« 「レッドタートル ある島の物語」:ミニマムでシンプルだけど・・・ | トップページ | 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 »

2016年9月24日 (土)

「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡

T0020885p
映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描いたクリント・イーストウッドの新作。またしても見事です。というか、大江戸の評価としては、『アメリカン・スナイパー』や『ジャージー・ボーイズ』よりも優れていると思います。

96分とイーストウッドにしては珍しく短尺(彼の監督作で一番短いのだとか)。でも、ふさわしい長さであり、「足りない」ものは無く、逆に必要なものだけが無駄無く残った印象です。シンプルだけど、豊かです。そしていつもながらに、イーストウッドならではの「映画の品格」があるのです。

変にドラマチックになったり、過度に娯楽性を爆発させたりはしないのですが、それでいて良質なエンタテインメントになっているのです。ある意味、かなり淡々とはしています。バード・ストラックから不時着水にいたるまでの「映画的に派手な場面」も、あえて水を差すかのように、回想として何度かに分けて描かれるのです。 終盤からラストにかけての、普通ならもっと感動をあおるように盛り上げちゃう場面も、抑制を効かせて淡々と描き切ります。それでもじわじわと感動します。名人のジャズ演奏のようですね。

T0020885
トム・ハンクスも、彼の相棒役のアーロン・エッカートも、オスカー・ノミネート確実ものの演技。とりわけハンクスは、現代の名優としての代表作をまた増やしてしまいました。ハリウッド黄金期なら、ジェームズ・スチュワートとかゲイリー・クーパーが演じた役ですよね。今年還暦のハンクス。年取ってますます味わいが増してきました。

決して英雄譚などではなく、一人の男の「職人的」なプロフェッショナリズムと矜持とを、その行動から描くという、イーストウッドらしい作品。今年86歳だなんて、嘘のようです。間違いなくアメリカの国宝ですよね、この人。

|

« 「レッドタートル ある島の物語」:ミニマムでシンプルだけど・・・ | トップページ | 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67648895

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡:

» ハドソン川の奇跡〜見ものは徹底した事故調査 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Sully。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー、オータム・リーサー、サム・ハンティントン ... [続きを読む]

受信: 2016年9月24日 (土) 23時50分

» ハドソン川の奇跡 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★★【5点】(10) 今まで、着水なら安全と思っていた大きな勘違いに反省しきり。 [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 00時08分

» 劇場鑑賞「ハドソン川の奇跡」 [日々“是”精進! ver.F]
全員英雄… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609240001/ 【映画ポスター】ハドソン川の奇跡 トムハンクス /モノクロ おしゃれ インテリア 両面 [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 05時42分

» ハドソン川の奇跡 [Akira's VOICE]
命が救われた気分を味わえる映画。   [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 10時15分

» 『ハドソン川の奇跡』 [こねたみっくす]
ハドソン川の奇跡。それはNYをトラウマから救った功績。 2009年1月15日、NYのハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便。乗客乗員155名の命を救ったチェズレイ・サリー・サレンバ ... [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 12時56分

» ハドソン川の奇跡 / Sully [勝手に映画評]
後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。 いやぁ、あの奇跡の後、サレンバーガー機長がここまで厳しい追求を受けていたとは、寡聞にして知りませんでし...... [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 16時25分

» ハドソン川の奇跡 ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー...... [続きを読む]

受信: 2016年9月25日 (日) 17時53分

» 『ハドソン川の奇跡』 [時間の無駄と言わないで]
クリント・イーストウッド監督作ってコトでまぁテンポがイイ。 起承転結全てがもうサックサク。 でも駆け足感はないし、90分の短さなのにとても充実している。 早い展開で飽きさせ ...... [続きを読む]

受信: 2016年9月26日 (月) 22時55分

» 映画「ハドソン川の奇跡(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ハドソン川の奇跡(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで、突如鳥の群れに遭遇し両エンジンの同時バードストライクで全エンジン完全停止、高度維持不可能...... [続きを読む]

受信: 2016年9月27日 (火) 19時53分

» ハドソン川の奇跡 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
1時間半の中に全く無駄なシーンがない濃密な映像体験ができた。もしサリーのように自分が正しいと信じて反論しなかったら犯罪者になっていたかもしれない。マスコミの安易な報道も空恐ろしいもんだ。必見。... [続きを読む]

受信: 2016年9月27日 (火) 23時38分

» ハドソン川の奇跡/SULLY [我想一個人映画美的女人blog]
2009年1月にニューヨークで起こったハドソン川に不時着してしまった飛行機の機長が瞬時の判断で、 155人の命を救った。 クリント・イーストウッド監督最新作。 脚本は、トッド・コマーニキ。 原案  サリー機長の手記『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』 原題は「サリー」。機長の名にしてるけど、 ニューヨーク州知事のデビッド・パターソンは、 この件を「ハドソン川の奇跡」(Miracle on the Hudson) と呼んで褒め称えた。 劇中内でもニュースの中で「... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 00時18分

