« 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう | トップページ | オシムの新著「急いてはいけない」 »

2016年10月19日 (水)

「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流

355557_001_2

映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目ということで、当然『海炭市叙景』『そこのみにて光り輝く』と比べたくなってしまいます。両作に比べるとけっこうライトで、しかもラストにほんわか感を湛えております。山下敦弘監督の資質が影響しているのでしょうか。

355557_004

『そこのみにて~』の綾野剛、池脇千鶴に負けず劣らず、本作のオダギリジョー、蒼井優は素晴らしい好演を見せています。ひりひりするような痛みと、何とも言えぬ味わいを発散させています。特に蒼井優はここのところ山田洋次作品で、原節子のような「いい子ちゃんキャラ」だっただけに、この強烈メンヘラ・キャラにはびっくりです。即病院行きをお勧めしたいほどの躁鬱ぶりなのです。鬼のような表情もコワイですし。

355557_002松田翔太や満島真之助の地味さもいい感じなのですが、地味で抑制の効いた優香がここではかなり良い感じです。『人生の約束』といい本作といい、彼女、女優として開花して来ました。

『そこのみにて~』同様、’70年代日本映画の匂いがします(かなりATG的な)。映画の時代背景は明示されませんが、まだ携帯電話の無くて、みんなが煙草を吸っている時代のようです。

355557_003

職業訓練校がらみの描写が良いアクセントになっております(北村有起哉の家での「お魚の絵見る?」のエピソードは最高!)。そのおかげで作品全体が重苦しくならないで済んでいます。 その流れからのこのラストっていうのは、根拠のない希望の光が差すようで、これはこれで良いではありませんか。

 

|

« 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう | トップページ | オシムの新著「急いてはいけない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68026761

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流:

» オーバー・フェンス [映画的・絵画的・音楽的]
 『オーバー・フェンス』をテアトル新宿で見ました。 (1)『FOUJITA』(2015年)で好演したオダギリジョーの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、カモメが空を飛ぶ映像が少しあって、タイトルが流れます。  そして、函館職業訓練校の...... [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 06時55分

» 小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」 [エンターテイメント日誌 ]
評価:A 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作による函館三部 [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 18時22分

» オーバー・フェンス ★★★★ [パピとママ映画のblog]
近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”最終章。人生に挫折し、将来の展望のないままに孤独で無気力な日々を送る主人公が、キャバクラで働くヒロインや職業訓練校の仲間たちと織りなす不器用な交流を通して少しずつ変わっていく姿を描き出す。主演はオダギリジョー、共演に蒼井優、松田翔太。監督は「苦役列車」「...... [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 19時51分

» 『オーバー・フェンス』 その瞬間のみ光輝く [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 佐藤泰志原作の『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章。  監督は『どんてん生活』『リンダ リンダ リンダ』などの山下敦弘。  出演陣にはオダギリジョーや蒼井優以外にも個性的な面々が。舞台となる職業訓練校の仲間には松田翔太や満島真之介など。一番年上の勝間田を演じた鈴木常吉がいい味を出している。  離婚して地元に戻ることになった白岩(オダギリジョー)...... [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 20時02分

» オーバー・フェンス [象のロケット]
東京の建設会社に勤めていた白岩義男は、離婚して故郷・函館へ帰ってきた。 誘われても実家には顔を出さず、職業訓練校で建築技術を学びながら失業保険で暮らしている。 ある日、風変わりな若い女・聡(さとし)と出会う。 彼女は、訓練校仲間の代島と出かけたキャバクラのホステスだった…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2016年10月21日 (金) 15時00分

» 『オーバーフェンス』 鈍色の空の下 [Days of Books, Films ]
Overfence(viewing film) 冒頭、北国の鈍色をした曇天を飛ぶ [続きを読む]

受信: 2016年10月21日 (金) 20時13分

» オーバー・フェンス〜希望なんて羽毛のように軽い [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。函館市出身の自殺した佐藤泰志原作の「海炭市叙景」、「そこのみにて光輝く」に続く函館三部作。山下敦弘監督、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島 ... [続きを読む]

受信: 2016年11月 7日 (月) 21時09分

« 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう | トップページ | オシムの新著「急いてはいけない」 »