« 湘南、無念の降格決定 | トップページ | 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ »

2016年10月23日 (日)

「築地ワンダーランド」:人と魚と仕事と築地

355382_002
映画『築地ワンダーランド』は、築地市場のすぐそばに本社を構える松竹が贈るドキュメンタリー。移転問題の大混乱ではからずも延命している築地ですが、本来ならフェアウェル公開となったところ。いずれにしても、この築地市場の最晩年をフィルムに残しておくということにおいて、貴重で意義深い作品を作りました。

355382_004

とにかく築地市場に関わる人たちを網羅しました。市場長から、仲卸、卸、料理人、魚屋、研究者、司書、学校給食関係者などなど。 築地市場という巨大な存在を、あくまでも人間一人一人を通して描こうとする姿勢は、正解でした。人間の仕事へのこだわりや矜持が、プロの誇りが、観る者に迫ります。こちらの背筋も伸びて来ます。

355382_005

魚一筋の男たちがまた、いい顔してるんだ。そして彼らの言葉も、かなり知的で、本物の言葉で、良いのですよ。

築地市場のあれやこれやを追ったキャメラも、変に主張し過ぎずに対象をしっかり捉える作業に徹していて、でも魅力的な絵で、とても良い仕事だと思います。

築地市場開場当時の記録映像にもびっくり。355382_003

そして、山本益弘さん、やっぱりいいこと言いますねえ。

観終わると、絶対に魚を食べたくなる映画です。実際、ユーロスペースで観た後に、渋谷にある「築地仲卸直送」の海鮮居酒屋に行ってしまいました。

|

« 湘南、無念の降格決定 | トップページ | 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68085266

この記事へのトラックバック一覧です: 「築地ワンダーランド」:人と魚と仕事と築地:

» TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド) [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  ドキュメンタリー  監督:遠藤尚太郎  出演:築地で働く人々      すきやばし次郎      道場六三郎      山本益博 【物語】     (シネマトゥデイ) ...... [続きを読む]

受信: 2016年10月24日 (月) 16時52分

» TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド [象のロケット]
江戸時代、幕府御用の漁師集団として始まった日本橋魚河岸は、1923年の関東大震災によって瓦解し、1935年に中央卸売市場として築地へ移転。 以来、80年に渡り日本の台所として私たちの食文化を支え続けてきた。 施設の老朽化により、豊洲市場へ移転することが決まっている「東京都中央卸売市場築地市場」の深部に迫るドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2016年10月26日 (水) 22時04分

« 湘南、無念の降格決定 | トップページ | 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ »