« 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 | トップページ | 「グッバイ、サマー」:14歳の小冒険 »

2016年9月26日 (月)

「だれかの木琴」:もやもやと不安&不快

356341_001
映画『だれかの木琴』は、久々の東陽一監督作品。何とも嫌な感じが全編にわたって流れておりました。英語で“uneasy”って言葉がぴったり来ます。終始モヤモヤと不安かつ不快です。

356341_003

その主たる要因は、常盤貴子のストーカーぶりにあるわけですが、彼女のみならず夫の勝村正信も相当ヘンです。内臓系の病気を疑いたくなるような顔色の悪さ、眼力の無さ、うわべだけで生きているような個の主張の無さ・・・非常に空虚な、「心の無い」人間にしか見えません。 池松壮亮だって、このストーカー主婦に対してやけに無防備というか煮え切らないというか、対応が拙劣です。

356341_004そして常盤貴子の「能面」を思わせる無表情の中の表情は、静かに怖いです。この何を考えているのか、狂ってるのか正気なのかわからない感じ。

(以降ネタバレあり) ただ、彼女が本当に執着していたのは若い美容師ではなく、夫だったという描き方は、あまり説得力がないなあ。え?何それ?? ウソでしょって感じです。

356341_002

電車の中でみんながスマホをいじってる中に一人だけ位牌を撫でている人がいる描写だとか、夫婦が隣あっているのにスマホとケータイのメールで会話する場面とかは、やはり年寄り(=東監督)の(正直な)感覚だと思いました。 そして変な幻想シーンが挿入されるのにも、監督の年齢を感じました。日本の映画監督って、高齢になると変な幻想シーンを入れて、ズレてる感たっぷりに失敗しちゃうってことがよくありますよね。あれはなぜなんでしょうねえ?

|

« 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 | トップページ | 「グッバイ、サマー」:14歳の小冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67678120

この記事へのトラックバック一覧です: 「だれかの木琴」:もやもやと不安&不快:

» 『だれかの木琴』 住まいのセキュリティは万全だが心のほうは? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督は『サード』『絵の中のぼくの村』(ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞)などの東陽一。  原作は『つやのよる』『愛してる、愛してない』の原作も書いている井上荒野。  新居に引っ越してきた親海小夜子(常盤貴子)は、知らない土地の美容院で山田海斗(池松壮亮)という美容師と出会う。海斗は顧客獲得のための営業のつもりで小夜子にメールを送るのだが、小夜子は次第に海斗に執着するような行動...... [続きを読む]

受信: 2016年9月26日 (月) 23時00分

» だれかの木琴 [花ごよみ]
原作は美容師へのストーカー行為に浸る 普通の主婦を描いた井上荒野の同名小説。 原作は読んでいます。 常盤貴子と池松壮亮の共演で映画化。 監督は東陽一。 普通の主婦の小夜子が、 初めて訪れた美容院で髪をカット。 カットを担当した美容師・海斗からの その日の...... [続きを読む]

受信: 2016年9月27日 (火) 22時37分

» だれかの木琴 [象のロケット]
専業主婦の親海小夜子は、警備機器会社勤務の夫・光太郎、中学生の娘かんなと共に、郊外の一軒家に引っ越して来たばかり。 ある日、近くで見つけた美容院で山田海斗という若い美容師に髪を切ってもらう。 海斗からの来店御礼メールを受け取った小夜子は、何度も彼にメールを送り、頻繁に店を訪れるようになっていく…。 サスペンス。 ≪私の心にその指が、触れた≫... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 00時31分

» だれかの木琴 [映画的・絵画的・音楽的]
 『だれかの木琴』をシネマート新宿で見ました。 (1)常盤貴子と池松壮亮が共演する作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、メゾネットタイプの家が立ち並んでいる早朝の光景が映し出され、その内の1軒に明かりが灯り、居間のカーテンが開...... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 20時36分

« 「闇金ウシジマくん Part3」:教育的効果絶大 | トップページ | 「グッバイ、サマー」:14歳の小冒険 »