» ハドソン川の奇跡 [象のロケット]
2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が住むマンハッタン上空850メートルで航空機事故が発生。 機長チェスリー・“サリー”・サレンバーガーは制御不能という状況ながら、高速で墜落する70トンの機体をハドソン川に着水させ“乗員乗客155名全員無事”という奇跡の生還を果たした。 機長サリーは国民的英雄として称賛される一方、国家運輸安全委員会の厳しい追及を受けることに…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 00時51分

» 「ハドソン川の奇跡」☆見事な邦題 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
トム・ハンクスが主役を演じた時点で、もう120%成功したと言っても過言では無い。 [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 15時55分

» [映画『ハドソン川の奇跡』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
映画『ハドソン川の奇跡』予告編 ☆・・・邦題がダサく感じて、傑作揃いのイーストウッド作品だが、それほど乗り気の鑑賞ではなかった。 のだが、う~む、やっぱり傑作でした。 イーストウッドの作品には、ちゅうか、世の中の物語というものは、ほとんど「勝負の構造」...... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 15時57分

» ハドソン川の奇跡 [とりあえず、コメントです]
2009年に発生した航空機事故をクリント・イーストウッド監督&トム・ハンクス主演で描いた作品です。 予告編を観て、この二人ならどんな物語を見せてくれるのだろうと気になっていました。 予想以上に心が揺さぶられるドラマに、最後までスクリーンから目が離せませんでした。 ... [続きを読む]

受信: 2016年9月29日 (木) 23時37分

» 『ハドソン川の奇跡』 [京の昼寝~♪]
□オフィシャルサイト 「ハドソン川の奇跡」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 トッド・コマーニキ□キャスト トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー■鑑賞日 9月25日(日)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>大好きなトム・ハンクスとイーストウッド監督のタッグ。155名の人命を救ったあのハドソン川への胴体着陸は、まだまだ記憶に新しい事実。機長の素晴らしい素早い経験則に寄る判断が、尊い人命を救った。しかし、その裏側で知らざる戦いもあっ... [続きを読む]

受信: 2016年10月 1日 (土) 09時10分

» 「ハドソン川の奇跡」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・アメリカ/ケネディ・マーシャル・プロ=マルパソ・プロ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Sully 監督:クリント・イーストウッド原作:チェズレイ・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロ... [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 01時31分

» NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
NY旅行中に、雪が降った先週の木曜の午後、新名所ミートパッキング・ディストリクトで遭遇した「ハドソン川の奇跡」の一部始終の総論です。 歩いていると、ヘリコプターがぐるぐるとハドソン側周辺~ミートパッキング地区をまわりだし、最初は1機だったのがどう...... [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 19時57分

» 映画「ハドソン川の奇跡」 [FREE TIME]
10月1日のファーストデーに、映画「ハドソン川の奇跡」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 23時15分

» ハドソン川の奇跡 [映画好きパパの鑑賞日記]
 2009年にニューヨークで離陸直後の航空機がハドソン川に不時着し、乗員・乗客が無事だった事故は記憶に残っていますが、その裏でこんなことが起きていたとは知りませんでした。イーストウッド監督の乾いて抑制したタッチが魅力です。  作品情報 2016年アメリカ映画 …... [続きを読む]

受信: 2016年10月 3日 (月) 07時04分

» ハドソン川の奇跡 [風に吹かれて]
問われた判断の是非 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki 原作: 機長、究極の決断  「ハドソン川」の奇跡 (C.サレンバーガー著/静山社文 [続きを読む]

受信: 2016年10月 3日 (月) 12時00分

» 『ハドソン川の奇跡』('16初鑑賞92・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2016年10月 8日 (土) 13時38分

» ハドソン川の奇跡 [花ごよみ]
監督はクリント・イーストウッド。 主演はトム・ハンクス。 2009年1月15日、ニューヨークで起こった 航空機事故からの、生還劇。 マンハッタンの上空850メートルで、 乗客乗員155人を乗せた 航空機をおそったエンジン停止事故。 機長のサリーは ハドソン川への不時着...... [続きを読む]

受信: 2016年10月 9日 (日) 21時41分

» ハドソン川の奇跡 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ハドソン川の奇跡』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クリント・イーストウッドの作品だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、機長の「離陸する」の声。それから「操縦不能」「ラガーディアに引き返す」「低すぎる」「もう少しだ、頼むぞ」...... [続きを読む]

受信: 2016年10月11日 (火) 20時35分

» 『ハドソン川の奇跡』 淡々とした機長の姿 [Days of Books, Films ]
クリント・イーストウッド監督の映画の主人公は、いつもアメリカ人の原型ともいうべき [続きを読む]

受信: 2016年10月12日 (水) 19時15分

» 『ハドソン川の奇跡』('16初鑑賞92・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2016年10月15日 (土) 13時54分

« 「レッドタートル ある島の物語」:ミニマムでシンプルだけど・・・ | トップページ | 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 »