« 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ | トップページ | 今日の点取占い261 »

2016年10月25日 (火)

「ダゲレオタイプの女」:クロサワ幽霊映画の集大成

355488_005_2
映画『ダゲレオタイプの女』は、黒沢清がフランス資本でフランス・ロケで、フランスのスタッフ、キャストと作った初の外国映画。 でも、黒沢清ワールド全開で、あたかも集大成のような作品です。

なんと言っても、最初から最後まで幽霊譚です。黒沢お得意の幽霊譚です。ヨーロッパの、古典的な雰囲気の幽霊譚です。でも生者と死者の間が曖昧で、二つの世界を往還する「能」のような空気も併せ持つ幽霊譚なのです。

355488_002_3昨年公開されたマノエル・ド・オリヴェイラ監督の『アンジェリカの微笑み』に似た所もあります。ロングドレスの美女、幽霊、写真、男の妄執・・・。そして幽霊の描き方の「ぬけぬけとした」感覚も似通っていると思います。

冒頭に階段下のドアが音を立ててゆっくり開くあたりから、黒沢らしい「気配」が画面に溢れています。カーテンは揺れ、枯れ葉は舞い、何者かの気配が常に行き来します。

355488_001_2

そして黒沢ならではの幽霊感覚が顕著なのは、昼日なか窓の向こうに遠景で立っている幽霊の違和感。そして、クロースアップになった幽霊の顔が光芒に包まれてぼやけているあたり。何とも言えない変な恐怖が静かに迫るのです。

1477404253435

昨年の『岸辺の旅』(これも幽霊映画ではありますが)で、円熟期の新展開を思わせた黒沢清ですが、本作では(初の外国映画ということもあるのでしょうね)むしろ昔ながらの王道クロサワ映画を作り上げました。 昔の人が「写真は魂を吸い取る」って言ったのも、まんざら妄言ではなかったのかも知れません。

新宿シネマカリテのロビーには、映画で使われたドレスと拘束器具(写真は消えちゃいました←幽霊の仕業?)が展示されておりました。

 

 

|

« 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ | トップページ | 今日の点取占い261 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68114381

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダゲレオタイプの女」:クロサワ幽霊映画の集大成:

» 『ダゲレオタイプの女』 溝口的怪談と小津的階段 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』などの黒沢清監督の最新作。  今回は監督以外のキャスト・スタッフはすべて外国人で、全編フランス語の作品となっている。  ジャン(タハール・ラヒム)はパリ郊外の屋敷で写真家ステファン(オリヴィエ・グルメ)の助手として働き始める。ステファンはダゲレオタイプという古い形式の写真に魅せられている。露光時間が長いダゲレオタイプは、モデルに長時間の...... [続きを読む]

受信: 2016年10月26日 (水) 18時37分

» ダゲレオタイプの女 [象のロケット]
自宅をアトリエにし、170年前の撮影法“ダゲレオタイプ”にこだわっている、気難しい写真家ステファン・エグレー。 亡き妻ドゥニーズに代わり、今は娘マリーが彼のモデルを務めていた。 ステファンの助手として採用された青年ジャンは、マリーと恋に落ちてしまう。 二人はステファンの屋敷を出て一緒に暮らすことを夢見るが、ある日事件が起こる…。 ロマンティック・ホラー。 ≪その撮影は永遠の命を与える愛。≫... [続きを読む]

受信: 2016年10月27日 (木) 09時38分

« 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ | トップページ | 今日の点取占い261 »