 母の死後、ピアノをやめていたが バイオリニストの乙女:かをりと出逢い ..... [続きを読む]

受信: 2016年9月15日 (木) 00時57分

» 四月は君の嘘 ★★★ [パピとママ映画のblog]
第37回講談社漫画賞に輝き、アニメ版も放送された新川直司による人気コミックを実写映画化。母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった天才ピアニストの少年と、自由奔放なバイオリニストの少女が、互いの才能を認め合い成長していく姿を切ない恋模様を交えて描く。『海街diary』などの広瀬すずと、『ヒロイン失格』などの山崎賢人が主演を務める。監督は『潔く柔く きよくやわく』などの新城毅彦、脚本をテレビドラマ「砂の器」や『ストロベリーナイト』シリーズなどの龍居由佳里が手掛ける。 あらすじ:類いまれな才能を持つ天才ピ... [続きを読む]

受信: 2016年9月15日 (木) 15時51分

» 四月は君の嘘 [象のロケット]
完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された神童ピアニスト有馬公生は、母の死を境にピアノから遠ざかってしまう。 高校2年生となった4月のある日、幼馴染の澤部椿と渡亮太に誘われて出かけた公生は、同い年のヴァイオリニスト宮園かをりと出会う。 自由奔放な演奏をするかをりは、ある秘密を抱えていた…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年9月16日 (金) 09時06分

» 4月は君の嘘 [映画好きパパの鑑賞日記]
 ベタな青春+難病ラブストーリーなんですが、音楽がテーマの一つだけあり、曲をしっかり聴かせているのがいい。広瀬すずの魅力タップリで、彼女のファンならたまらないでしょう。  作品情報 2016年日本映画 監督:新城毅彦 出演:広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈 上…... [続きを読む]

受信: 2016年9月18日 (日) 08時11分

« 「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」:夏帆好演 | トップページ | 今日の点取占い257 »