« 「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます | トップページ | 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック »

2016年10月15日 (土)

「少女」:リアルな少女世代が演じるべき

T0020718q
映画『少女』の原作である湊かなえの同名小説は出版時に読んだのですが、どんな話なのかもうすっかり忘れておりました。

(以降少々ネタバレあり) 設定などになかなか無理矢理なことも持って来ておりまして(山本美月の脚の件など)、ちょっと疑問が生じてしまいます。しかもそれを脚色や演出力でねじ伏せて納得させるってことも出来ていないので、ちょっと辛いですね。三島有紀子監督って、どうも絵作りはしっかりしているのですけど、語り口や演出力においては堅実ではないしモタつく人なので・・・。

T0020718

それにしても、今年24歳の本田翼と25歳の山本美月が高校生役ですもんねー。ここはリアルに高校生年代の人が演じた方が、リアルで切実な絶望感や懸命感や闇やきらめきが出せたのではないでしょうか? 本田さんは、いつになく大きな(大仰すぎる)芝居をやっていて、さすがにちょっと興ざめでした。過ぎたるは及ばざるがごとしです(監督の指示がああいうことだったのでしょうか?)。  山本さんはいつもよりは良い演技でしたが、もともとのレベルにかなり問題がありますのでねえ・・・。

ラストはかなりポジティブに人間を信じるような光明を見せながら、ラスト1秒で微妙に嫌な感じにざわつかせるあたりは、湊かなえのニュアンスをちゃんと出していると思いました。

ところで、『四月は君の嘘』、『聲の形』に続いて、本作でも制服姿の女子高生が突然水に飛び込みます(前2作は川で、こちらは海ですが)。流行ってますねー。一緒に男子高校生がいるのも同じですが、こちらは前2作とは違って後を追って飛び込んだりはしませんでした。

|

« 「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます | トップページ | 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67968696

この記事へのトラックバック一覧です: 「少女」:リアルな少女世代が演じるべき:

» 少女 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。湊かなえ原作、三島有紀子監督。本田翼、山本美月、真剣佑、佐藤玲、児嶋一哉、稲垣吾郎。舞台ロケ地は愛知県東部から静岡県西部地域。この天竜二俣駅(写真→)って木 ... [続きを読む]

受信: 2016年10月15日 (土) 23時37分

» 映画『少女』★最ッ高!友情の続き~因果はめぐる~ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169509/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 由紀:本田翼 敦子:山本美月 原作未読です。 予告編からは、人の死ぬ瞬間が見たいなどという女子高生の えげつない話かと思ってしまいますが ざっくり言えば 女子高生二人の友情の“続き”..... [続きを読む]

受信: 2016年10月16日 (日) 14時51分

» 少女 [象のロケット]
読書好きの女子高生・由紀は、授業中に小説を書いている。 親友・敦子がクラスでいじめを受けていても、由紀は助けることが出来ずにいた。 ある日、由紀が完成させたばかりの小説の原稿が盗まれてしまう…。 一方、幼い頃から剣道を習い、将来有望と期待されていた敦子は、高校の団体戦でミスしたことを機にいじめの対象となっていた。 その時にケガした足は既に完治していたが、学校ではわざと足を引きずっていた…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年10月17日 (月) 17時02分

» 映画「少女」 [FREE TIME]
映画「少女」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 00時46分

» 「少女」いじめを経験し引き金を引いた先に知った痛みの残酷さを知りいじめと引き金の無意味さを知る2人の少女 [オールマイティにコメンテート]
「少女」は湊かなえ原作の少女を実写化した作品で、死にたいと思うほどの経験をした2人の少女がいじめと向き合いながら自分の居場所を見つけていくストーリーである。いじめを経験 ... [続きを読む]

受信: 2016年10月22日 (土) 08時50分

« 「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます | トップページ | 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック »