« 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」:偉大なバンドのツアー時代 | トップページ | 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡 »

2016年9月23日 (金)

「レッドタートル ある島の物語」:ミニマムでシンプルだけど・・・

355061_003
映画『レッドタートル ある島の物語』は、オランダ人の短編アニメーション監督による初の長編作品にしてスタジオジブリ作品。 なかなかの渋さです。

とにかくセリフ一切なし。数度の叫びのみ。自然を彩る音はあるのですが、基本的に静かな作品です。サイレント映画のようです。登場人物も(あえて申しませんが)極めて少なく、いろんなものがミニマムです。

355061_004

そう、ミニマムと言える段階まで、いろんな物事を削ぎ落としてあるので、シンプルです。 でもそういう引き算の美学で作られたこの作品が、日本流のわびさびを生んでいるかというと、実のところそうでもありません。あくまでもヨーロッパ的感性の中でのシンプル・ライフ・・・。

355061_002

線画的なキャラクターをはじめ、映像は素朴です。色もかなり渋めの場面が多いのですが、太陽に照らされた青い海は、まさに水色で(少しグリーンがかることも多くて)、その澄んだ水の表現が素敵でした。

355061_001

(以降ネタバレあり) ただ、どうしても引っかかってしまうのがこのラスト。これじゃあ、あまりにも救いがないんじゃないでしょうか? 少なくとも小生の尺度からすると、砂を噛むように苦く虚しい終わり方だと思いました。たとえ幻想であっても、幸福な奇跡や、一条の希望の光みたいなものが欲しいと、大江戸は思うのです。

|

« 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」:偉大なバンドのツアー時代 | トップページ | 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67633730

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッドタートル ある島の物語」:ミニマムでシンプルだけど・・・:

» 映画:レッドタートル La Tortue rouge  こんなアニメもあるんだなと感心させられる、ジブリ新作。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
ジブリの新作は、何とオランダ人監督が撮るフランス映画! そしてそれは、今年のカンヌのある視点部門で入賞し、特別賞を受賞。 ストーリーはシンプルだが深みのあるもの。 主人公は無人島に流れ着き、苦闘するうちにタイトルのレッドタートルに出会う。 ただしそれは決して嬉しい出会いではないところが面白いところ! また気づくのは、この映画、セリフが全くない。 美しい熱帯の自然をシンプルに描いたアニメーションの世界に取り込まれる。 こうしているうちに、すっかり無人島に漂流する主人公... [続きを読む]

受信: 2016年9月23日 (金) 23時00分

» ショートレビュー「レッドタートル ある島の物語・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
隔絶された理想郷で展開する、生命のサイクルの物語。 第73回アカデミー短編アニメーション賞に輝いた、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットの代表作「岸辺のふたり」は、小さなボートに乗っていずこかへと去った父を待ち続ける少女の物語だ。 幼い少女はやがて大人になり、家族を持ち、やがて年老いてゆく円環する人生の物語が、回転する自転車の車輪に象徴され、一切の台詞を排した8分間で描き切った傑作だ。...... [続きを読む]

受信: 2016年9月23日 (金) 23時16分

» レッドタートル ある島の物語 [象のロケット]
嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。 彼はいかだを作り何度も島からの脱出を試みるが、まるで見えない力が働いているかのように、島へ引き戻されてしまう。 この海には、巨大な赤いウミガメ(レッドタートル)がいた。 絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れる…。 ファンタジー・アニメ。... [続きを読む]

受信: 2016年9月24日 (土) 21時24分

» レッドタートル ある島の物語 [佐藤秀の徒然幻視録]
シーシュポスの神話、ウミガメと拷問 公式サイト。日本=フランス。仏題:La Tortue rouge  スタジオジブリ製作、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット原作・脚本・監督。熱帯らしい無 ... [続きを読む]

受信: 2016年9月27日 (火) 19時00分

» レッドタートル ある島の物語 [映画好きパパの鑑賞日記]
 スタジオジブリ制作だけど、セリフが一切無いという実験作のうえ、アニメーターもフランス人で日本で受けている絵柄と違うためか、まったく話題にならず、劇場もガラガラ。でも、スクリーンでアート的なアニメを観られるだけでも十分意義はあると思います。  作品情報…... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 06時50分

» レッドタートル ある島の物語 ★★★ [パピとママ映画のblog]
2000年に発表した短編「岸辺のふたり」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞したオランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督が、8年の歳月をかけて完成させた初長編作品で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞。スタジオジブリが、同社として...... [続きを読む]

受信: 2016年9月28日 (水) 17時49分

» レッドタートル ある島の物語  監督/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット [西京極 紫の館]
【ストーリー】 吹き荒れる嵐の中、海に投げ出された男が、かろうじて生き残ったものの波に乗って見知らぬ無人島に流れ着く。彼は何度も力を振り絞って島から出ようとするが、その度にまるで見えない何かに操られるように島へと連れ戻される。万策尽きてしまった男の前に...... [続きを読む]

受信: 2016年9月29日 (木) 21時52分

« 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」:偉大なバンドのツアー時代 | トップページ | 「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡 »