« (番外編)台湾のちょっとヘンなもの | トップページ | 「少女」:リアルな少女世代が演じるべき »

2016年10月14日 (金)

「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます

357070_010_2
映画『高慢と偏見とゾンビ』は、そのタイトルを聞いた時から珍作・怪作への期待をふくらませていたのですが、うーん、思ったより普通でした。もっと狂ったはじけ方に期待していたんですけどねえ。

それと、19世紀初頭の貴族社会にゾンビをぶちこむというワン・アイディアだけの映画なので、大真面目に108分もやられちゃうと、正直飽きちゃいます。大した演出力ないんだもん。

357070_001
2005年のジョー・ライト監督作品『プライドと偏見』は、正統派のジェーン・オースティンものでしたが、同じ原作にインスパイアされた別の原作を持つ本作品では、ジェーン・オースティン的世界は背景として「そこそこ」な上に、ゾンビものとしても中途半端で、もう序盤を過ぎると特に見るべきものもないのでした。メリハリや物語のうねりが無いので、単調なのです。

357070_003

エリザベスとダーシーと、主役となる男女二人の役名も一緒(まあ、『ブリジット・ジョーンズの日記』もダーシーはかぶってますが)。ダーシーに関しては、この世界にぴったりの、絶対に若き日のヒュー・グラントを意識したキャスティング。でもこの人、声がカッコ悪いです。

エリザベスのリリー・ジェームズは、『シンデレラ』の時にシンデレラっぽくないなーと思って(嘆いて)いたので、こっちの方がましですが、まあ「まし」ってだけです。特段の華も無ければ、面白みもありません。

357070_007いっそのことゾンビを異世界にぶち込むオムニバス作品にでもしてくれたら、退屈せずに済んだのですが・・・。 ゾンビ in 西部劇とか、ゾンビ in 戦争映画とか、ゾンビ in ハードボイルド探偵ものちか、ゾンビ in スポーツものとか、ゾンビ in 裁判劇とか・・・。

|

« (番外編)台湾のちょっとヘンなもの | トップページ | 「少女」:リアルな少女世代が演じるべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67953761

この記事へのトラックバック一覧です: 「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます:

» 高慢と偏見とゾンビ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イギリス映画。原題:Pride and Prejudice and Zombies。ジェイン・オースティン原作の原作、セス・グレアム=スミス原作。バー・スティアーズ監督。リリー・ジェームズ、サム・ ... [続きを読む]

受信: 2016年10月14日 (金) 23時16分

» 高慢と偏見とゾンビ [象のロケット]
18世紀イギリス。 謎のウィルスが蔓延し、感染者はゾンビとなり人々を襲っていた。 片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、幸せな結婚を夢見ながら、得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。 そんなある日、近所に資産家の青年ビングリーが引っ越してきて、彼の友人である大富豪の騎士ダーシーも出入りするように。 ビングリーと長女ジェインは恋に落ちるが、次女エリザベスとダーシーは互いに嫌悪感を抱くのだった…。 ロマンティック・ホラー。... [続きを読む]

受信: 2016年10月17日 (月) 17時13分

» 高慢と偏見とゾンビ [映画好きパパの鑑賞日記]
 19世紀のイギリスを代表する恋愛小説「高慢と偏見」にゾンビを加えるという奇想天外な発想の作品で、笑えながらもきちんとしたゾンビ映画にしているのは偉い。次は同じ主演のリリー・ジェームズで「戦争と平和とゾンビ」とかやってもらいたいものです。  作品情報 201…... [続きを読む]

受信: 2016年10月19日 (水) 07時09分

« (番外編)台湾のちょっとヘンなもの | トップページ | 「少女」:リアルな少女世代が演じるべき »