« 蛍がちゅどーーーーーーーン!!!! | トップページ | CKB「香港的士」ツアー@中野サンプラザ »

2016年10月 8日 (土)

「お父さんと伊藤さん」:モヤモヤと共感できない感じ

356566_008
映画『お父さんと伊藤さん』は、そのタイトルに☆一つ献上したいですね(☆つけてないけど)。もし『阿藤さんと伊藤さんと宇藤さんと江藤さんとお父さん』だったら、☆☆☆☆☆って寸法です。更に進んで、『加藤さんと鬼頭さんと工藤さんと毛唐さんと古藤さん』とか『佐藤さんと志藤さんと須藤さんと・・・』、なんだかいくらでもできそうですね。

356566_005

まあそこそこ面白いんですけど、なんかモヤモヤするというか、全編を通してわだかまる感じがありますね。そこがタナダユキ的というか、苦みの残る個性なのでしょう。やけにゆったりし過ぎた描写により、「間の持たなさ」感が迫って来ます。劇伴音楽の少なさも、それに拍車をかけます。なんか色々といたたまれない感じになるんですよねー。

356566_004
とにかく藤竜也の「お父さん」が困ったちゃんでして、こりゃー疎まれて当然だよなーって感じ。一方長男も長女(上野樹里)も、世話する気もないくせにお父さんのやりたいようにはさせないという、偽善的人物でもあります。これではリリー・フランキーさんが「仕方のない人たちだなー。」と嘆くのももっともです。こういう「共感のできなさ」感はタナダ監督の近作『ふがいない僕は空を見た』や『ロマンス』にも共通するものです。 西川美和もそうですけど、女性監督ってのはシニカルな毒が持ち味の人が多いんでしょうかねえ。

356566_003

長男の嫁役の安藤聖が、異質な芝居で良かったです。シリアスなんだけどなんか変で、目が離せない感じ。他のキャストに較べて地味なんだけど、大江戸的には一番目を引かれました。

それにしても、藤竜也が大事にしていたあの箱の中身が意味するものが、どうにもわからなかったなあ・・・。どういうことなんすかねえ?

|

« 蛍がちゅどーーーーーーーン!!!! | トップページ | CKB「香港的士」ツアー@中野サンプラザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67858925

この記事へのトラックバック一覧です: 「お父さんと伊藤さん」:モヤモヤと共感できない感じ:

» お父さんと伊藤さん [象のロケット]
34歳の女性・彩と20歳年上(!)の彼氏“伊藤さん”が同棲する2DKの小さなアパートへ突然、彩の“お父さん”が転がり込んで来る。 兄夫婦と同居していたが、居づらくなってしまったのだ。 元教師の頑固なお父さんは何かと一言多いタイプで、穏やかに暮らしていた彩たちの日常を一変させてしまう…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2016年10月 9日 (日) 11時57分

» お父さんと伊藤さん ★★★ [パピとママ映画のblog]
心のおもむくままに過ごす30代の女性と20歳上の恋人、彼女の父親の共同生活を、上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也らの共演でユーモラスに描くドラマ。書店でアルバイトをする女性と給食センターでアルバイトをする男性が暮らすボロアパートに、息子の家から追いやられ...... [続きを読む]

受信: 2016年10月22日 (土) 00時32分

» お父さんと伊藤さん [映画的・絵画的・音楽的]
 『お父さんと伊藤さん』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)久しぶりに上野樹里の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、コンビニの店内。  バイト店員の伊藤(リリー・フランキー)が、店長らしき若い男に怒られています。  パート勤...... [続きを読む]

受信: 2016年10月25日 (火) 06時26分

» お父さんと伊藤さん [映画好きパパの鑑賞日記]
 予告編でオフビートなコメディを期待していったけど大違い。高齢の親との関係を突きつけるシビアな話でした。在宅介護をしている僕からすれば、ダントツの今年ワーストです。感想はネタバレになります。  作品情報 2016年日本映画 監督:タナダユキ 出演:上野樹里…... [続きを読む]

受信: 2016年10月26日 (水) 07時11分

« 蛍がちゅどーーーーーーーン!!!! | トップページ | CKB「香港的士」ツアー@中野サンプラザ »